スパロボ図鑑〜今は亡き友、大浦繁に捧げる。

2ちゃんねるロボットゲー板のスパロボ図鑑をまとめたものです。誤字脱字や句読点などは全て原文のままです

【え】

【エニル・エル】


ガンダムXの登場人物。
いい年こいて惚れてモーションかけた年下の少年が、
別の少女にゾッコンで振り向いて
くれなかったので殺しにかかる

今で言うところのショタでヤンデレ。…だめな人っぽい。

しかしクルーのトニヤとの出会いから
ある程度更正、後半は味方として活躍する。
番組が打ち切られなければガンダムにも乗ったとか何とか。


α外伝で初登場した際、カットインでの
衣服の揺れを胸の揺れに誤認され、
世の青少年をドキドキさせたが、
今回のZでは間違いなく揺れている。

パーラも盛大に揺れてるし何なんだこのXの揺れ率は。
また、ストーリー的には原作と同じく
病み気味から更正しつつ、何と種氏のキラとよく絡み、
彼の立てる不殺の誓いに対してグチグチやっている。
まさかの大抜擢である。

【SRポイント】


真面目な話、 頑張って取りに行っても報われないこともある

大体難易度維持のため八割ぐらいにしておいて、
ヤバくなったらわざとでも取り逃すべし

【エクスカリバー最大出力モード】


感謝祭PVでフリーダム撃墜シーンがあったらしいが
そのシーンの「エクスカリバーの刃先にビーム出とる」
と放送時突っ込み入りまくりだったアレ

MG化に際して
「エクスカリバーは最大出力にすると刃先にビームが出る」
という設定が追加された

設定が色々後付されるのはガンダムによくあることだが
ミスをフォローするための設定追加は初めてじゃないだろうか

【エルピー・プル】


レモンピープル誌が元ネタ。
当初はエル・ピープルと命名される予定だったが、
すでにエル・ビアンノがいた為に
エルピー・プルと名付けられた。

もし、エル・ピープルだったら、
「エルエルエルエル」とでも叫んでいたのだろうか

【エンペランザ】


作中ではゲインのガチコ無きあ
とガチコのパーツとオーバーマンのパーツで
作られたセミオーバーマンの事

ブリュンヒルデと同じく重力を操る
オーバースキルを扱える(規模は低くなるが)

またエンペランザという機体自体は
元々ゲインの愛機だったオーバーマンに
ついていた名前だったそうな

隠し機体で出ないかなーとか思ってるのも私だ

【エルアインス】


R−1の正式量産機エルシュナイデの向こう側の世界の姿。
高性能でわらわら出てくるOG2後半のガン。

OGsではジガンスパーダに乗る雑魚が増えたため
資金的にも難易度敵にもストレスが下がる結果となった。

むしろこっちが使いたくなる敵、NPC専用PTである。

【エルガイム】


別にニュータイプでも何でもないため、
Fでは正直エヴァよりも運動性に難があった

バスターランチャーがあるとはいえ、
攻撃力もやや物足りないし…

ダバよりも、むしろルー・ルカや
エル・ビアンノのほうが活躍することがあった

【エレドア・マシス】


08小隊所属の連邦兵。ミュージシャン志望で、
その耳の良さから主にソナー手としての活躍が目立つ。

閉所恐怖症でMSのコクピットの狭い空間に耐えられず、
そのために死にかけた事があるが、どうにか生存。

この設定を生かしてか、
現時点で唯一参戦しているGC(XO)では、
ホバートラックのサブパイロットに固定されている。

【エクセレン・ブロウニング】


実は若い。今の設定年齢は知らないが、
俺のIMPACTのメガボーグのMAPでは、
20歳と言っていた。

OG2で、ガーネットの出産などの
時間経過を考えても21のはずだが……

レモンはどうみても相当にエクセレンより
年上に見えるがいったい何歳なのだろうか。

実は、10年くらいこっちとむこうでは
時間のラグがあるように見えてしょうがない。

【エコ・カローネ】

歴代ガンダムパイロットの中でかなり可哀想な扱いの人。

ソレスタルビーイングの支援組織
フェレシュテのガンダムマイスター。

フェレシュテはオーガンダム含む
前世代型ガンダムを五機所有しているが、
肝心の太陽炉が一基しかない上に
主人公のあぎゃことフォンに搭乗権を
いつも奪われるので一度も本編で乗ったことがない。

挙句、オレがガンダムに一番うまく
乗れるんだとか言ったりもしている。

更にはソレスタルビーイングのマイスター候補からの脱落者で
作中・視聴者からも実力に駄目出しされがちな
刹那より劣っていると明言されている。

【EN回復】


名前の通りENを自ターン開始時に回復する機能。
最近は小、中、大でそれぞれ10、20、30%回復する。
敵の場合は割かし付いてることもあるが
味方の場合動力源が不思議、トンデモな機体だと付きやすい。

【エクサランス】


スパロボRの主人公機。
コクピット兼時流エンジン内蔵のメインユニット、
アージェントファイターを核に、
ストライカー、ガンナー、ダイバー、
フライヤー、コスモドライバーの
各フレームを使いわけて戦う。

ラウル機はライトニング、
フィオナ機はエターナルが最強フレームとなる。
OGS、外伝ではモアイことアージェントヘッドが
使い放題になって大喜びすると同時に、
ガンナーとダイバーが使えなくて絶望したのも私だ

【AI1】


スパロボMXのラスボスユニット

メディウス・ロクスに搭載されたAI1が肥大化した物である
メディウス第三形態の怪獣チックな
身体を押し潰したコア部分は、
何だか生物の脳を思わせて実に気持ち悪い

メディウス第三形態のパイロットはAI1だが、
ユニットとしてのAI1のパイロットは
ミッテ先生である。ややこしい

最強武器「All In 1」に
唖然とした人も多いのではなかろうか

ババ(ryお姉さまの熱い口付けと高笑いであるからして

【エルアインス】


シャドウミラー側が所持している兵器。
アルブレードの完成型と言える機体。

この機体は、現在マオ社が開発している
エルデシュナイデのシャドウミラー版。
性能はバランスがとれており、標準でTDを搭載しており
運動性・機動性・汎用性は他の量産機よりも凌駕している。

背部にツイン・ビームカノンを搭載しているが
属性がBでない兵器と謎使用であり、
汎用敵機でも強敵であった。

【エゼキエル】


ゼカリアの上位機種で、エアロゲイター側の主力として登場した。
幹部も性能が向上している専用機(名前もパイロットにより違う)
で登場するので高い汎用性を持っていた。
オルガキャノンがメイン武器で砲撃能力は高い。

地球側の識別コードは「AGX-12ナイト」

【エヴァンゲリオン量産機】


劇場版でお目見えした白い翼のニクい奴。
目の無いクチビルお化けのような顔がキモ可愛い。
その外見、行動、弐号機への苛烈な攻撃のキモさは
ブームの真っ最中当時、映画館に並んだ徹夜明けの
エヴァオタにトラウマを植えつけた。

ええ、いまだに目を閉じると瀕死の弐号機の上を
グルグル飛び回るこいつらが脳裏に浮かびますとも。

【エキセドル参謀】


バトル7の副官…つーか
バトル7ブリッジの備品というか、
マックスの背景と化している。

オペレーターに言い寄られて
「おじさんテレちゃいますな〜」と顔を赤らめたり、
ミレーヌと待ち合わせしているマックスが目撃されて
新しい愛人・しかもロリコン!扱いされそうなときに
「艦長のお嬢さんですな」とフォローしたり、
艦内のカラオケ大会で
「きゅ〜んきゅ〜ん、私の彼はパイロットですな」
と歌ったりする。

初代マクロス時代のシリアスなキャラは
どこにいきましたか?

サルファでは元ペンチノンのトモロと
淡々と会話しているあたり、なんか妙におかしい。

【EVERYWHERE YOU GO】


バンプレロゴの音にも通じる
「ジャカジャカジャンジャン!」で始まる
ノリの良さと「GO! GO!」のバックコーラスが
印象的なリュウセイのテーマ曲。

OGS第一弾PVでは弦楽器中心の重厚なアレンジが施され、
ゲームで聞く場合とはまた違った一面を見せて
映像を盛り上げてくれた。

サークルザンバーでぶった切る場面に合わせて途切れ、
「遥かなる戦い、開幕」に続く流れは発売後の今見ても秀逸。

【VF-19エクスカリバー】


YF-19の正式採用版。
シャープに絞り込んだ胴体と前進翼の主翼はまさに剣である。
非常に格好よく、かなりの人気メカで賀東招二が
ARX-8の名前にと一時候補にしたものの、
「VF-19という超カッコイイバルキリーがあって
 しかもそれがまたエクスカリバーという名前が
 似合いすぎなので使うのをあきらめました」
という逸話があるほど。

基本的に安定性はきわめて低い。
むしろ前進翼やボーテックスコントローラなど、
意図的に飛行中の安定を崩す設計になっている。

そのため空中で踊ることができるほど
運動性は恐ろしく高いが、
当然の結果として扱いがとんでもなく難しくなってしまう。

武器は全領域高機動マイクロミサイルクラスター×2、
レーザー機銃×2、後方攻撃用レーザー砲×1を内部装備。
YF-21と比較した場合、運動性重視の軽戦闘機と言える。

初期生産型であるA型はエンジン出力を
さらに向上させた程度でほとんど違いがない。

あまりに扱いにくすぎたため、
運動性を落として安定性を向上させたF型
(マクロス7に登場。エメラルドフォースの機体)
が後の主流となる。

ミサイルランチャーの設定は
スパロボだとほとんど反映されず、
VF-1のUUM-1マイクロミサイルポッドと同程度の性能しかない。

これはACEでも同様で、結果として火力で
「FASTパック装備型バルキリー>>>>AVF」
という悲しい逆転現象が起こる。

【エクスカリバー】


ソードインパルスガンダムのメイン武装である斬艦刀。

第1話及びOPでは監督が監督なだけに
勇者パース仕様の構えで
一部の視聴者(主に俺)をwktkさせるが、
第2話では1本は投げられ1本は折られと、散々な扱いだった。

ソードストライクのシュベルトゲベールとは違い、
数回だけだがちゃんと「艦」を斬ってるのがミソ。

【MXダイモス空気嫁事件】


劇ナデ最終ステージ、
火星の後継者との決戦にシリアスで
出撃していくナデシコ勢にダイモスが続いた事件

リアル系シリアスムードの真っ只中で
変形後の「ふんっ!はぁっ!ダァァァイモォォォォス!」
をフルボイスでやるのは誰が見ても空気ぶち壊しであった

このシーン以外でのダイモスとナデシコは
特に問題なく絡んでいたのだが
このシーンのインパクトが強烈すぎた

このシーンのおかげでスーパー系アンチの
「スーパー系だせえうぜえいらねえ」な思考に
拍車がかかったとかなんとか

【エイタ・ナダカ】


OGの脇役担当
地味だがテツヤが直接声かけて
連れてきたという優秀なスタッフでもある

OG1では「ユンの韓国料理食べたかった…」
と言っていたり微妙に気があるのかと思われたが
OG2で「ユンと何か進展あった?」
という質問にいたって冷静に
「そんなんじゃないっすから」
と答えたので特別な感情はないようだ

単に辛い料理が好きなんだろうか…

【エヴァ量産機】


毎回アスカを蹂躙しに来る怖い存在
MXとサルファでは劇場版と同じように
アスカ無双

だが りょうさんきは ふっかつした!

アスカ蹂躙を再現してくれ
復活後はご丁寧に能力アップ&HP増幅までしてくれる

またこのステージではイベント戦闘で
アスカのLVが急激に上がるのも特徴

【エイス・ゴッツォ】


2代目ガドル・ヴァイクラン。

正体判明後も戦闘アニメ中はずっと無言。
戦闘前会話では結構喋るわりに、
戦闘中のみ無言で通すキャラ
というのも珍しいと言えば珍しい。

どうせ坊とは口調が違うだけなんだろうが。

【エルガイム】


話の展開は地味なのに、登場人物たちが
バカなことばかりしてくれる
(リアクション的な意味で)という奇妙なアニメだった

主人公のダバを演じた平松広和氏は
富野監督からはあまり評判が良くなかったらしく、
他に代表作と呼べるアニメが少ないため
wikiでは一条輝の長谷川有裕と共に
「声優の一発屋」という不名誉な称号を
与えられてしまっている

役者としての能力は決して悪くはないと思うんだが…

【Fのエヴァンゲリオン】

【エヴァ初号機】F
出撃早々、いきなりサキエルから
パイルバンカー刺しにされる。
暴走がドット絵の拡大画像だったのもいい思い出?

【エヴァ弐号機】F
アスカがガギエル潰しで大暴れ。
シンジと二人乗りだが、Fのシステムの都合で
精神コマンドはアスカの分のみ

【エヴァ零号機】F
ひたすら「みがわり」の印象が強い機体。
特にこれといった特徴はない。

【エヴァ参号機】F完結編
トウジが乗って戦う予定だったが・・/
シナリオの都合でボツに。
代わりにカヲルが搭乗した。

トウジは専用のセリフまで用意されていたのだが。
そういう意味では新でもGCでも
出せなかったガバール星の幹部と同じだ

【F完結編のバッフクラン】


地上戦主眼のドグマックを
宇宙戦闘に大量投入する困った人たち。

ロンドベル隊の主力が長射程のファンネル&
ヴェスパー部隊になってるのに
短射程のムチとハサミで
まともに戦いになるわけないだろう…

【エウリード】


こちらはカークス将軍搭乗の超魔装機。
リューネの章の通常のラスボスである。

ザッシュがこの機体に撃墜されると
そのまま死亡してしまう事がとにかく印象に残る。

LOEでも出てくるが、
EXほどのインパクトは残念ながらない。
少数とはいえ量産された故の悲劇か。

【NダガーN】


「ダガー」の名前が示す通り、
いわゆる100系フレームを用いているが、
ベースとなった試作機は200系のブリッツである。
形状もよく似ている

ロゴス傘下の特殊仕様機として開発され、
Nジャマーキャンセラーによる
核エンジンの搭載、・ミラージュコロイドの装備等、
条約?何それおいしいの?
とでも言いたげな仕様となっている

Nの由来は核を表すニュートロンの頭文字と、
このMSを開発したグループの
「ニンジャワークス」という皮肉から

【 XOのヘルルーガ 】

HPは30万でEN回復しか特殊能力はないが
回復イベントが尋常じゃない上に取り巻き多し
 
最大射程13で当然MAP兵器完備
・3ターンに一度MAP上の味方ユニット全てに
 HP20%の強制ダメージ

・それに加えて発生時に主人公機が
 隣接していないとその時点でゲームオーバー

・HP一万五千〜三万の時に一撃で撃破しないと全回復

・まぁ事前情報あればそうでもないが
 知らずに挑んで勝負どころを間違えると悲惨。SP回復ないし
Recent Comments
Recent TrackBacks








QRコード
QRコード








  • ライブドアブログ