スパロボ図鑑〜今は亡き友、大浦繁に捧げる。

2ちゃんねるロボットゲー板のスパロボ図鑑をまとめたものです。誤字脱字や句読点などは全て原文のままです

【け】

【劇場版グレンダイザー対グレートマジンガー】


実は何気に兜甲児無双な映画

序盤TFOで飛び出して
円盤獣にとっつかまりバレンドスの拷問で
ダブルマジンガーの存在を吐いてしまったのは
失態だがその後、自力で脱出。
更には、宇宙船のエンジンに細工をした上でブリッジを占拠

グレートと戦っていたデュークフリードにグレートの弱点を伝え
グレートを奪還してグレンダイザーと共闘した

【ゲシュペンストキック】


スーパーロボット大戦Fの主人公
レナンジェス・スターロード(熱血系)が
確かゲッター3が大雪山おろしを編み出したとき
俺も必殺技作ろうかな〜といって誕生した技

後にOGシリーズでこの技が復活することになるとは

【けがれなき悪戯】


悪名高いアクエリオンの1エピソード。

無邪気故に残酷な堕天翅フタバの遊びに巻き込まれ、
不思議な異世界に飛ばされるアポロ達。

その異世界で目も当てられない姿となった彼らは、
果たして自分や仲間が何者であるのかを思案し、
新たな必殺技「真我探人剣」で
まやかしの世界を打ち破るのだった。

異世界に突入する前から絵柄が著しくおかしかった為、
「あの回はクソ回」などと叩かれることが多いが、
アニメーターうつのみや理による膨大な作画枚数が
生み出した細かい動きは一見の価値あり。

後にDVDが発売された際には、
バンクとして使われた普通作画のカットまで
ヘタレ絵に差し替えられる力の入れようである。

【月面宙返り】

出典:新機動戦記ガンダムWエンドレスワルツ

グラハムスペシャルよりも
遥かに難しいであろう高等テクニック。

あの重武装のガンダムヘビーアームズで
サーカスのごとき軽やかなアクロバットを繰り出す。

一見すると単なるパフォーマンスに見えるが
相手への幻惑効果としては十分と思われる。

スパロボではフルオープンアタックの前にやることが多い。

ガンダムVSガンダムでは回避、緊急離脱手段として
高性能で今日もゲーセンで華麗に
舞っていることことだろう。(過疎り気味だが)

トロワがデュオやごひ、ゼクス、ノインさんなど
並みいる強豪を押しのけたのも
これをこなす技量があるからと考えると頷けるというもの。

【ゲッタービーム】


スパロボだと必殺技的扱いだが
アニメ一話だとばっちり対策してた
恐竜帝国に防がれる。

ゲッター線が原因で
地下においやられたんだから
当然といえば当然である。

しかし、スパロボでしか知らないとびっくりである。

【ゲイツ】


実戦投入が遅くて直ぐに終戦迎えたり
再び開戦した時点ではザクに主力機の座を奪われた
種世界のゲルググ

【ゲスト】


OG3あたりでほぼ確実にでると予想されているオリ勢力。

第四次やF完では同世代で頭一つ抜けた
性能を持つ兵器を使ってくる強敵

中でも暴走EVAすら倒す上に獲得資金も少ない
ライグ・ゲイオスには苦しめられた人も多い

特異点をグランゾンに放り込んだりして
地球を大混乱させたが、それ以外妙な力は使ってない
また進化の過程で同族に武器を向けたことがないらしく、
すんなりまとまったらしい。

このため同族で争ってばかりの地球人を見下すことが多い
司令官はヘタレで有名だが、もしかしたらその上の
枢密院の連中もでてくるかもしれない

【激音合体ビッグボルフォッグ】


ボルフォッグ、ガンドーベル、ガングルーの合体セット玩具。
単体では電飾ギミックが割を食っているのか
ボルフォッグの太ももが単なるモールドだったり、
ガンドーベルの足がバイクのシートまんまなので
殆ど一本足状態だったりと色々残念だが、
合体状態のプロポーションはなかなか良好。

腕の可動や技に応じてそれぞれに対応した音が出るという、
グリッドマンの玩具でも使われている技術が採用されており
「激音」の名の通り、特にサイレンの音は近所迷惑に
なるんじゃないかというぐらいけたたましい。

一応、それぞれ単体での分箱での販売もされたが、
やはりセットで揃えたいところ

【ゲイツ】


GAT-Xシリーズのデータをもとに、
シグーディープアームズで試験された
まともに威力のある携帯ビーム兵器を
初めて実用化したザフトの量産機。
ゲルググのポジションである。

サイドスラスターの三次元偏向ノズルや
いかにも悪役らしい連装ビームクローなど、
いかにも後期上級量産期といった良デザインである。

しかしこれもやっぱり活躍しておらず、
まともに目立ったのはクルーゼのシルバーカラーが
フラガのLストライクを中破させた程度で
あとはひたすらやられ役である。

一説には150ガーベラでどぅぶれあ!された
瞬間が一番輝いていたとも。

【ゲッタービーム】


ゲッターロボの必殺技の印象が強いが
原作だと恐ろしいほど当たらない、効かない。

その代わりスパロボに出た事は無いが
ゲッターキックが妙に強い。

【撃墜数】


昔は重要でもなかったが
近年のスパロボでは初期気力や獲得資金に影響する。
携帯機のR、D、Jは撃墜数を周回で
引き継ぐのでやり込み要素の一つでもある。

【劇場版種】



今月(2008年3月)最大の衝撃は「アニメージュ」の
両澤千晶さん独占インタビュー。
写真とプロフィール付のロングインタビュー。
「プロットは出来ている」

あの、脚本が上がらないとコンテ作れませんが。

…そりゃーいつまでも劇場公開されないわけだ。


つまり、こんなんだから製作に入れない

【ゲッターロボ號(アニメ版)】


武装のないプロトゲッターが
話を重ねるにつれて武装化、
三機合体三変化のスーパーロボットになる
過程に目が奪われがちだが、
スーパーロボットを現代に蘇らせよう、
と言うスタッフの意気込みには
再評価されてもいいはず。

元々はマジンガーのリメイクとして
企画されたものの、旭通信社(現・ADK)がらみで
リメイクしづらいので仕方なくビッグウエストと共同制作

そのため石川賢版と異なり旧作とは
まったく関係のない展開になったのが残念。

もし、旧作と関連があったのなら
W神谷キャラの競演も見れただろうが…

【ゲッターロボ】


合体に失敗すると玉突き事故が起き、
一番やばいのは真ん中の機体である

ゲッターロボ同士の戦いでは
合体スピードの差で勝負が決まることが多い
熟練のパイロットだと目を瞑っても合体できるらしいが・・・

【ゲシュペンスト】


ACE1で使用可能。
距離に応じて使用武器をセレクトしたり
ボタン押すだけで色々殴ってくれる
ゲームならではの操作性は
TC-OSの設定に近いものがあると思われる。

つまりマニュアルで背負い投げとか
かます北村さんマジ化け物

【ゲイナー・サンガ】

不意に両親が死んでしまった事から
28日間不登校となった間にゲームに没頭
その末に人気ネトゲ、オーバーマンアリーナにて
ゲームチャンプとして君臨する

シベリア鉄道にエクソダス主義者の
疑いをかけられ投獄されるが
そこで請負人ゲインビジョウと出会い
本物のオーバーマンキングゲイナーに乗り込む事になる

重要な作戦前にはゲームにて
イメージトレーニングし
集中力を高めるなどしていた

アナ姫とマルチナレーン曰く
「現実と対決するための想像力」

【ゲスト】


ゾヴォーグと呼ばれる星間連合の一派。
インスペクターとは星系が違うらしい。

インスペクターと比べて
様々な量産機を持って地球に来る。

インスペクターも現地調達以外に
もう少しロボットとか宇宙船とか
持ってきても良かったのではないか。

【ゲイナー・サンガ】



オーバーマン・キングゲイナーの主人公。
シミュレーターとは違うが、オーバーマンのゲームで
世界ランク一位であるキングの称号を得た、
驚異的なオーバーセンスの持ち主。
実際のオーバーマンに乗るのが初めてだったと言うのに、
ドゴッゾとラッシュロッドを退けるほどの活躍を見せる

コクピットにゲロを吐いたけどね。

【ゲイオス・グルード】


ご存知、ゲストメカの代名詞。
それまでの敵ユニットとは次元違いの高性能で、
異星人の力を見せ付けてくれる。

高性能な脱出装備などを備え、
パイロットの安全に配慮しているため
傭兵たちの間で人気だとか。

【現在のダンクーガ】


本編未登場のファイナルダンクーガが登場し、
かなり優遇されているポジションと言える。

グリグリと動き回るダンクーガの動きを指して
捏造と唱える人も居るが良く考えて欲しい。
OPのアニメーションの時点で
ダンクーガは捏造されており、
それを踏まえれば今の動きは
原作再現と言えるのではないだろうか?

【携帯機オリがOG参戦した時の問題】


実験作でもある携帯機スパロボは
オリ主人公も独特なものが多い為、
OGに参戦する際にはそのアクの強さが
問題になるのでは?と議論される事が多い。

例えば
D:主役機はどれになる?
  ラスボスが規模でかすぎ
  ラキの扱いetc

J:主役機は(ry/パートナーは
(ry/フューリーと月の設定についてetc

W:ザカードの超性能/親父のタイムパラドックス関連

等がよく挙がる話題か。

【ゲシュペンストシリーズ】


膨脹を続けるOGに合わせて増加の一途
しかし、アルトアイゼンをOGに取り込んでいる都合上
mk3は出せないのか、改型で無理矢理延命している状況

正直そろそろ打ち止めでいいんじゃないかと思うが、
まだまだ行きそうな気配

【月光蝶】



∀ガンダム・ターンX両機に装備されている武装(装置?)。
背部ベーンから大量のナノマシンを散布し、
効果範囲内にあるすべての文明的物質を分解・消滅させる。
Iフィールドによってナノマシンの浸食をある程度防げるようだ。

スパロボではα外伝に登場。ターンXが月光蝶を装備しないため、
必然的に∀ガンダムのみの攻撃方法となった。
……しかし設定上の強さとは裏腹に、
Ζガンダムのウェイブライダー突撃にすら負ける威力だった。
外伝以降スパロボに∀ガンダム自体が出ていないため、
汚名を「挽回」するチャンスはまだ回ってきていない。

【ゲシュペンストRV】


OGsで新しく作られたゲシュペンスト、
貴重な初代R型の魔改造(フルアーマー?)機。
重武装だが機動性は失われておらず
寧ろ向上しているという
フルアーマーのテンプレを踏んでいる。
ちょっとギリアムらしくないなあと思ったが
PV第三弾みたら
えらいカッコよかったので全面肯定。
思ってたよりスマートでした。

【激怒】


挑発が無い頃の挑発効果が
あった精神コマンド
難点は敵全員が自軍に寄ってくるので
ガン待ち戦法には向いてるが
やはり使いにくい

ただ、初出の第三次は
消費Pが酷過ぎる 200は流石に…

【ゲシュペンスト】


OG2におけるトホホ機体その1。
主力武器はニュートロンビーム。
後半の敵が必ずと言っていいくらい
対ビームバリアやビーム吸収を
所持している中で、主力武器がビーム。
……グラビトンランチャーを持たせる?


ギリアム・イェーガーのパーソナルトルーパー。
攻撃と回復を使える万能機体。
性能的にも隙が無いので非常に頼れる。
しかし途中で抜けるため、
頼りきっていると戦力がガタ落ちになってしまう。

【激闘】(スパロボα)


「1ターンの間与えるダメージを
1.5倍にする」効果がある

何故名前が変わったのかは不明
スタッフが忘れたんだろうか?

【劇場版Z気離僖鵐侫譽奪函


“星を継ぐもの”のパンフレット巻末には、
次回予告として“恋人たち”の
劇中カットが数カット並べられている。
この劇中カットの一つには、
エゥーゴのPスーツを身に纏った
アムロの新作カットが存在するのだが、
背景が夜空のような宇宙のような感じの配色だった為、
「新訳Zはアムロは宇宙に上がる!?」
なんて憶測が飛び交ったが、
実際にそのカットが使われたのは、
カミーユがガルダのブースターで
アーガマへ帰還しようするシーンのであり、
つまりは地上…しかも昼間と見事なまで
フェイクだったというオチだった。

【劇場版Z三部のアストナージ】


ハンブラビとの戦闘で小破したMk−‖を
「左腕はスペアを付けておく」
と言ったのにも関わらず、
結局TV版同様肩フレームに
直接シールドを付けただけでした…。
…あ〜、アストナージさん?
左腕のスペアは無かったんですね?

【劇場版Zガンダム】



ガンダムSEEDによる
新世代開拓に成功したサンライズが
新規ファンにも旧作を
知ってもらう目的で作った作品。
TV版の使いまわしに
ちょこちょこっと新画を混ぜた3部作。
しかしあの大河ドラマの様な
ストーリーを短縮させる事は難しかったらしく、
なんだかまとまりの無い出来になっている(特に2部)。

富野監督曰く
「TV版は1st見とかないと辛いけど
劇場版はガンダム初心者(子供からお年寄りまで)でも
分かりやすいように作りました」
だそうだが、何処まで信用できるか疑わしい。
TV版のシナリオを
だいたい把握していないと
理解できねーだろうと思われる箇所が
ぽつぽつ見受けられるのだけど…。
Recent Comments
Recent TrackBacks








QRコード
QRコード








  • ライブドアブログ