スパロボ図鑑〜今は亡き友、大浦繁に捧げる。

2ちゃんねるロボットゲー板のスパロボ図鑑をまとめたものです。誤字脱字や句読点などは全て原文のままです

【し】

【シュロウガ】

ご存知黒グリリバの乗機。

元々パイロット名も併せて
サイバスターっぽいとは散々言われてたが、
所持装備ディスキャリバー、
技名ランブリング・ディスキャリバー、
またクリア後のロボット図鑑のネタバレ解禁により、
永久機関搭載、高速機動形態への変形可他、
また風の魔装機神との共通点が増える事に。

777249

【Gファイター】

出典:機動戦士ガンダム(TV版)

物語中盤に登場したガンダムの
支援戦闘機兼強化ユニット。

ぶっちゃけ欠陥品もいいところで
現地徴用兵であるアムロに駄目出しされる始末である。

スパロボでもごくまれに登場。
Aではシステムの盲点をつき猛威を振るった。
2週目以降の真ゲッターほどではないが。

これの入手条件のために、
ろくに戦わせてもらえないアムロが
日本中にいたことを思うと、
白い悪魔も楽ではないと痛感させられる。

772392

【小隊システム】

このシステムの導入により
ALL攻撃という概念が出来上がり、
結果マップ兵器だけが取り柄だった
百式やZZなどの地位向上へと繋がった。

もっとも最新作のZではTRI攻撃の存在により
ちょっと影が薄くなりつつあるが。

【情報操作に騙されて同士討ち】


Zのシナリオで一番非難されている部分

とはいえ連帯感なんてものもなく
なんとなくでつるんでたチームが
写真つきでニュースされている記事を見たら
信じるなというほうが無理だろう

しかも自軍にスパイとかウィルスとか
山盛りなのでなおさらである

【C.C.】


推測年齢500〜1500歳

愛されるギアスを得て愛を見失い、
死を願った不死の魔女

ルルーシュに本心を指摘され、最後は生きることを選んだ。

常に傍らでルルーシュの物語を見守り続けた彼女は、
これからも彼が残した世界を旅しながら
見守り続けていくのだろう。

【ジムスナイパー供

出典:(ガンダム0080 ポケットの中の戦争)

一年戦争期のジムシリーズの最高峰に位置する機体で、
主にエースパイロットに支給された・・・らしいが
劇中ではケンプファーの壮絶な戦闘能力を
見せ付ける為の斬られ役でしかなかった

DCで販売されたガンダムゲーム
「コロニーの落ちた地で」では最終決戦間近の
ホワイトディンゴ隊に配備され
GMシリーズとはまったく比較にならない装甲と、
ブーストを吹かし続けてもヒートアップしない
ブッチギリのエンジン出力でプレイヤーの度肝を抜いたが
機体と共に配備される予定だったビームライフルは
なぜか配備されず、火力は少々物足りないものとなっていた

【GNアームズタイプD】


出たその回で破壊されるうえにその回の見所である

ロックオンの鬼気迫るツヴァイとの死闘は
これが破壊された後という不遇なメカ

しかし地球軍の艦隊を追い詰めたり成果は上げていたことは確かなはず

あとラストショットの時にも活躍した

【神虎(シェンフー)】


中華連邦が開発した最新型ナイトメア。

完成はかなり前だったのだが、
あまりのスペックにパイロットが見つからず
日の目をみていなかった。

天愕覇王重粒子砲などの凄まじい威力の兵装を持つ。

【女帝ジャネラの人間狩り】

出展:スーパーロボット大戦64

ちずるがたった1人で二体の超獣と戦う話。
もちろんバトルマリンで勝てるわけが無いため、
グレンダイザー達が駆けつけるまで逃げ回ることになる

が、このシナリオ、短い分岐の一つなのだが、
もう片方がランタオ島でのデビルガンダムとの決着の話なのだ

こちらに来るとは、よほどコン・バトラーが好きなんだな
(もしくはちずるが苦しむ様を見てハァハァする真性ドSか)
つうか、ダイザーとZは来るが肝心のグレードが来ないため
マジンガー系の生命線の合体攻撃が使えない
(ゲッターも来ないし)

ここといい、ムゲ宇宙分岐
(グレードだけフィフス=ルナルート)といい、
今回のプロはいつにも増してKYである

【GジェネCEのソードカラミティ】


わざわざ各武装に宇宙/地上用のアニメーションがある。
バーストアタックは二枚重ね対艦刀→アンカー発射→ブレストファイヤー♪

【C.C】


コードギアスに登場する不死身の魔女。
一期最終回で主人公ルルーシュを目的地に
向かわせる為にオレンジのKMFと共に水没した。
が、二期では何事もなかったかのように再登場する。

これに対しての回答は
「機体を捨てて死んだり
 生き返ったりしながら浮かんできた」との事。
クレイジーである。

【GNアーマー】


脚部?クローが付いている。
出番がないと思っていたが、敵のクローを受け止めて、
その隙に大型GNソードで敵のクローを
破壊するという見せ場があった。

【シリウス・ド・アリシア】

出展:アクエリオン

神話の昔に人間を救った堕天翅アポロニアスと愛し合い、
共に戦った女性セリアンの家系である亡家、
アリシア家の血を引く少年(なのだが外見はどう見ても青年)。

上記の経緯から堕天翅の血を持ち、
片腕に翼があるのをひた隠しにしている。
貴族らしいプライドの高さと能力を兼ね備え、
自分が勇者アポロニアスの生まれ変わりと信じて疑わなかった。
が、主人公であるアポロが頭角を現して以降、
それに嫉妬しキツく当たったり、自分を助けた彼に対して
剣を向けるなどどんどんヘタレていき、終盤で遂に…。

キツいが何処かおかしなキャラクター性で
TV版を通して作品を引っ張ったメインキャラである。
OVA・劇場版ではスポットが当たらないと踏まれ、
最序盤で戦死している。

声はおなじみ杉田智和。
こないだラジオでアクエリオンを歌った際、
「一人オフィシャルな人が居る」と言われた男。

【シェリル・ノーム】


マクロスFのヒロインの一角と思われる女性スーパースター。
CVは遠藤綾だが、歌は別の人というバサラ方式をとる。

一話先行放送での「私の歌を聴けー!」から始まる
ライブシーンで話題をさらい、作品の期待度向上に貢献した
(反面、「バサラのパクリじゃねーか氏ね」という評判もあるが)。

現在二話まで放送されているが、前述のインパクトや、
その自由でSな感じにやられちゃっているファンは
どうやらかなり多そうである。

果たして過去作品のヒロインと同じ
ノームというファミリーネームに関連性は。

【Gアーマー】


機動戦士ガンダムにおける所謂パワーアップメカ。

分離、合体、変形などの様々な要素を
取り入れた魅力的なメカだったのだが
明らかな無茶な合体やどこがどうなって変形してるのか
よくわからない変形機構など二次元のウソが効いた
デザインだったためプラモ化する際は難儀したらしい。

近年、合理的にリデザインされ立体化をはたした

【GNダガー】


投げたらほぼ全て命中しているため、見た目よりも大分強く見える
スパロボに出たら武器の一部とかとどめ演出になりそう

【ジャミル・ニート】


NT能力無しでビットを叩き落した
しかも当時はコクピット恐怖症が抜けてなかったのに

しかし彼はかつて宇宙革命軍と戦っており
その中にはビットを操るMAフェブラルもいたので
ビットとの戦い方を既に習得していたのだろう

【ジムキャノン】


実は凄く重要な意味のあるMS。

それまで複数人数で操縦しなければ
動かせなかった自走砲や戦車を、
一人で操縦出来て、しかも機動力と走破性が向上して、
おまけにサバイビリティまで向上している支援兵器。

つまり、それまで1台の戦車に
掛かり切りだった5人の戦車兵を
5機のジムキャノンに訓練込みとはいえ
配置転換を可能にするので、
人手不足の連邦にはかなり有難いMSだった。

もっとも、通常兵器での戦闘にMSが
混在する環境でこそ用を成したが
その後のMSインフレ地獄では
大した活躍は望めなかったようだが。

【HG 1/144 GNアームズTYPE-E+GN-001ガンダムエクシア(トランザムモード)】


OOのHGシリーズとしては初の大型商品。
その長い名の通り、GNアームズとトランザムモード
発動時のエクシアが1セットとなっている。

この手のデカブツ支援メカはえてして
大味になりがちなのだが
大型GNソードが接続アーム部分も含めて広く動き
また大型GNキャノンの砲身を引き出して
砲撃状態にすることも可能。
他にもギミックが豊富でいじっていて楽しい。

劇中ではエクシア専用となっているが、
最近の平均的な大きさのHGならばOOシリーズに限らず
どれでも合体させることもできる。

ランナーを見る限りでは、
デュナメス用のタイプDもでるかもしれない

【GX専用大型ビームサーベル】


サテライトエネルギーを
発信するというとんでもない代物

しかし劇中での描写は普通

水中では使用できないようだが
ガロードは敵に押し付けるという使い方でそれを補った

Xのサーベルグリップはただの棒でない独特の形を
しているのでこういう使い方をすると絵になる

【時間よとまれ】


GB第二次Gのステージの一つ。
制限ターン以内に基地から全機脱出しないといけないステージ

しかし、制限ターンギリギリまでマサキが居残ると
リューネが仲間になるという
FC版経験者に対する罠が仕込まれている

【死ねぇっ!】


われらが鋼鉄ジーグの名ゼリフ。
ニルファPVで初めて披露された時から
そのクレイジーさで人気を博し
ネタキャラとして確固たる地位を築いた。

もしPVで使われたのが別のセリフだったら、
ニルファでのゲームの駒としてあまりパッとしない性能もあり、
いわゆるスパ厨からフルボッコだったかもしれない。

因みに劇中で実際に言ったのはたった1回のみである

【Gキャノン】


ガンキャノンの子孫に見えるが、
実際はガンダムF90砲戦タイプの量産型。
なぜ量産型になったらあんなに太くなるかは分からん。

F91劇中では、キャノン砲の薬莢で、
罪のない民間人を撲殺死させてしまう
「いらんことしぃ」な機体。

【ジムキャノン】


ジムの肩にガンキャノンの砲台を片方だけ付けた
いかにもでっちあげな機体

量産型ガンキャノンの簡易型と言われるとなんだかそれっぽい

前線からは怪しげだの言われているが
なんだかんだで砲撃機は重要なので量産されていた

【ジャイアント・ロボ(OVA)】


強力な内臓火器を多数装備しているが
何よりもその豪腕を最大の武器としている拳には
リベットもついており、そこらのロボットの
マニュピレーターよりも破壊力は高そうである

また、最終回ではリベットが飛んでいたり
外れかけていたりと芸が細かい

【ジガンスパーダ】


OGsで追加された機体。

向こう側のジガンスクードと思われる。
その姿は人型になる前のジガンによく似ているらしい。
外伝でも量産型がHPの多い雑魚としてたまに出てくる。

【Gビット】

スパロボに登場しているのはGXとD.O.M.Eの物だけであるが
原作では、エアマスター&レオパルドにも
専用のGビットがあるのを回想シーンで確認できる。

アベル・バウアー? だれそれ?

【GNフラッグ】


背部GNドライブが左肩に移動してビームサーベルと直結したり
フェイスオープンしたり何気にギミック満載

戦闘中に右足を斬り飛ばされたが、
ただでさえバランス悪いのに重心が左によって大変だったろう

それにもかかわらずエクシアのビーム全弾避けたのは
まさにグラハムスペシャルか

【小説版ガンダム00 第一巻】


監督や脚本も監修に関わっており
位置付け的には公式に本編に繋がってるらしい

ちなみに挿絵か扉絵か何かにおねがいシリーズの絵師
(00の外伝の一つのキャラデザでもある)が
参加しており水着のトレミー女性陣やマリナ姫を
書き下ろしているのでそういった意味でも楽しみな一品

【ジン(タイプインサージェント)】

スタゲ一話に登場したテロリスト仕様のジン。
スペックや武装には特別な改造はされていない。

ナチュラルに両親を殺された子供達が復讐の為に
南米合衆国フォルタレザ市(旧ブラジル)を襲った。

防衛軍の武装ヘリや戦車を片っ端からなぎ倒すシーン
は怪獣映画の技法を取り入れているため迫力がある。

MSが従来の兵器に比べいかに
怖いおっかないかを描写出来ていた。

とことん暴れていたジンだったが
浸水していた場所に足を取られ身動きが出来なくなる。
そこへ元戦車乗りであるDSSD所長が決死の突撃を慣行。
超至近距離からの砲撃5連発によりようやく機能を停止した。
Recent Comments
Recent TrackBacks








QRコード
QRコード








  • ライブドアブログ