スパロボ図鑑〜今は亡き友、大浦繁に捧げる。

2ちゃんねるロボットゲー板のスパロボ図鑑をまとめたものです。誤字脱字や句読点などは全て原文のままです

【つ】

【冷たい世界(前編)】


スパロボJの最終話の手前の、月内部侵入直後。

ボスクラス二体を10ターン以内に撃破、
と良く考えれば無茶な要求をしてくれるが、
ゼオライマー・アーバレスト・テッカマン・主人公だけで
達成しえるのが何とも言えず切ない。

【ツインバスターライフル】


大量の敵を一掃したり敵拠点を狙いうったり
敵拠点に狙いを定めて脅しをかけて
そのまま攻撃したりと結構活躍したゼロの兵器。

強力かつドライブ式でバカスカ撃てるが
強力すぎるためか、敵にも目を付けられ、
装備自体を引っぺがされることも有った。

メリクリウスのクラッシュシールドビームサーベルや
エピオンのヒートロッドで吹っ飛ばされているが無傷。
流石ガンダニュウム合金性と褒めてやりたい所だ。

【ツインランサー】


コンバトラーVの武器であり、二本ずつ両手持ちしてよし、
繋げてよしの便利武器。スパロボでは便利な無消費武器として
扱われることが多い。

ちなみに、なぜかFF5で二回攻撃可能な特殊武器として登場している。

【ツイン精神】

OGSで初登場したシステム。
ツインユニットになることで初めて使える
精神コマンドで消費はお互いが持つ。

つまり、消費35なら計70のSPを消費している事になる。
なんだかんだで、最も良く使うのは序盤の熟練度獲得や
撤退ボスを撃墜する時位で、後々は使わなく成っていく。

再動や覚醒といった便利コマンドは個別で使えるし、
キャラによっては連撃より消費が安い。
魂もこちらを使うよりは、安い覚醒で二回攻撃した方が
トータルでは上回る等、高いSP消費の割に
見返りがあまり上手くないからである。

そんな中でも重宝するのは大激励と修行と献身。

【剣鉄也】

ご存知戦闘のプロ

この板では愛されているが原作では兜甲児再登場で
主役の座を追われ、次回作にも出演できず

スパロボでも第二次ではグレートを兜甲児に奪われ出演できず
やっと出演した第三次でも登場時期と能力の微妙さで
大抵兜甲児にグレートのシートを奪われていた

その後も怪我してマリアにグレート乗られたり、
マジンカイザー登場し完全戦力外扱いなど
あまりいい目はみていない

【ツェントルプロジェクト】


人型兵器が損耗率高いのでメンテ無しで
動ける奴を開発しようって計画。

スーパーロボット大戦MXにて登場。
ラズムナニウムとTEエンジンを開発して
最終的にその両者を組み合わせると言うのが表向きの計画。

実際はゼーレの多元世界補完計画の
予備、保険を作り出すという物だった。

OG外伝にも登場、TEエンジンは登場せず、
フラットフィッシュプランやイェッツトなど
生体兵器の研究も成されていたようだ。

【ツメスパロボ】


名前の通り詰め将棋のスパロボ版。
設定された条件を満たしてクリアするミニゲーム。
能力が限定されたユニットで制限ターン内に敵機の破壊。
特定エリアの防衛。等々。

まぁ、大抵がきつきつの状況でワンターンキルやれってな物だが。
これがどうして中々にはまる。
更に、クリアした場合、
強化スキルやパーツや資金など報酬もある。

シミュレーションにしては珍しく、
フリーマップの無いスパロボの新たな解答か。
と思いきやスパロボD以降とんと見かけない。
多分作品毎に出されると即飽きるだろうがw

【剣鉄也】


おこづかい発言が馬鹿にされるが、
よく考えると幼少期から
閉鎖環境におかれて
特殊訓練のみを受けているのである。
精神年齢や言動が幼くても仕方あるまい。

たとえば戦闘兵器として
育てられた少女が
子供のような言動を
繰り返すのと同じことである。

一種の悲劇といえよう

【月】


アナハイムやムーンクレイドルや
ムゲ帝国やベガ星連合軍の基地、
ギガノス帝国にムーンレイスの国に
曲げることが可能な
巨大なビーム砲があったり
フューリーが中にいたり
インベーダーとの大戦争があったりと
かなり混沌とした地球の衛星。

【ツガイバーゲン】

 
出典:スパロボA

Aのラスボス機【ツヴァイザーゲイン】の
登場時にナデシコのミスマルユリカが
聞き間違えて言った変な名前。

普通なら一回突っ込まれて終わるネタなのだが、
ツヴァイというか乗ってるヴィンデルの
空前絶後のヘタレっぷりにより、
情け無い感じのこの名が
一部では定着してしまった。

いくらなんでも可愛そうだよね、ツヴァイが。

【ツェントルプロジェクト】


ゼーレとバーベム、
二つの組織が別の手法で実現しよう
とした多次元世界補完計画
その要、エヴァとラーゼフォン

しかし二つの組織は、自分達の計画が
失敗した時の奥の手、
そして相手方を阻止する手段も用意していた
それがゼーレのツェントルプロジェクト、
バーベムのデビルガンダムである

と、設定レベルで版権の中に
組み込まれていたMXのオリジナル設定
そのためなのか、
ツェントルプロジェクトの機体特性は、
デビルガンダムに近い物になっていた

当初は、人間により近づいた機械、
すなわちAIを使おうと考えていたようだが、
開発責任者のザパトは、
本物の人間には適わないと、
AIはいらないと判断

しかし、それが原因で、MX世界で一番
デビルガンダムのコアに
相応しそうな女性ミッテ先生の暴走により、
責任者のザパトは死亡、
計画自体も暴走する事になった

最終的にエヴァ劇場版の補完に近い形で、
AI1が全てを吸収になりかけてしまった
ちなみに、AI1名前の由来は
All In One[全てを一つに]である

【ツイントマホーク】


ゲッター1・ドラゴン・Qの
内2機の合体技
(スパロボA)。

またはゲッタードラゴン・Qの合体技
(MX)。

【ツインテール級】

トップをねらえ2

第一話に登場した
宇宙怪獣(無人バスターマシン)
偵察用(?)で戦闘力は低めだが
それでも通常の
マシーン兵器では歯が立たず
バスタービームは山を一撃で
吹き飛ばす威力を見せ付けた。

【ツイン・サテライトキャノン】


一撃で島を消し飛ばし、
一撃でコロニーレーザーを
ブチ壊す驚異の威力。

【ツインバードストライク】


ニルファより参戦している
アラドとゼオラのコンビによる合体攻撃
当時の戦闘デモのボイスは1種類しかなく
「アインス」「ツヴァイ」「ドライ」
「ツインバード」「ストライク!」
と叫んでいるのみである

【対消滅】


物質と反物質をぶつけると
凄まじいエネルギーに変換され消滅する、
それが対消滅である

二次の美形キャラがうんこしないのは
体内でこれを行ってエネルギーを
得ているからなんだよ!
ちなみに水素と反水素1kgずつで
対消滅を起こした場合、
水爆16個分のエネルギーになるとか
そりゃデスドライブも可能になるぜ
Recent Comments
Recent TrackBacks








QRコード
QRコード








  • ライブドアブログ