こんにちは。けーいちです♪

それでは今回はサイトを作って次にする事、


独自ドメインの取得(購入)についてお話したいと思います。



まず、ドメインとは、簡単に言うと、インターネット上の「住所」になります。


サイトアドレス
⇒http://〇〇〇.com


の赤字の部分がドメインで、無料ブログなどは最初から決められたドメインで変更することはできませんが、自分でサイトを作って、独自でドメインを取得(購入)する場合は、〇〇〇の部分は好きな文字を設定できます。

〇〇〇以降の.comなどは、.netとか.infoとか.jpなど、いくつか用意されているものの中から自分で選ぶことができます。

ですが、ドメインというのは住所になりますので、同じ住所は作ることができないので、〇〇〇の部分の文字は早い者勝ちになっています。

なので、esute(エステ)などの分かりやすいドメインは既に使用済みの可能性が高いです。


独自ドメインは取得する時は、ドメインを販売しているサービスから1年いくらなどで購入するのですが、

俺が使っている、オススメのドメインサービスがコチラです。


国内最大級のドメイン登録サービス「お名前.com」




ここは会員登録をするとすぐに使えて、クレジット決済もでき、とにかくドメインが安いです。


よくキャンペーンがあるので、ドメイン価格は安くなるのですが、今の価格はこんな感じです。

先程のesute(エステ)で実際に空きドメインを検索してみました。
見にくい場合はクリックしてください。

スクリーンショット (41)

チェックが付いているドメインが、今空いているドメインでそこに出ている価格が取得してから1年間の使用料金です。

やっぱりesuteなどの分かりやすいドメインは.com.net.mobi.infoなどの有名ドメインは売り切れのようです。

これをesute-kutikomi(エステ口コミ)などにしてみると、以下のようになります。

スクリーンショット (42)

.mobi 以外は全て取得可能です。


このように人気のワードは売り切れている可能性が高いですが、少し付け加えると空いていることがあるんですね。

.comとか.netとか.jpの違いは言いますと、見た目以外は特にないかと思います。

.jpは価格は高いけど信用がある感じに見えます。

あっ、またお話しますが、サーバーによっては.usなどのかわったドメインは設定できないサーバーがありますので、その点は注意が必要です。

定番の.com .net .info .mobi .jpなどで取得する分には、何の問題もないと思います。

検索エンジンに引っかかりやすい、引っかかりにくい、についても調べましたが特にドメインによって違いはないようです。

なので、ちょっと見栄を張りたい場合はやっぱり「.jp」がカッコいいですね。

ハンパなく高いですが(笑)


こうして、空きのドメインを1年または2年で購入して作ったサイトに設定すると、いっぱしの自作サイトの出来上がりです♪


前回、ご紹介させていただきましたサイト作成ソフト「シリウス」では、簡単にドメイン設定ができます。

スクリーンショット (43)


赤枠のところに、取得した独自ドメインを貼り付けるだけです♪


これで、住所付きのサイトは完成したわけですが、これだけでは、インターネット上には公開されていません。

グーグルなどの検索に引っかけたり、ウェブで誰でも見れたりするには、サーバーというものにアップロードしなくてはなりません。

サーバーというのは、役所のようなもので、生まれたサイトに名前、住所を付けたら役所に届けをだして、みんなに知らせるというイメージです。

サーバーにアップロードすれば、インターネット上で誰でもサイトが見れるようになります。


サーバーもレンタルしなくてはいけなくて、有料なのですが、そんなに金額は高くなく、50個の独自ドメインを管理できレンタルサーバーで月額500円ほどです。

ですので、サイトをインターネットに公開するには、


独自ドメイン代(年間で数百円)+レンタルサーバー代(月500円程度)


で、できることになります。



少し長くなりましたので、今日はこの辺で失礼いたします。

次回は、サーバーにサイトのアップロードの仕方などについてお話させて頂きたいと思います。

ありがとうございました(*^_^*)



ランキング参加中です。
↓クリックして頂けると助かります(>_<)
宜しくお願いします。

アフィリエイト ブログランキングへ


banner3_44072
オススメ☆アフィリエイトサイト作成ソフト「シリウス」
俺も使っています♪
詳しいはコチラをご覧ください!
⇒シリウスご紹介サイト