2006年07月16日

blogを移転・投合

突然ですがこの度、blogを移転・統合します。これまで、ご覧頂きましてありがとうございました。このサイトは、このまま残します。
今後は、こちら↓をご覧下さい。サイトのURLを書いておきます。もし宜しければ、新サイトに遊びに来てください。
EnglishWeblog

it
  
Posted by supertriton at 19:46Comments(0)TrackBack(1)weblog

2006年04月08日

ストリングラフィ

ストリングラフィってすごいですね。クラックからポップスまで演奏できてしまう。糸電話を用いて音を出すというと分かりやすいですが、演奏される音は、創造を越え、まったく別世界ですばらしいです。大きな楽器を弾くパフォーマンスのようです。毎月のライブもやっているそうです。一度ライブで聴いてみたいですね。

http://www.stringraphy.com/

http://blog.livedoor.jp/studioeve/

  
Posted by supertriton at 10:13Comments(0)TrackBack(0)

2005年12月17日

ギャル企業家アーティスト


ギャル企業家アーティスト」だそうです。メディアで見かける様子から、しっかりした社長です。意外性が魅力でしょう。多才な能力を発揮し、志しが非常にいいです。http://blog.livedoor.jp/sifow/

シホ有限会社社長 藤田志穂(sifow)さん。

“10代のうちに起業しましたっ♪”
見た目はギャルっ!
中身は社長っ!

だそうです。

  
Posted by supertriton at 15:22Comments(0)TrackBack(0)weblog

2005年11月26日

あらしのよるに

話題の映画「あらしのよるに」(オフィシャルサイト)。原作は絵本です。オフィシャルのブログもあります。  
Posted by supertriton at 20:57Comments(0)TrackBack(0)movie

2005年10月22日

年次改革要望書

アメリカ政府が規制緩和などを日本に要求する『年次改革要望書』。日本の法案がこれに沿って成立していることが示唆されている。関岡英之著『拒否できない日本』文春新書(2004)に紹介されている。米国の1つの州よりも独立していない日本があるだ。毎年10月に出され、米国大使館のホームページ(日本語)に掲載され仮訳が読める。

米国大使館のホームページ(英語)

『年次改革要望書』2004

  
Posted by supertriton at 14:02Comments(0)TrackBack(0)culture

2005年09月19日

杉村太蔵 ブログ

ホームページで見つけた募集に応募して、衆議院議員選挙比例区南関東ブロックで当選を果たし、サラリーマンから一転、議員になった杉村太蔵さん。マスコミへの開けっ広げで率直な発言が面白い。議員になると、年収が大幅に上がり、JRグリーン車に乗れて、住まいも格安で高価な住まいに住めるなど...このような率直な方が研鑽をして、政治を変えていってくれたらいいなあ。引き続き、はっきりものを言う姿勢も失って欲しくない。

杉村太蔵 ブログ 

  
Posted by supertriton at 20:11weblog

2005年07月02日

クラインガルテン

クラインガルテンって何か知らなかったけど、小さな庭の意【(ドイツ) Kleingarten】で、簡易宿泊施設のある滞在型市民農園だそうです。

日本クラインガルテン研究会

  
Posted by supertriton at 18:57Comments(0)TrackBack(0)culture

2005年06月25日

「そうかな」 小田和正、史上最年長首位獲得!  

アルバム「そうかな」で、小田和正、史上最年長首位獲得!です。いい曲でいっぱいです。 

そうかな  
Posted by supertriton at 11:51Comments(0)TrackBack(1)music

2005年06月11日

上村愛子さんのブログ

モーグルはよく見ます。上村愛子さんのブログスタート!
  
Posted by supertriton at 18:55Comments(0)TrackBack(0)weblog

2005年05月21日

工藤夕貴オフィシャル ホームページ

英語を武器に米国で活躍する彼女は魅力的にみえますね。工藤夕貴オフィシャル ホームページ
 
  
Posted by supertriton at 00:22Comments(0)TrackBack(0)person

2005年03月28日

小田和正

731c9c29.jpg
人間的にもアーティストとしても尊敬に値する小田さん。新たに書籍を出されました!
  
Posted by supertriton at 18:05Comments(0)TrackBack(0)book

2005年01月23日

詩のボクシング

「詩のボクシング」を見ました。TVではBSに続いて再放送のようです。決勝戦は、林木林さんとセリザワケイコさんでした。
 
優勝は、林木林さん。決勝での規定の詩は、イマジネーションある内容で。水と木を間違えて読んでいたという視点から、日常の”水”の風景を、木の年輪などにたとえて、イメージさせる詩は面白い。
 
一方、セリザワケイコさんは、透明な声と情緒感ある詩の世界を展開し、まるで、出来事を綺麗な絵や写真に切り出して、これを文字と音にしているようだ。セリザワケイコさんのサイトはthe edge of the wordです。詩が掲載されていて、歌も聞けます。
  
Posted by supertriton at 14:01Comments(0)TrackBack(1)art

2004年12月25日

ターミナル

ターミナルを見ました。”約束を果たす”に期待したストーリーとは違っていましたが、まずまずかなー。笑えるシーンもいくつかある映画です。  
Posted by supertriton at 09:00Comments(0)TrackBack(1)movie

エイリアンvs.プレデター

エイリアンvs.プレデターを見てきました。エイリアンも結構強いんだ。人間に親しみやすいのはやはりプレデターか? プレデターの顔の動きはCGでなく、手で遠隔操作しているとのこと。
【過去記事】
エイリアンvs.プレデター

【関連】
エイリアンvs.プレデター
ALIAN vs. PREDATOR  
Posted by supertriton at 08:44Comments(0)TrackBack(2)movie

2004年12月12日

ハウルの動く城

ハウルの動く城を見てきました.映像がすごく綺麗だった.それに,面白い.伝えたいメッセージが秘められている.原作のメッセージが,宮崎駿氏のメッセージと一致する点が多いのだろう.そのメッセージを解読するのは難しいと思うが,「平和」、「自然」、「愛」、「人間の尊厳、価値」などが感じ取れる.ソフィーを通して、「人間の可能性」の広がりも示唆しているように感じる。 

 

【ストーリーのさわり】

ヨーロッパを思わせる美しい街並みが見られる一方で、戦争中の国に住む主人公ソフィー。ソフィーは住み込みで帽子屋で働いていたが、ある時、店に来た魔女に呪いをかけられ、90歳になってしまう。しかたなく、家を出て「ハウルの動く城」に乗り、掃除婦として働いて住むことになる。家主のハウルは、戦闘機と戦って傷ついていく...

 

【関連】



  
Posted by supertriton at 18:13Comments(0)TrackBack(8)movie

2004年12月05日

ギター侍は波田陽区

CDやDVD、本が出ました。面白そうです。


Amazon.co.jp: 音楽: ギター侍のうた [MAXI]


ギター侍のうた [MAXI] 


 


 


 


DVD: ギター侍は波田陽区。


ギター侍は波田陽区。  


 


 


 


 


Amazon.co.jp: 本: ギター侍の書


ギター侍の書 

  
Posted by supertriton at 18:02Comments(0)TrackBack(0)music

2004年11月06日

ビッグ・フィッシュ

DVD買いました!近いうちに見ます。やさしく大きな暖かい気持ちになれそうなここちよい映画のようです(予感)。楽しみです。

Amazon.co.jp: DVD: ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディション



ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディション



ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2004/10/27)
売り上げランキング: 11
通常24時間以内に発送


おすすめ度の平均: 4.57
5 ティム・バートンの集大成的傑作
5 幻想的
5 ひとつの永遠



 

  
Posted by supertriton at 19:30Comments(0)TrackBack(0)movie

2004年10月02日

イチロー

年間最多257安打に到達し、258安打メジャー新記録を達成した。すごいですね。ウィキペディア (Wikipedia)にイチローの解説があるが、2軍生活の苦節もあった。本名は、鈴木 一朗(すずき いちろう)。姓も名も平凡ながら、超一流のスーパースターだ。イチローの守るライトをその背番号51にあやかりエリア51と呼んでいるのは面白い。
Google 検索:
asahi.com : スポーツ
Yahoo!ニュース - スポーツ - 時事通信  
Posted by supertriton at 12:44Comments(0)TrackBack(0)person

2004年09月21日

今日の空

P506iC0000655611.jpg  
Posted by supertriton at 16:29Comments(0)TrackBack(0)weblog

2004年09月18日

アイ,ロボット

SF小説の巨匠、アイザック・アシモフの原作にインスパイアされて作られた話題作『アイ,ロボット』
アイ,ロボット 公式サイト  
Posted by supertriton at 19:35Comments(0)TrackBack(0)movie

ハウルの動く城

宮崎駿監督の最新作、今秋公開に向けて「ハウルの動く城」公式サイトがオープンしています。スタジオジブリ
原作があるとは思いませんでした。原作はイギリスの児童文学作家、ダイアナ・ウィン・ジョーンズの「魔法使いハウルと火の悪魔」(徳間書店刊)です。

魔法使いハウルと火の悪魔―ハウルの動く城〈1〉
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ 西村 醇子
徳間書店 (1997/05)
売り上げランキング: 91
通常24時間以内に発送します。
おすすめ度の平均: 4.45
5 読み始めたら止まらなかった。
4 生き生きしたキャラクター
5 とってもいい!!


Howl's Moving Castle
Howl's Moving Castle
posted with amazlet at 04.09.18
Diana Wynne Jones
Harpercollins Childrens Books (2001/08/07)
売り上げランキング: 163
通常24時間以内に発送します。
おすすめ度の平均: 4.45
5 読み始めたら止まらなかった。
4 生き生きしたキャラクター
5 とってもいい!!



【関連】
アブダラと空飛ぶ絨毯―ハウルの動く城〈2〉
ダイアナ・ウィン ジョーンズ Diana Wynne Jones 西村 醇子
徳間書店 (1997/08)
売り上げランキング: 234
通常24時間以内に発送します。
おすすめ度の平均: 4.09
5 このシリーズは面白い!
3 逆で読めたら
5 続編?!




  
Posted by supertriton at 12:29Comments(0)TrackBack(0)movie

2004年09月03日

フローラン・ダバディー

サッカー日本代表の通訳で有名になったフローラン・ダバディーさんのFLORENT DABADIE BLOGです。本やコラムの執筆、俳優やモデルなど多彩な活動をしています。この方と、なんとなく好みが同じような、考え方が同じような気がする。型にはめられるのが嫌いな点、ダブルメイジャー以上を好むような点、サッカーの中田(英)を人間の素養と国際性で評価する点などで...

  
Posted by supertriton at 23:24Comments(0)TrackBack(0)person

2004年08月22日

エイリアンvs.プレデター

映画 エイリアンvs.プレデターが12月に日本で公開されます。なぜか楽しみな映画です。1つの映画では考えられない組み合わせだからか? これまでの映画からすると、強そうなのはプレデター。人間に親しみやすいのもプレデター。プレデターは、武器を持っている者を襲うというのだから。好きなのは?プレデターです。

【関連】ALIAN vs. PREDATOR  
Posted by supertriton at 12:25Comments(0)TrackBack(0)movie

2004年08月01日

スチームボーイ

goo映画で気になる映画をチェック。スチームボーイの特集が掲載されている。『AKIRA』の印象が強く期待が大きい。

勇気と希望の空想冒険活劇
19世紀―"蒸気機関"の発明により、繁栄を極めた―“イギリス”
“スチームボール”をめぐる発明少年“レイ”の大冒険が始まる。
その独創的な世界観と斬新な映像表現で世界を席捲した。

  
Posted by supertriton at 19:12Comments(0)TrackBack(0)movie

2004年07月10日

9.11 〜N.Y.同時多発テロ衝撃の真実


9.11 〜N.Y.同時多発テロ衝撃の真実
を見ました。新人消防隊員を長期取材中に偶然に9.11事件に会い、消防隊の活動からこの当日の事件を取り上げています。貴重な記録です。この事件の被害がどれだけすさまじいものかわかります。たいへんお勧めしたいドキュメントです。9.11がニューヨーカーの価値観に「金儲けよりも思いやり」を考えさせたのはあまりにも皮肉です。  
Posted by supertriton at 21:46Comments(1)TrackBack(0)movie

2004年07月03日

マイケル・ムーア

最近気に入っているマイケル・ムーア氏 Michael Moore
先回に引き続き彼の作品のご紹介です.DVDで見ました.
銃社会の米国はとんでもない国になってしまっている.なぜ銃による殺人事件がこんなに多いのか?同様に銃規制があまりないカナダでは、圧倒的に少ないのにである.日本も圧倒的に少ない.その違いは何か?
どうやら、アメリカの争いによる解決方法、カナダのオープンな(人と地域の)社会や貧困を救うシステム、日本などの「他人を思いやる気持ち」あたりの違いが見えてくる.マイケルは、日本の社会構造に興味があるそうです.日本文化の良いところも見えてきます.


ボウリング・フォー・コロンバイン

発売日 2003/08/27

売り上げランキング 937


Amazonで詳しく見るB00008HC54

  
Posted by supertriton at 22:30Comments(0)TrackBack(0)person

2004年05月30日

華氏911

ミラマックス、ディズニーから「華氏911」を買い取りへ

 [ロサンゼルス 24日 ロイター] 米映画会社ミラマックス・フィルムズは、親会社のメディア大手ウォルト・ディズニーとの間で、今年のカンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞した「華氏911」(マイケル・ムーア監督)の買い取り交渉を進めており、数日内には正式合意に達する見通し。
Yahoo!ニュース - エンターテインメント - ロイター

話題の耐えないマイケルムーア監督ですが、先ほどの最新のニュースによると、話題の作品「華氏911」をディズニーが売却したので配給可能になったようです。カンヌ映画祭で最高賞を受賞したブッシュ批判のたいへん興味深い映画です。マイケルムーア監督は、米国の銃社会批判の映画「ボーリング・フォー・コロンバイン」が第75回アカデミー長編ドキュメンタリー賞を受賞したことでも知られています。はっきりした主張に好感が持てます。是非見てみたい映画です。

【関連】
Michael Moore.com
ボウリング・フォー・コロンバイン
  
Posted by supertriton at 00:05Comments(1)TrackBack(1)movie

2004年05月22日

「朝のリレー・春の空」篇

〜この地球では、いつもどこかで朝が始まっている〜

以前書いたEnglishWeblog: 朝のリレーの新しいCMが流れています。NESCAFE(ネスカフェ)「朝のリレー・春の空」篇です。灯台の光がきれいです。風車がやすらぎを運びます。朗読者は楽ユニット「HALO」で活躍する歌手のayakoさんだそうです。  
Posted by supertriton at 16:39Comments(2)TrackBack(1)art

2004年04月29日

ノームチョムスキーさんのblog

Turning the Tide
生成文法などの言語学研究で知られるノームチョムスキー(Noam Chomsky)さんのblogです。昨今の政治的な言動も傾聴に値します。  
Posted by supertriton at 21:26Comments(0)TrackBack(0)person

2004年04月25日

シンドラーのリスト

3c7c9cdf.jpgシンドラーのリスト スペシャル・エディション
GORILLA DAYSさんのGORILLA DAYS | シンドラーのリストのエントリーで見つけたシンドラーのリストのDVD。この映画、以前に見て、ほんと、心に染み込みました。今まででたいへん印象に残った映画の1つです。ナチス・戦争をテーマにした映画なので、その悲惨さがわかるのではないかと思います。知っているべきだし、忘れてはいけないことを伝える映画です。  
Posted by supertriton at 22:26Comments(0)TrackBack(4)movie

2004年04月16日

倉木麻衣さんのblog "Mai.K Diary"

全米デビュー後、和洋が融合した(と思う)独特の音楽で、一躍人気となった倉木麻衣さんですが、blogの倉木麻衣のMai.K Diaryが開設されました。お!、やりますねー、斬新です。livedoor proを使ってます。それにしてもすごい数のトラックバックです。
Wish You The Best


Wish You The Best
  
Posted by supertriton at 23:35Comments(0)TrackBack(0)person

2004年03月28日

ティアーズ・オブ・ザ・サン

いい映画です。DVDが出ます。ブルースウィリスは、はまり役です。ダイハードと同じ位に...
ティアーズ・オブ・ザ・サンティアーズ・オブ・ザ・サン コレクターズ・エディション
【引用】内戦下のナイジェリアで、米海軍特殊部隊シールズのウォーターズ大尉は、現地で医療活動を行っていた女医リーナの救出を命じられた。だが大尉は軍の命令を無視してリーナのみならず、彼女と一緒にいた難民たちの救出をも決意。そのため、国境まで歩いて逃げなければならなくなってしまう……。
  
Posted by supertriton at 20:55Comments(0)TrackBack(1)movie

2004年03月21日

昔の遊び

タイトルを「art,person and favorites」としているのは、音楽、芸術、人などの記事を書くつもりだったためです。すなわち、「文化」に関する事もこのblogに書きたいと思っています。今回は、日本の文化に関連するエントリー。欧米や他のアジアと違う日本の文化にはどんなものがあるだろう。考えても、自国の文化でさえ、あまり深く知らないことに気がつきます。文化、いろいろあります。例えば、ここ↓にまとめられていました。
Culture of Japan / 日本の文化
以前から、まとめようと考えていたものに小さい頃遊んだなつかしい遊び、「昔の遊び」があります。「かくれんぼ」、「鬼ごっこ」、「缶蹴り」などです。日本にも美しい言葉や伝統、文化があります。そんな良い部分は記録として残したいと思います。今回は、関連リンクの紹介です。知らない遊びもたくさんありました。育った環境、地域で昔の遊びも多種多様のようです。
昔のあそび
昔あそびの国へようこそ<メインページ>  
Posted by supertriton at 12:39Comments(0)TrackBack(0)culture

2004年03月13日

宮崎 駿 氏

ファンタジーといえば...アニメには特別な執着はないが、宮崎 駿 作品は気に入っているものが多い。そのセンスの良さ、スタッフのセンスの良さの影響も大きいのだろう。その中枢がスタジオジブリ:STUDIO GHIBLI HOMEPAGE!!
多くの映画作品は、芯の強いヒロインとそれを支える純粋なヒーローの構図。繊細な絵と共に挿入サウンドがいい。音の選び方、選曲が繊細でバランスがいい。飛行シーンやすばらしい風景、美しい自然...これら1つ1つが個々に示唆するものがある気もする。
宮崎 駿 氏の源泉をまとめるにはまだ考察不足だが、「あるがままに存在する魅力的な人や自然をすばらしいと思う心、だが、それに対立する世界があり、その世界にとらわれない意思と心を持ち続けること、そして、その強さを持つために高みを目指すことのすばらしさ」、こんなことが潮流の一つにあるのかもしれない。次の「ハウルの動く城」はどんなだろう。
ナウシカラピュタトトロ


【関連】
高畑勲・宮崎駿作品研究所
Welcome to hayao.gr.jp  
Posted by supertriton at 20:12Comments(0)TrackBack(0)person

2004年02月21日

ファンタジー

本も映画もファンタジーブームが押し寄せて、一波過ぎた感があります。
ハリーポッター、指輪物語(ロード・オブ・ザ・リング)の波がありました。ミヒャエル・エンデのはてしない物語(ネバーエンドストーリー)も映画化されていますが、ナルニア国ものがたりは映画化されてないように思います。BBC放送はあったようです。
以前、「ライオンと魔女」の書籍と朗読CD(完全版)を買ったことがあって、ナルニア国も印象深い、良質のファンタジーの1つです。


ライオンと魔女 ナルニア国ものがたり(1)



ナルニア国ものがたり
  
Posted by supertriton at 13:38Comments(1)TrackBack(0)art

2004年02月09日

ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔

ロード・オブ・ザ・リングの第二部、二つの塔をDVDで見ました。J.R.R.トールキンのいわゆる「指輪物語」の映画化。中つ国はどうなる!? 白の勢力(人間、ホビット族、エルフ族、ドワーフ族、エント、ガンダルフ)と闇の勢力(モルドール、アイゼンガルド、サルマン)そしてゴラムはどうなる? 第二部も迫力あります。ストーリにも目を離せません。映像がほんとうにきれいです。すばらしい出来栄えです。第三部(最終)の劇場公開も間近なので、(見てなければ)見ておかないとストーリーが楽しめません(笑)。このDVDは、特典ディスク付きで、第三部プレビューもあります。第一部は、劇場とTVで見て、第二部はDVD、第三部は劇場で見る予定。最高のファンタジーの世界へ!

ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔 コレクターズ・エディション


【関連】
eiga.com [必見!注目作特集]
指輪物語ファンページ Ride on!
J・R・R・トールキン  
Posted by supertriton at 21:06Comments(1)TrackBack(1)movie

2004年01月31日

蹴りたい背中

Amazon.co.jp: 本: 蹴りたい背中蹴りたい背中
読みました.作品は,感性の高い作者の微細な情景描写が良く,自分に似た境遇のクラスの異性の友人に対して,愛しいような,いじめたいような気持ちを「蹴りたい」と表現したタイトルに凝縮している.こういう作品を書く気持ちも分かるが,文学の有り方次第ではあるが,芥川賞としては5段階評価で☆といった感じ.ティーンズならありふれた感覚を表現していて,僕にとってもあたりまえの感覚でした.  
Posted by supertriton at 20:59Comments(0)TrackBack(1)book

2004年01月17日

芥川賞・直木賞

第130回芥川賞に綿矢りささんの『蹴りたい背中』と金原ひとみさんの『蛇にピアス』が受賞。2人共、史上最年少の受賞。 作品読んでないので、『蹴りたい背中』あたりを読みたい気がするが、同著者『インストール』も気になるところ。 芥川賞候補に19、20歳の女性3人いたらしいですね。もう1人は、島本理生さんのようだ。第130回直木賞は、京極夏彦さんの「後巷説百物語」と江國香織さんの「号泣する準備はできていた」が受賞。 蹴りたい背中 蛇にピアス
【関連】
Yahoo!ニュース - 社会 - 読売新聞社 芥川賞受賞者一覧 文藝春秋|各賞紹介|芥川賞 文藝春秋|各賞紹介|直木賞 Yahoo!ニュース - エンターテインメント - 共同通信 はてなダイアリー - 綿矢りさ はてなダイアリー - 金原ひとみ 直木賞のすべて  
Posted by supertriton at 12:47Comments(0)TrackBack(2)person

2003年12月27日

グリーンマイル

グリーンマイル







グリーンマイル

スティーブン・キングのベストセラーを映画化.刑務所の死刑囚舎房“グリーンマイル”に殺人犯と間違えられやってきたコフィー。彼は純粋な心を持ち、不思議な力を持っていた。

コフィーが気に入りました.感動作です.  
Posted by supertriton at 22:57Comments(0)TrackBack(1)movie

2003年12月16日

くるみ Mr.Children

掌 / くるみ [MAXI]






CDとして聞けて、PCでビデオクリップが見れるよ!

・・・
”この街の景色は君の目にどう映るの?”
”今の僕はどう見えるの”
・・・
”そんな時はどうしたらいい?”
・・・
”とはいえ暮らしの中で 今 動き出そうとしている歯車のひとつにならなくてはなぁ”
・・・
”引き返しちゃいけないよね 進もう 君のいない道の上へ”  
Posted by supertriton at 23:00Comments(0)TrackBack(0)music

2003年12月06日

EnglishWeblog(関連サイト)

関連サイトはここ。EnglishWeblog。(英語関連のテーマ)  
Posted by supertriton at 21:38Comments(0)TrackBack(0)weblog

さて blogのテーマは?

blogのテーマはまだ決めていません。興味を持った日々の出来事を綴るかも。  
Posted by supertriton at 21:09Comments(0)TrackBack(0)weblog

livedoor's blog

livedoorでblogを作ってみました。  
Posted by supertriton at 21:05Comments(0)TrackBack(0)weblog