February 27, 2005

今日出来

来月行われるM田さんのファンイベントにゲストで参加することになり
おみやげグッズにサインしに来てくださいと言われ
西荻の新スタジオへ、papaとベビちゃんとお邪魔する。
250枚サインした。
サインといっても私の場合は
海外でカードでお買い物する時のそれと同じ。

初めて西荻へ行ったし、慣れないことをしたから
くったり疲れてしまった。今日は良く眠れそう。

愛知県南セントレア市という合併後の市の名前
実は私はすごくいいと以前から思っている。
これを考えついたお役人の人たちのセンスを評価したい。
市民的には500対10で不評とのことだけれど
経済効果は高いんじゃないかと。

ところで
「今日の出来事」をキョウデキと略すのは私だけでしょうか?  

Posted by superusa at 23:33Comments(2)TrackBack(0)

February 26, 2005

花粉対策

来週から3月と気付いて、愕然とする私。
そして、いよいよ花粉シーズン到来。
週間花粉情報
ギョギョーンという感じ。

妊娠〜授乳と機に、薬無しでこの時期過ごせるようにまでなった。
(マスクはしているけれど)
腸をキレイにしておくことが一番重要なのではないかと思う。
そして
異種蛋白とおぼしきものは、この時期特に口にしないように心がけている。
papaが大好物の筋子を食べているのを「愚かなことを!」と
冷ややかに見つめている次第。

堀江社長のblogとコメントをざっと斜め読みした後で
サイバーエージェントの藤田社長のblogを読むと、なんだかほのぼのします。(笑)
お金で買えない親交でしょう。  
Posted by superusa at 23:29Comments(0)TrackBack(0)

February 25, 2005

五行歌の会

ミクシーで「五行歌mixiの会」というコミュニティに入った。
俳句や短歌のように規則がなく
五行(4〜6行)であること、文語をなるべく使わないことなどが約束の
新しい文芸。

うつくしい日本語には10代の頃から関心があった。
先日の歌の録音でも、古語混じりの作詞にチャレンジ。
ただ、主催者やレギュラーメンバーの方は
素晴らしい歌を詠まれるので
当分は自分のblog内で書き溜めることにします。


「ぐずる」

見事な大の字
「だだ」という行為
どこで覚えた?
誰に教わった?
一歳と五ヶ月

  
Posted by superusa at 15:28Comments(0)TrackBack(0)

February 22, 2005

あいのうた

c8c9c322.JPG昨日、代々木ワンダーステーション1スタにて録音終了。
13時スタートで13時ぴったりに到着し、冷や汗をかいたが
編成の小さな歌ものが1曲ということもあり、スタッフは和やかな雰囲気だった。
初対面のスタジオミュージシャンのピアニストさんが
その場で渡した譜面で、すぐに全体の雰囲気を掴んでくださり
私のイメージだった「矢野顕子」ライクな感じにうまく仕上がった。
ヴォーカリストさんも、少年のようなポジティヴな歌声を聴かせてくれた。
私もピアニカで演奏に参加。
今回は浜田さんの秘策?によるレコーディング。

STEINWAYの蓋を全開にして
ペダルを踏みっぱなしにして「プリペアド・ピアノ」状態にする。
譜面立ての上にピアニカを置き、立って弾くというもの。

こうすることで、いい感じにピアノ弦が共鳴してくれる。
録音したフレーズは最初から最後までペダル踏みっぱなしでいけたので
チープなピアニカの音色が、魔法のようにふくよかになった。
ヴォーカルをスピーカーから流して共鳴させたり
いろいろな楽器に使えるとのこと。
ピアニカ、やみつきになりそう。(笑)

ベビーは今日で1歳半になった。
(*もうベビーではないので、どう書こうか考え中です。)
昨日は、セルリアンホテルのキッズルーム「ポピンズ」に預けた。
\2625/hという高額ではあるけれど
これまで預けていた場所は、人数が多くて狭いことや
セキュリティに問題があり(誰でも入れたり、避難経路の無い鉛筆ビルであったり)
papaと見学した結果、ここに。
インターホンで中から鍵を開けてもらう。
さらにベビーゲートで仕切って、広々とした遊び場。
ホテル内は警備員が巡回。これくらいして当然の世の中になってしまった。

最初は泣いたそうだけれど、ラックに座ると遊び始め
昼寝もしたし、持たせたお弁当もたいらげたとのこと。
迎えに行ったときも、楽しそうに遊んでいた。
そして、先生にバイバイ。
成長したわねぇ〜  
Posted by superusa at 19:26Comments(0)TrackBack(0)

February 20, 2005

極める

昨日のNHK「土曜インタビュー」で、桂米朝を久しぶりに見る。
タバコの煙をくゆらせながらのインタビュー
三宅アナが80歳の人間国宝に、最後に問いかけた言葉は
「あなたにとって落語とはなんですか?」
答えは「おはなしです。」というシンプルなものだった。
お爺さんが孫に聞かせるような、おはなし、だと。
カッコイイナァと思った。

ということで、明日のレコーディングは気楽にいってみよう。
曲を作って、まわりの誰かに聞かせるというのは
小さい頃からやっていたこと。
今やっていることは、その延長に過ぎないのだし。








  
Posted by superusa at 23:41Comments(3)TrackBack(0)

February 17, 2005

成長覚え書きSP

e5c1379e.JPG最近子供が急成長して
覚え書きに書ききれないほど。
アルファベットのを逆さまにして「エェ〜〜ンム」と言うのは
オッケーにするかとか、いちいち悩んでいられない。
ハンカチを頭に被って
ハリーポッターのように透明人間にでもなった気分なのだろうか
そろりそろりと近づいて
私にタッチしては、キャーといって逃げる。
延々とその繰り返し。
なにがそんなに嬉しいのかな?
私も被ってみたけれど、うっすら世界がモザイクのように見えて
サングラスをかけた時の様な、不思議な安心感がある。 
私も子供の目線になってみよう。

下の歯がやっと生えてきたおかげで
子供用のおやつビスケットをかじることが出来るようになった。
私が口を開けると、そこに投げ込むこともできる。
ヤムヤム・ヤミィ!  
Posted by superusa at 09:50Comments(0)TrackBack(0)

February 15, 2005

そろそろ来たかな

なんとなく朝起きた時に鼻がむずっとする。
ずっとアイボン派だったのが、今年はアルガードの洗眼薬を買った。
容器が改良されていて
1)下向きでもソフトに洗える
2)目のまわりに跡が付きにくい柔らか素材のキャップ(ぷにょカップ)
3)使用後につぶしやすいエコボトル

ちょっとした改良に見えるが、上を向いて目をぱしぱしした後
目の周りに狸のように丸い輪が残るのは情けなかった。
このように、ユーザーをちょっと喜ばせるヴァージョンアップは
物作りには重要だと思う。

<<ベビー成長覚え書き>>
アルファベットを認識し始めました。
引き出しの側面の見えないような場所に"G"のロゴマークを見つけ
「じィ〜」
DEAN and DELUCAのマグで飲みながら
「いィ〜」とか「え〜ィ」とか指差しながら言います。

  
Posted by superusa at 16:43Comments(0)TrackBack(0)

February 14, 2005

ほりえもん

堀江社長のBlogや、付いている膨大なコメントを読むと面白い。
意見の応酬。週末の出演番組は見ていないけれど、だいたい見当が付く。
私は団塊でもジェネレーションXでもなく
一頃の新人類と言われた世代に片足入る部類だから
この若き冒険者とご年輩の感覚はどちらも持ち合わせていると思う。
トヨタの会長らに「意見を頂戴する」会を設ける楽天の三木谷社長と
堀江氏とのコントラストも楽しい。

「日本では、冒険というと瞬発力が大切に思われがちですが、実はセンスの良い計画を立てて出発するまでが重要だと思います。計画段階でだれもが「すごい」というものはたいしたことない。人々が感動する冒険ほど、形になるまでその価値がわからないものなんです。そのため、事の半ばでは多くの誹謗中傷を受けるでしょう。その批評に耐えられるかどうかが冒険者の資質であり、そこを乗り越えることが冒険です。」(平田オリザ 劇作家・演出家)  
Posted by superusa at 07:47Comments(0)TrackBack(0)

February 13, 2005

ミクシィ

LivedoorBlogに移行して日記の更新を簡略化したのも束の間
310さんに誘われるがままに入ったミクシィという「ネットワークお友達の会」が
忙しい。元職場の知人との再会も楽しい。
はまりすぎるとまたベビちゃんにぐずられるので、ほどほどに。
「お友達登録していいですか」と言われて「いいですよ〜じゃ私も」とは言うものの
先方が登録した時点で、自動的に相互リンクになるのだということが
おぼろげにわかってきた。
内的生活が長かっただけに、ソーシャルな場に慣れない私は
この巨大なお友達サークルの世界が眩しくて眩しくて。

昨日、青山のKでカットとカラーリング。
来月のイベントに向けて、きちんとしなければと思う。
papaとベビちゃんのお留守番も、まったく問題なくなってきた。
  
Posted by superusa at 04:15Comments(3)TrackBack(0)

February 10, 2005

のろける

姉からメール。父が最近亡くなった母のことばかり思い出して
本当に心もきれいでしっかりしていて、よくできた人だったとばかりのろける
とのこと。
会いたいのならとお迎えが来てもいけないので
母のぶんも長生きしてねと励ましているそう。
父も母も昭和一ケタ生まれだから、ベタベタすることはなかったし
2人で旅行したり食事に行ったりすることもなかったから
今のろけるくらいなら、最期の時期にもっと
手を握ったり肩を抱いたりしてあげればよかったのにと私は思う。
ほのかな恋心だろうか。

今日は比較的暖かい。
青山の花屋"カントリーハーベスト"を覗いたとき、とてもいい香りがして
よく見ると梅の鉢が置いてあった。
キンモクセイ同様、私の大好きな匂いなのである。
  
Posted by superusa at 16:01Comments(0)TrackBack(0)