March 31, 2005

マイン・ドイッチェ

震災に関する話を聞きたくて、姉に電話。
実家はライフラインはセーフだったけれど
近隣の市から水や食糧を買い求める人でごった返した話や
なんといっても食器棚から落ちたガラス類の処理が大変だったそう。

母に先立たれて3年目、ガックリ落ち込んでいた父に大きな変化が。
姉に、本屋へ行ってドイツ語のテキスト「マイン・ドイッチェ」(三修社)を
買ってきて欲しいと言う。
(父は仕事上ドイツ語を学んでおりました)
ところが三修社は2年前に廃業しており、テキストはもう手に入らない。
せっかく意欲が湧いたのに、また落ち込むかと姉は心配したけれど
「それならばフランス語を」などと言ったそうで
取り敢えずメガネと新聞を持って姉は病院へかけつけた。

痴呆の始まりでは無いようなので、今後を見守りたいと思う。
気力がすっかり失われていた父が、したいと思うことができて
今日は本当に嬉しい気持ちでいっぱいになった。
私も4月から「100語でスタート英会話」のパート3にチャレンジ。
1からずっとファン。ジョージ・ウィリアムスがかっこいい!  

Posted by superusa at 18:36Comments(3)TrackBack(0)

March 30, 2005

テレビが壊れた

papaの唯一の嫁入り道具である大画面テレビ(15年もの)が
遂に遂に壊れてしまった。
3、4日前から画面にノイズが走り、マンションの管理に聞いてみたところ
USEN-BBの工事が入っているのでそのせいかもと言われ
朝、工事の人が画面を見にやってきたのだけれど
まさにその直前に完全に立ち上がらなくなった。

TVの無い生活は気付かない範囲でのストレスがあって
ラジカセでNHK総合・教育を聴くことでなんとか凌いでいるけれど
もし災害で電気やガスが止まったら
ストレスはこの比ではないだろう。
こんなささいなことで
日常生活をキープすることの難しさを実感するのである。
しなやかに生きなくては・・。

夜ビックカメラにて13VのAQUOS購入。
薄型大画面TVの購入は、また今回も考えあって先送りした。
(AQUOS、鮮明でかわいいですよ〜)  
Posted by superusa at 17:58Comments(2)TrackBack(0)

March 29, 2005

続・有事に備え

ネットで「非常食」と検索して「アルファ米」なるものを初めて知る。
水やお湯を注ぐだけでごはんが出来るという画期的なもので
味はまずくないらしい。(レンジでチンするものより、味の評価が良かった)
買ってみようか。
だいたい我が家は「非常持ち出し袋」も作っていないし、カセットコンロに着火する手段すらない。
おむつの備蓄、薬、ドライシャンプー(意外と重要)除菌ウェットティシュー
軍手にゴム手袋、防災ラジオ(手回しで発電)、あげていけばきりがないほど非常の備えの項目があり
認識が全く甘かったと反省する。

さすがにテントや寝袋とまでいかなくても(そんな事態になれば東京を脱出します)
その程度は今回は用意しようと思う。

*震災経験者のはるみちゃん、細かな情報提供ありがとうございました。
 水の配給時に必要なポリタンクという発想まではなかったので、唸りました。

そんなわけで、今日はツナ缶などを買いに東急ストアまで。(^^;
今日都心では自衛隊のヘリが低空飛行で何度も往来し、物々しい雰囲気でした。
何度か「揺れてる?」と錯覚を起こし、ベビーとくっついておりました。  
Posted by superusa at 22:21Comments(4)TrackBack(0)

March 28, 2005

矢野祥

「私はリトル・アインシュタインをこう育てた」に続き「僕9歳の大学生-父・母・本人 常識との戦い」矢野祥著(祥伝社)を読んでいる。
父親の書いた章が特に面白かった。日本人の父、韓国人の母、2人の2世の天才児達が
アメリカでつつましやかに、しかしたくましく生きている姿が美しくて
密かに矢野家のファンでいる。
祥くんがビデオゲームについて批判している箇所は耳が痛いけれど。(笑)

シカゴ在住なので、所々にシカゴの四季折々の話が出てくる。
papaはアーケードの仕事で何度も行った場所。私はトランジットで空港を
探検しただけ。冬は気温が-40度で、凍った道を車が
くるくる廻りながら走っていくんだと、駐在した会社の人には聞いている。
シカゴに夏行ってみたいと思った。

<<成長覚え書き>>
「鼻!」「口!」「耳!」「目!」などと言うと私のそれぞれの場所をさわります。
スプーンやフォークがだんだん上手く使えるようになってきました。
プープーが出ると知らせにやってきます。ピーピーはまだ。(笑)
ドアを開けたままにしたり、引き出しを開けて歯を磨いていると、すぐ閉めにやってきます。
落ちた米粒、小さなゴミを拾っては「ハイ」と私にくれます。几帳面さはpapaと全く一緒・・
*papaは私が豆を茹でるときにずらしておいた鍋の蓋をすぐきちっと閉めて、吹きこぼす名人なのです!

  
Posted by superusa at 23:05Comments(0)TrackBack(0)

March 27, 2005

有事に備え

「3日分の食糧と水を確保せよ」と細木数子さんが言っていたので
非常食をちゃんとしようと思い
久しぶりに渋谷のドンキホーテへ。
papaとベビーを残して、決死のお買い物と中へ入っていった。

カップラーメンとカロリーメイト(グレープフルーツ味)を多めに買った。
パスタは数分茹でるだけと手軽なので、絡めるソースなどを数種。
生タイプのカップ味噌汁(しじみ)。幼児用ビスケット。韓国海苔、その他。

ただ、これ随時補給しないと、いつの間にか食べて無くなってしまう。
カロリーメイトは一箱が400Kcalもあるのに
気付いたら2箱平らげてしまったことも。

まだ授乳期なので、エネルギー補給が大変なのだ。
(と言い訳しておこう!)
  
Posted by superusa at 17:53Comments(2)TrackBack(0)

March 26, 2005

超立体マスク

花粉は今がピークなのだろうか。
発売当初から愛用の超立体マスク(ユニ・チャーム)の
子供・小顔用を買ってしまった。
仰々しさが減るかと期待したけれど、さすがに紐が短くてきつめだ。

マスクは突き詰めれば鼻の部分だけでいいと思っていて
JALのヨーロッパ便で頂いた「ハニカム・マスク」のように
鼻の部分にだけあてて乾燥を防ぐものか
(ドジョウすくいのようになってるハズです。鏡で見てないけれど)
あるいは鼻に詰めてしまって見えなくするとか
次世代のマスク(フィルター)出現を期待している。
いっそのこと自分で考案して一儲けするとか。

そう言えば、かつてのカリスマ主婦のマーサ・スチュアートが
服役を終えて出所したそうで
保釈金を払わず潔く罪を償った姿に、再び米国民の好感度が高まっているそう。
刑務所の中で受刑者にヨガを教えるなど、その前向きな姿に
アメリカ人女性の強い生き方の典型を見るのである。

vogurのe-mail newsにバナナ・リパブリックの日本上陸情報。
どこに出来るんだろう?
知り合いの帰国子女が愛用していたことを思い出す。
IKEAは2006年だっけ?

フジv.sLivedoorの抗争はソフトバンクが参入してまた新たな展開に。
テレビをあまり見ない私は高見の見物だけれど
株をやっている人のブログを見ると、面白いことが書いてある。
世の中の動きに敏感な人たちは、ものの見方も違うなぁ。

ここへきて子供の発育が、またスピードアップ。
しかしますますベタベタとまとわりつき、動きが取れない。
外遊びが少ないからだと思う。土日はpapaの出番だ!  
Posted by superusa at 04:10Comments(0)TrackBack(0)

March 24, 2005

相思相愛

子供が1歳6ヶ月になったので(先日書いたのは1歳5ヶ月の誤りでした)
昨日子供の城のクリニックで健康診断を受けた。
全く問題は無かった。
最近お風呂に入ると、肩胛骨の発達が確認できる。
小あじのひらきのカルシウムのおかげだろうか。

お昼頃、思い出したように「パパァ..」ということが多い。
「papaは会社よ」「パパァ..」「papaは会社よ」「パパァ..」「papaは会社っ!」

組織変更で帰りが最近遅くなりがちなpapaから、夕方携帯で連絡。
「今日は押してるんで遅くなりそう」
「了解です。ベビちゃんがパパパパってうるさいの」
「え、そう??・・ん〜じゃぁメド付けて早く帰るか、残りは家で仕事して」

凄い!この手があった。
同じマンションの夢実人くんパパのように
フリーのカメラマンだったり、いつも一緒にいられる人は少ないけれど
父親といい関係を持てる子供は、いい子に育つと私は思う。
今もベビちゃんがベッドで「パパァ」と言いながら目を覚ましたようだ。  
Posted by superusa at 06:21Comments(0)TrackBack(1)

March 21, 2005

今夜も鍋ナリ

b9b03a3d.JPG最近週一か二で鍋のローテーション。
野菜を大量に摂取できるので便利だし、体も温まる。
ベビー用にニンジンをまとめて煮ることも。

白菜1/4、葱は1本、春菊(クレソンだったり)一束
しいたけ、絹ごし豆腐、糸こんにゃく、すり生姜少々

これらを先に入れた後で
かしわを出汁につからないように、蒸し器のようにセットする。
こうすると、鶏肉の旨みが逃げず、柔らかくなるような気がする。

味にバリエーションが欲しければ
キムチを薬味代わりに、取り鉢に放り込む。
(鍋には入れません)

写真はpapaの会社の人の内祝いにいただいた、都電もなか。
地元では有名なお菓子らしい。箱がレトロで喜んで
もなかが車体の形をしているのではしゃいで
中に餅が入っているので、大感激した。  
Posted by superusa at 15:41Comments(3)TrackBack(0)

March 19, 2005

papaはますますブラックアリスがお気に入り

17日にオープンしたシブイチ(渋谷一丁目)、ピカソ347ビルの
カッシーナ・イクシー・プライベート。
ル・コルビジェのスツールが当たるという応募ハガキを持って
行ってみた。客は少なかった。
ノベリティーをもらう。デザインされた洒落た本。
これはベビちゃんの絵本になるな。ラッキー

コンラン・ショップが2005年のカタログをくれるというので
ハガキを持ってパークタワーへ。
そこからpapaの洋服を買いにタカシマヤまで。
そこへ行けば必ず欲しい服が見つかるという店がある。

ヒルズに勤務地が移るんだから、ちょっとはIT系のオシャレをしたら?
そう言えばどの店も、ホリエモンが着てた風の服が飾ってある。
今年流行りのピーコックグリーンのヘンリーネックを勧められるが
保守的なpapaは固辞していた。スタイリストとしては挑戦したかったけれど。

中腰で子供を守りながら混雑のデパートを移動していたので
全身疲労と腰の凝りでくたくたに。本当に
子育てとはエネルギーのいる労働である。  
Posted by superusa at 23:18Comments(0)TrackBack(0)

March 17, 2005

ライオン母さん

<<成長覚え書き>>
掴み食べを嫌い、フォークやお箸で食べようとします。
こうやって食べるのよと横でお手本を見せながら
一緒に食べます。食事に時間がかかり、忍耐のしどころ。
さながらライオンの母さんになった気分です。
小あじのひらき(珍味・酒の肴)をおやつに食べます。
卓球の愛ちゃんがTVに出ると「ターーーッ!!!」と言って大興奮します。(謎)

録音で知り合ったJAZZシンガーY生さんが
自身のライブで私の歌を歌いたいと連絡くださった。
2歳になる双子のぼうやたちに、時々リハを見せるそうだ。
子連れokの昼下がりのライブも予定しているとのことで
私も是非行ったみたいと思う。
小さい頃から生でJAZZやボサノバに親しんで育てば
キレる子供にはならないんじゃないかと思う。
それに、子育てママの鬱憤晴らしがカラオケだけじゃ、悲しすぎる。  
Posted by superusa at 07:49Comments(2)TrackBack(0)