July 01, 2005

WBSに安藤忠雄氏がゲストで

昨晩WBSに安藤氏が生出演。(mixiで教えてもらって)
表参道同潤会跡のビルがだいぶ出来ているようで驚いた。普段はシートに囲まれて、中の様子はちっとも見えない。2006年1月完成ってことは、わ〜あと半年じゃないか!

この夏、直島にみんなで行こうと姉を誘っていますが、ますます行きたくなりました。地中美術館はどうしても見ておきたくて。

<<成長覚え書き>>
カードリーダーを自分で使えるようになり、何度も繰り返し聴いています。私の作業が無くなり、だいぶ楽になりました。
NHK教育の「英語であそぼ」の影響力はすごいです。UP&DOWNに続き、先週のOPEN&CLOSE、すぐに覚えてしまいました。ぴらぴらしたものならなんでも「おぴ〜ん、にょ〜〜ず」と言いながら開いたり閉じたりして遊ぶ。今日もシャワーの後、かけてやったバスタオルを開いたり閉じたりして「おぴ〜ん、にょ〜〜ず」 私のTシャツのお腹をめくって「おぴ〜ん、にょ〜〜ず」
モニョモニョでまだ話せない時期が一番可愛いそうで、当分このままでいて欲しいようないてほしくないような・・・。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/superusa/26862144
この記事へのコメント
直島は超おすすめです。
アート作品もさることながら、
瀬戸内の小島の、のんびりした空気に癒されます。
子供連れにもおすすめですよ。

アートは只者ではないものが連発ですが、
最も印象に残っているのは、岸壁にぽつんと置かれた草間弥生作品。
不思議と、違和感なく周囲の風景になじんでいました。

いずれにせよ異次元の島です。
私は港に吊り下げられていた、巨大蛸の干物にいきなり圧倒されました。
(これは見せ物ではないのですが・・・)
見所はいろいろありますので、
時間を十分とって訪れる事をおすすめします。
Posted by たびんちぃ at July 04, 2005 19:48
たびんちぃさん、はじめまして、いらっしゃいませ-。

直島情報ありがとうございます。
私は2002年に佐渡島、昨年末と今年のGWに淡路島(夢舞台)を訪れたのですが
島というのは本土と違って、なにか趣がありますね。すぐそばに見えているのに
本土の時間の流れと違うのは不思議です。

お話をきいて、直島への思いはますます募るばかりです。
最低でも2泊はしたいと思っています。
台風が来ると草間作品は移動されるとも聞いていますので
訪れる時期もよく考えないと。
夏休み中は相当混みそうですしね。
Posted by TokyoLifeオーナー at July 04, 2005 22:01