July 06, 2005

大都会の小さなすみか

児童館で借りた本を今日中に返さなくては。
今回は私が読むために「大草原の小さな家」を借りてしまいました。
小学生の頃、図書係をやっていたので、本とふれ合う機会はたくさんありました。
その頃読んでいた本と、再会したくて。

西部開拓時代のつつましくたくましく一生懸命の生活は、今の時代の参考になります。
もちろん大自然から学ぶことは少ないのですが。
都心で生きるための智恵、危険から身を守る方法なら、娘に伝授できそうです。
「人混みの中できょろきょろしては前に進めない。胸を張って行き先だけ見て
歩幅を大きく歩く。そうすれば道がさっと開けるのよ。」とか
「人よりも30分早く行動すること。たいていの行列からはまぬがれるから。」とか
そんな感じです。

家族をみつめなおすチャンスでもあります。昔まだ給料が現金支給だった頃、
給料日になると父は帝塚山のパン屋さんで大量のパンを買い、梅田の紀伊国屋書店で
バインダーや万年筆、切れのいいハサミ、クリップやパンチなどの大量の文房具を買って、意気揚々と帰ってきました。帰宅すると玄関で「ズサーーーッ!」という音がして、私たち姉妹は大喜びしたものです。(もちろん母も)

インガルス一家を見ているとそういう昭和のよき時代を思い出し、ドラマでのいろんなシーンを思い出し、今の家族のことを思うのです。
私が本を読むのに熱中していると、甘えてべたついていた娘も、絵本を広げて読み始めました。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/superusa/27290043
この記事へのコメント
大草原の... で、思わず反応してしまいましたヨ。
僕はNHKのドラマしか見たことがないんですが、
あの雰囲気が大好きでした。

今の仕事がおちついたら、
Astrid Lindgren(←長靴下のピッピ)の
「やかまし村の子どもたち」を読もうと思っています。

自分自身が親となった今こそ、児童文学が旬なんだなぁ〜 と思います。
Posted by Fishbone at July 06, 2005 22:07
Fishboneさん こんばんは-

私の中では
インガルス家の「とうさん」はまさにFishboneさんとイメージが重なりますヨ。
BBQのときの火をおこしたり食べ物を取り分けたりする父像。
(あ- さくらチップの薫製ソーセージ、あれおいしかったですね〜〜〜)

大草原シリーズの書籍(福音館書店)のほうは、随所にある挿し絵が素敵です。
丸太の家の作り方とか、文章だけではイメージしにくいので
挿し絵を見ながら楽しむことができます。

>自分自身が親となった今こそ、児童文学が旬なんだなぁ〜 と思います。
ほんとうにそうですね〜。
私も子育てしながら、やっと本を読む余裕が出てきました。
Posted by TokyoLifeオーナー at July 06, 2005 23:01
ブログ開設おめでとうございます!

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/profile.cgi
より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/profile.cgi?mode=edit&title=Tokyo%20Life%20&address=http%3A%2F%2Fblog%2Elivedoor%2Ejp%2Fsuperusa%2F


お問い合わせはコチラから
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/fmail/cmfmail.cgi
Posted by みんなのプロフィール at July 07, 2005 21:43