2008年01月14日

一作につき100時間以上はかたい

今日のチラシの裏は「サイレントヒル」について。
サイレントヒルというのは、そこそこメジャーなホラーゲームのタイトルです。


そして突然ですが僕はサイレントヒルを愛しています。

どれくらい愛が深いかを説明するには、僕の操る日本語の語彙だけではとても語れそうにありません。

サイレントヒル気鬚笋辰燭海箸里△詈に言えば


様々な角度カメラアングル光の当たり具合を検証確認し看護婦を目を付けたカメラの位置へ誘導おもむろに殴打し撲殺既に息絶えて動かなくなった血塗れの看護婦に何度も何度も鈍器を振り下ろす主人公ことハリーを見て興奮する


くらい愛してます。
やや伝わりにくいですが。


そのサイレントヒルの実写版、つまり映画版を入手しました。
贔屓目に見てる部分もありますが、普通に出来はよいです。
興味がおありの方是非御視聴下さいまし。

きむちーさん宅へ持って行こうかと画策していますが、引かれたりしないかちょっと心配です。

suppappa at 00:26│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔