2008年03月01日

空投げの真価

*間違いを発見しました。
EXカラス→屈B(二段)→EXカラス 

EXカラス→屈B(三段)→EXカラスに変更しました。

ついでに追記。
屈Bはキャラと距離によっては四段でもおkです。
屈B〜EXカラス着弾が連続HITで否連続ガードになります。


とてつもなく長い上に読みにくいです。


<ここがポイント>
画面端でコンボ〜空投げで締める時には、なるべく相手との距離を離してEXカラスを設置したいです。


最終段をバックジャンプ攻撃(もしくはバックジャンプ直空中投げ)→空中投げにしてできるだけ距離を稼ぐ。


裏当てして空中ダッシュで追いかけ画面端へ空中投げ。
このパターンは次回へ保留。

距離を離して空中投げに行く際は、多少連続技ダメージ減少になったりします。
バックジャンプ攻撃をABCのどれから選ぶかは、アドリブで決めます。
JC以外から空投げを狙う場合には
バックジャンプ攻撃→6+E+C
と入力してください。投げ間合い外だった時にちょっとお得。
 
1のパターンは相手との距離がわりと近いです。
ここからの基本パターンはわかりやすく、二通りのみでおkです。

EXカラス→屈Aor屈B(二段)キャンセル動物

EXカラス→図々しく歩いて投げ

という流れになります。
投げは図々しい上単純ですが強いです。相手もビキビキきます。
暴れに強く、ある意味ダッシュ封じにもなり、ジャンプされてもアドバンテージが取れる。開放されてもEXカラスはある程度HITする。

屈Aまたは屈B(二段)は暴れ、ダッシュ、ジャンプ封じになるわけですが。これがHITした時に、EXカラスが連続HITするタイミングでないと勿体無いです。

失敗例をいくつか挙げると。

*空投げ後の間合いが近すぎる。
屈AがHITしてもEXカラスが連続HITしません。
というか、リバサぶっぱとかにも弱くなるので、間合いが近い場合はEXカラスを打たないのが吉。打っても投げのプレッシャーで普通に強いですが。

*空投げ後の間合いが遠い(遠いことはいいことです)。
バックジャンプC四段目空投げ時になりやすい間合い。
屈Aが3HITしないため、EXカラスが連続HITしません。
ここでは屈Bを使うわけですが、とにかく最速を目指してください。
しっかり決めればアルクの上いれっぱにも屈Bは刺さります。
間合いが遠い分、EXカラスのフォローする範囲が広いのでリバサにも強く、且つ屈Bならしゃがみ暴れ潰しとしても有効なので(屈Aでしゃがみ暴れを潰すと、その後のEXカラスが連続HITしない可能性あり)修得すれば戦力うp間違いなしです。

*起き上がりが遅すぎるお寝坊さん。
キシマ、ネロ、青子、レンに注意。
屈Aが空ぶる、または中途半端にHITします。屈Bか屈Cを使ってください。


成功すれば、暴れ、ジャンプ、ダッシュにリターンをとりつつ動物を設置できます。

設置する動物は主にA蛇とEXカラス。
どちらも事前の通常技HIT時にはEXカラスがHITし、決め打ちでもコンボにいけます。

A蛇を設置した場合は多種多様、千差万別の連携になります。
悪く言うと、これが絶対強い!という連携がない。

とりあえず一番危険なのは昇り中段連携。
普通に昇り中段を狙いに行く場合はいれっぱにやや弱い点に注意。
A蛇設置→前方JA下りB昇りB、といったジャンプを牽制した昇り中段もあり。

いれっぱを見切ったなら空中ダッシュ投げを狙ってテクるのもあり。前に書いたダウン追い討ちの狙えるキャラなら面白みが増します。
もちろんミスってシールドがでてもネロ有利。

イレッパやダッシュを潰すのは屈B、ただし屈BがHITした後の状況は非常に見極めづらいです。
一番いいのは屈B後半部があたってA蛇HIT…ですがそうもうまくいかないので、割り切ってカマキリを仕込んどくのもいいかもしれません。
屈Bで浮いてしまってもカマキリ→二段ジャンプでおk。ガード時のスキはA蛇でフォローしてネロ有利にもっていきます。

屈BHIT時のことは考えず固めとして使うなら、A蛇→屈B→B鹿orBカラス(A蛇発動で足止め)もなかなか熱いです。
空中投げを決めた後の間合いが離れてた場合、EXカラス→屈B→A蛇→屈Bは届かない距離になったりします。
そういう時は前方ジャンプ攻撃を振って相手を牽制しつつ、着地から投げ二択もいい感じです。丁度相手の投げ間合い外に着地するはず。

ここに書いたのはほんの一例です。というか、僕の研究自体まだまだです。

次は2ゲージ使ったB鹿召還について

一番いいパターンは
・バックジャンプC四段目空投げ→EXカラス→屈B(三段)→EXカラス→B鹿
!鹿一段目は後方からタックル

次点
・上記より近い間合いで空投げ→EXカラス→屈A→EXカラス→B鹿
!鹿一段目は後方からタックル
ただしこの場合姿勢の低い移動技、ダッシュ等で抜けてくるキャラがいるので注意。

暴れやジャンプ潰しを確認してゲージを使うお得な連携。
・空投げ→EXカラス→屈Aor屈B(二段)→AorB蛇→屈B→EXカラス→B鹿
!鹿一段目は前方からタックル
やや穴があるものの誤魔化しが効きます、鹿一段目前方タックルのおかげで択が強化されるのも魅力的、ただしステップ系のキャラには弱い。


難所は繋ぎの正確さ。屈Bルートは特に
きっちり繋げばなんとB鹿後の低空ダッシュBをジャンプできません。
うっかりジャンプしてしまうとジャンプ移行に低空ダッシュBが刺さって、昇りJBも繋がってしまい、鹿が更に…レデュース無しで5800とかいうショッキングなダメージが出てしまいます。
B鹿後の連携は前の日記を参考にしてください。


拙い文章ですいません。
かなりわかりにくいと思いますので、質問、罵声等はコメント欄へお願いします。
次回は未完成な逆飛ばし空投げルート。

suppappa at 00:00│Comments(6)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 大   2007年01月28日 20:50
なげぇえ!!

でも頑張んなきゃ
2. Posted by あきすて   2007年01月29日 05:02
かなり参考になりました。
supa様は本当に頭の良いお方。
3. Posted by 匿名   2007年01月29日 06:31
EXカラス→屈B(二段)→EXカラス→B鹿
これってB鹿の硬直を投げ後に設置したEX鴉で誤魔化すんですよね?
一発目のEX鴉って相手のしゃがみに当たりますかね?
今回、EX鴉の射出が固定されだいぶ前方に落下するようになったんで
投げ後のような小パン一つ分くらいの間合いだとダッシュに鴉が当たらずに
潜られてB鹿の硬直に・・・とかなりそうな気がします

実際に試したわけでもないですので違ってたらごめんなさい
4. Posted by supa   2007年01月29日 23:18
大君
最初はさつき、コウマ、Vシオン、メカ、秋葉辺りのキャラで練習するといいかも。

あきすてさん
突っ込みどころがあったら、よかったらメールでもガンガン聞いてやってくださいましー。

文章が長いって怒られました!
5. Posted by supa   2007年01月29日 23:30
匿名さん
突っ込みありがとうございます。自分で書いてるだけだと気付きにくい部分もあるので、助かります。

まず全キャラに決まるバックジャンプC四段目空投げは、しっかりギリで投げれば屈Aが1HITしかしない位置に落ちることができます。

この位置からですと、レンの猫歩き、姿勢の低い青子のダッシュ(見た目は当たらないように見えるが、ダッシュの出始めは喰らい判定が大きいため?)にも刺さります。

ただ、いきなり低姿勢から入るっぽいシエルは抜けてくるかもしれません。シエルにこの連携をあまり試していないのでなんとも言えません。
6. Posted by supa   2007年01月29日 23:40
続き

まだどのキャラクターに入るか、状況が厳しいのか優しいのか等々、検証は済んでいませんが
屈Aが届かない且つ屈Bのダウン属性部分を当てられる
という距離に持っていける空投げの連続技も見つかっています。
ここではEXカラス→屈B(この距離では二段)が連続ガードになったりしますので、全キャラに安定するようなら、こちらが主流になるかと思います。

正直な話、セブンスとサマーを持ち合わせるシエルにはあんまり狙う気になれませんが…

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔