2008年01月25日

勝村政信さんのブログ

はじめて、勝村政信さんのブログを拝見しました。

そっか、勝村政信さんはテニスをこよなく愛する人だったのか。


よくTVで拝見させて頂いています。

やっぱり、「HIRO」での印象が強いかな。


ブログの写真を見ると、なんとアゴヒゲが生えてる!!おお!!

ちょちょっと、ワイルド。

そっそして・・・ちょちょっと、びっくり。



この記事を見てわたしも感動しました。
と、同時に笑っちゃいました。

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

――――――――――――――――――――――――――――――――
この手紙は八歳の女の子から、劇場に届いたものです。
舞台に感激して、一生懸命書いてくれた手紙です。


「結髪(あちきの役名ね)のところで涙が出て、テムジンのところでは、レオナルド・ダビンチが絵の前で死んでしまうところを思い出してしまいました。」とても感激したので、どーしてももう一度見たいと書いてくれました。


どの新聞の劇評よりも、素敵な感想でした。みんなに力がわきました。ありがとう。
そして貰ったお年玉で、こんなにのどあめを送ってくれました。
本当にありがとう。
こ、これは、こ、こんなにのどあめくれたのは、僕らの声が汚かったからなのか?(^0^)/
――――――――――――――――――――――――――――――――

  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑

舞台をみて感動して

8歳の女の子が一生懸命手紙を書いて送ってくれる。

わたしはすごいと思います。


わたしは筆不精なので、

文章を書くのが苦手ではないですが、

ハッキリ言うと面倒臭いです。


例え、とても感動しても、

まず、筆をとって手紙を書いて送るなんて事はしません。


それを8歳の女の子がやるとは。

しかも、貰ったお年玉でのどあめを送ってくれるなんて・・・。

確かに、どんな雑誌や新聞の評価よりもうれしいと思います。


でも、確かになんで「のどあめ」なんだ!??

舞台で、よく大声をだして演技するのが仕事だからわからなくはないが。

声が汚かったからなのか?


ぷぷぷっぶはっ

とても、いい記事だなーと思いました。




最近、ブログとか他でいろいろ記事を書くことが多くなったために、
記事を書くことに馴れてきて、


掲示板投稿とか、

コメントとか、

自分の意見をまとめたり、

気楽にTB打ったり、


以前の自分では考えられないようなことが

気楽に早く楽しく行えるようになった自分がいます。


suppon4i32s01 at 09:04│ 芸能乱入記事