2016年12月09日

12/8

トランプショックを乗り越えて、11月末には
月収支がプラ転する所までいったのだけれども、
月末FIXでやらかしてプラス圏維持できず。
さらに12月は月初からの絶不調でオワタ状態でした。

さて、ECB理事会がありましたね。
金利と同時に債券購入額減額のニュースで急騰したけれども、全戻し。
延長期間が増えた事で、全体の額が増額になっているので、
テーパリングではないとの認識が広がり、ユロドルは悶絶下落の
よこよこ状態。
ドル円がこれに反応して急上昇したのもイベント通過で来週の
FOMCを視野に入れてきているなーって感じ。
ポンドルもオジドルもストは総じて下落している事から
ドル買いの流れがあった。
ユロドル、ポンドルあたりは来週のFOMCまでは
上昇しても叩かれて結局レンジ、、、みたいな相場になる気がする。

今日の予定としては、英の貿易収支とミシガンくらいだが、
OPEC加盟国と非加盟国の会談も予定されている。
前回のOPECではまさかの減産で原油が急騰し、
月末FIXでドル円噴火という流れがあったのだが、
今回はどうだろうか。
本日は週末FIXで月末の威力には及ばないが、それっぽい仕掛けが
はいるだろうか、もしくは仕掛けと見せかけての嵌め込みとか。
いずれにしても広めの視野でみていこうと思う。


よず at 16:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月28日

11/28

なんだか動いてますねw
実家の祖父が亡くなり24(木)の朝から帰省、
実家の簡易トレードルームで、、、と思ったのだが
親戚がいっぱい来ていた影響で、その部屋は宿泊用にあてがわれていた。
金曜あたりから持越しSを入れる場所を探そうと考えていたのだが、
トレードは完全に諦めて手伝いに徹していた。

27(日)の夕方に戻り、本日28(月)からトレード再開w
って事で朝7時に起きてみると、すごく弱そうな感じ。
どこかで売りたいなーって思ったけど、スプはワイドだし、
疲労からか咳が出て体調悪く、二度寝して起きたら
爆下げしていた。

タイミングというかなんというか、、
こういう狙っていたのに取れないって、
たぶんピンポイントを狙いすぎなんだろうなー。

ひとまず月、火ぐらいは押し目になると思うので、
戻り売りメインでいこうと思う。それ以降は状況次第。


で、今週の予定なのだが、注目されているのが30日のOPEC総会。
減産で合意したいらしいが、生産上限の凍結を希望する国もあり
まだ足並みがそろっていない。それに加えて24時に原油在庫統計も
あるので、30(水)は原油が注目されそうだ。
それと1日のISM製造業は11月の指数になるのだが、
ドル高が進んだ影響が早速反映されているかどうかも気になる所。
2(金)は雇用統計で4(日)はイタリアとオーストリアでの選挙。
イベント的には週後半にかけてややリスクオフや、ポジ調整といった
流れになってもおかしくないと思われる、がどうだろうか。
あまり決め打ちせずに見ていこうと思う。



よず at 16:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月21日

11/20

すごいドル買いになっているのだが、
ここでアベノミクスの黒田バズーカ2を思い出してみる。

ドル円の日足なのだが、
押し目の底から上抜けの高値までの値幅が約16.5円もある(@_@;)!
日数的なのでは、押し目の下落が8日で上昇が38日で、
時間軸としては、1:4.7くらいの比率で上昇していた。

黒田バズーカ2 ドル円日足
ドル円 日足 黒田2

















で今回は今のところ、安値からは約10円上昇していて
押し目からは12日目くらいにあたる。
前回の比率で見てみると、値幅的にはさらに5円くらい余地があり、
時間軸的には、上昇は18日目くらいまで続いてもおかしくない
とも言える。

前回と全く同じような流れになるとは思っていないが、
似たような流れになる可能性も選択肢の一つとして
考えておいた方が良いと思っている。


ただ、今回はドル買いなので、ドル円だけではなく、
ユロドルなども猛烈なチャートになっている。
ドルストや金など、ドル円に影響を与える指数も多いので
それらの反転でもって、ドル円の反落につながるのではないか。
とも思っている。
全体的なドル買いなので、各指数の影響を受けないはずがないので
全体の流れや雰囲気を見て、反転の兆しをみていこうと思う。



よず at 10:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月15日

11/13

日曜日の出来事。
この世には霊障(れいしょう)なるものがあるらしい。
この世で亡くなった魂はあの世に戻り、輪廻転生を経て
またこの世に転生してくるのだが、死んだ事を理解できない場合や
この世に対して大きな執着がある場合などは、魂がこの世に
取り残されてしまう事があるらしい。
そうなると魂も困るようで、輪廻転生の輪に戻ろうと、
自分の家系で頼れる人についてしまうらしい。
しかし、この世の人ではそれを感じ取れる人はほとんどいなく、
その重みが身体の不具合や精神的部分や人間関係など、
色々と症状として表れてしまう事を霊障という。

以前、知人がその霊障を祓ってもらう為に、天皇家の血筋を引く
陰陽師(おんみょうじ)の先生に会ってきたという話を聞いた時に
まじぱねーって言っていて、すごく興味を持った。
しかし自分には霊障がついていなかったので、知人で霊障が
ついている人を探して一緒に、陰陽師の先生に会いに行ってきた
というのが日曜日の出来事w

知人の霊障自体は、会う前から遠隔である程度やってもらって
いたのだが、それよりもその先生が話す内容がとても興味深く
永遠と話しを聞いてしまっていたw
というのも天皇家の血筋を引いている事で色々と裏方的な
関わりもあるようなのと、歴史も表向きの歴史と本当の歴史
がある事や(事実と差がある事自体はみんな感じているよね)
その一部などを聞かされたw
とんでも話しばかりで、自分としてはおそらくそうなのだろうと
思ったのだが、内容の裏付けをできる訳がないので、
人によっては受取り方が違うんだろうな。と思った。

その中で、この世の大人達はやはり世界統一政府のような物を
つくりたいらしく、それには世界のお金の源泉である中央銀行を
全て抑えたいらしい。近年、世界で戦争があった地域として
アフガニスタン、イラク、リビアなどがあるが、これら全て
中央銀行がないor抑える事が目的だったようで、現在のシリア紛争も
中央銀行が国営だから、民営化してそれを乗っ取る事が目的のようだ。
ちなみに日本銀行も8301でJQに上場している。


以前ロシアが空母を、、って書いたが、
政権交代を狙うアメリカに対して、
それを守ろうとするロシアはいったい???
と少し考えてしまった。

という事で、オカルト好きとしては面白い話しを色々聞けて、
とても楽しかったwという日曜でした。



さて、相場はすごい事になってますね。
政策的、政治的に大きな変化があった時のトレンドって
異常な程に力強く、過去に逆張りしてなんども痛い目にあってきている。
今回も政治的、政策的な転換による影響とされているので、
この流れは単なるご祝儀とは考えにくいと思っていたら、
ドル円は早くも108円台に入ってきている。
しかも全然落ちない(汗)
ユロドルも安値更新中だし、なんかすごいなーーって
傍観に近い状態で眺めている。

今週は17日(木)にイエレン議長の議会証言があり、
前回FOMCで12月利上げについて言及しなかった事から、
12月にやるなら、この辺りから利上げに対する地ならし発言が
行われると想定できる。事実売りが出るかどうかは別として、
17日までは押し目はあっても、さらに爆下げする事は考えにくく、
逆に何かのタイミングで大きく下がった場合は、
買いたい人は多いだろうとも想定できる。
(17日には安倍首相とトランプ次期大統領の初会談もあるようですね)


とりあえずすぐに取り返そうとしないで、ゆっくり地味に
トレードしていこうと思っている。





よず at 06:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月10日

11/9

何これもー、とらうまになるわ。
トランプがフロリダとってオハイオも優勢に傾いたあたりで
トランプの勝ちを想定、売り持ちで当選確実の報道を待つことにした。
しかし、いつになってもなかなか出ずに、次第にドル円は切り上がる。
でも当選確定したら100円を割る所までいかなくても
最後の大陰線くらいはでるだろうと思ってアホールドしていたら
爆上げで爆死。
しかも、もちろん追加Sで売り上がりましたよー。


ただトランプが意外にかっこよく見えた。
というか、2週間前くらいから、トランプと星条旗の組み合わせが
やけにしっくりくるというか、大統領の風格がなぜかマッチしているような
そんな印象を不思議に感じていた。

第三次世界大戦の可能性がどうとか、と懸念する人もいるが、
親ロシア派っぽいし、世界の火種のアメリカVSロシアが緩和される
のであれば、世界的には平和になるのではないか、と思った。


あとは、トランプのアドバイザーの発言で、
イエレンFRB議長の辞任を求めない、
との材料をさっきみつけた。


金曜はアメリカ、カナダが休みだし、久しぶりに心をへし折られたし、
今週はトレード休むかなー。



よず at 07:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月07日

11/4

先週木曜日はポンドがすごかったですね。
英離脱に関しては議会の承認が必要という裁判所の結果がでた。
しかし、政府側は上告する構えで、結果は最高裁までもつれる事になる。
最高裁は12月初めに政府の上告を審理する見通しとの事。

これについて本日7日に政府側からの声明が出されるとの事だったのだが、
何かでたのかな?いまの所それらしきのは見当たらない。
政府の声明で下がった所を買う予定でいたのだが、、、
突然のクリントン材料によって朝からドル買いの流れになって
しまっているので、どうしようか考え中。

大統領選についてはクリントンで当確みたいな感じだが、
英離脱の事もあるので、決め打ちもあれですよね。


それと先週の雇用統計は雇用者数はやや弱かったが、
平均時給が良かった事や、先月の雇用者数が上方修正された事などで
FRBとしては利上げする環境が整ってきているとの認識にあるようだ。

大統領選はクリントンで12月利上げも有力になると
ドル円は買いに傾かざるを得ない流れ。
押し目を待っても浅いだろうけど、選挙の警戒感も残るので、
安易な高値買いも避けたい所。
なるべく優位な所で買えるかどうかかな。

他ドルストはこれから戦略を考えてみようと思う。


そうそう、今日からアメリカも通常時間(冬時間)に変更ですねー。
寝るのが遅くなるから、ずっと夏時間だったらいいのに。




よず at 20:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月02日

11/1

トランプ候補の支持率逆転で、
ドル円が叩き売られてユロドルが無限に買われていた。
マーケット的にはトランプ勝利の可能性もそれなりに
織り込まなくてはならないと考えていると思う。


本日はFOMCがあるのだが、今回の政策内容についての期待は
ほとんどないだろう。
注目ポイントは、声明文に「次回12月会合で利上げを協議する」
などといった文言があるかどうか。
昨年の利上げ前月ではそのような文言があり、
利上げ前の地ならしが行われてた。

今回もそのつもりでマーケットではドル買いが先行していたのだが、
突然のトランプ優勢騒ぎで、ドル買いをリセットする動きになっている。
選挙の行方が不透明になった事で、次回利上げを断定する内容が
出る可能性は低く、FOMC前後でのドル買いが腰折れしている。

次回利上げ協議というような内容が無ければ、初動ではさらに
ドル売りが進むと考えている。
その後は上下に振れるか、反転するか、さらにドル売りが進むかは
相場次第かなーって感じで、明確なトレンドには逆らわない方針でいこう。

腰はだいぶ良くなってきましたぁ。


よず at 16:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月01日

10/31

いよいよきてしまうの??
くるの?こないの?

とオカルト好きの自分は妄想しています。

先週末から突然腰が痛く、コルセットをはめている。
背筋を鍛えることで腰痛は完治したはずだったのだが、、
こんな症状は、東日本大震災以来。
地震直後に整体に行ったら、
地震前後で腰を痛めた人は多かったと言っていた。

11/8はアメリカ大統領選だけど、不穏な感じだし、
11/14は68年ぶりの特大スーパームーンみたい。

トランプ大統領の当選に合わせて、
盛大な人工地震でお祝いとかやっちゃうの?
腰センサーが何やら不穏な雰囲気を感じています。汗



直近の値動きとしては高値を取っていたドル円だが、
ヒラリーメールで急落すると、ユロドルやポンドルなどの
他ドルストは上昇し、戻り歩調になっている。
NYは依然としてポンドルを買っていて、下がるどころかややじり上げ
の方向に向き始めている。ユロドルも買われており、ドル買いしていた
流れが反転してきている。
大統領選で波乱が起きかねないのでドル買いを手仕舞いしているのだろうか。
たしかに選挙に向けてポジを取って傾けるよりかは、ひとまずポジを解消
しておこうって思うのが普通だよね。イベント盛りだくさんで神経質な動きに
なりそうだが、日足でみると結局レンジかー、みたいな流れだろう。
大統領選を波乱なく通過した場合は、12/14のFOMCに向けて
ドル買いの流れが復活すると思っている。

トレード的には金曜の夜中、ヒラリーのメール問題で突然動いてくれたので、
ぼちぼち取ることができた。先週はなんだかやる気のない相場で
取って取られてでいい所が無かったのだが、金曜のおかげで
週間収支もプラスで終える事ができた。

今週はワイドレンジと予想しているが、あまり決めつけすぎないように
相場をあなどらないようにトレードしようと思っている。

それと今週から欧州市場が冬時間(通常時間)になりましたね。
これでロンドンフィキシングは1:00になったけど、アメリカはまだ
夏時間中なのでNYOPカットは23:00のままですね。
来週にはアメリカも冬時間(通常時間)に戻るのだけれども
時間が遅くなるのは生活リズム的に微妙な感じです(><)


さて、今日は日銀政策発表がありました。
予想通りの据え置きだったのだが、値動きの無さは予想以上だったw
黒田総裁の会見も盛り上がらないし、というか、質疑応答では
声小さすぎて何しゃべっているのか聞こえないんですけど〜。
総裁任期の延長について聞かれた時は、一瞬泣きそうな表情を
浮かべた気がして、あまりやりたくなさそうな雰囲気があった。
得意の「躊躇なく」って言わなかったし、あまり前向きな印象ではなかった。
音量MAXでも聞き取りづらく、眠たくなる会見で、
そのまま寝てしまった。

今日の予定としてはISM製造業があるが、
指標警戒はそんなに無い気がしている。
NY時間はアルゴっぽい動きが多いのでデイのトレンド方向に注意しつつ、
節目を意識してトレードしようと思う。





よず at 21:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)