2017年02月22日

2/22

なーんかボラないなーって思っていたら、ドル買い円買いの
ややリスクオフみたいな相場になってますね。
なかでもユロの売られ方が顕著で、
ユロ円がめずらしく主役になっていた。

本日はFOMC議事録があるが、現在の動きからして
あまり重要な感じにとらえられていなそうだ。

議事録は4時なのだが、それよりも気になるのは
23日の3時にNASAが太陽系外惑星について
重大発表を行うと告知している事。

太陽系外惑星といえば、冥王星が太陽系の9番目の惑星と
されていたが、公転軌道が楕円形であることや
(一番近い所だと海王星の内側を回る)、地球などと違い
公転軌道が斜めに入っている事などにより、準惑星に変更されている。
また太陽系外縁天体として冥王星のような楕円形の軌道をした物が
他にも発見された事から、そのような位置づけになったみたいだが、
それらの準惑星に生命体がいるかも、みたない内容だったら面白いなぁ。

地球から4光年離れた所に、地球に似た星があるっぽいって事で、
かなり近い所に発見したという話題もあったが、
探査機を送るのに約20年となると、これもまた先の話だよなーって思っていた。



とまぁ、話がそれたが、
ドル円はトランプの減税期待や利上げ期待で買われたりするが、
基本的に上値が重い状態が続くだろうし、直近高値の118付近は
抜けれないだろうと考えている。
高値を抜くにはアメリカ材料よりも、アベノミクスで生じた期待インフレ率の上昇など、
日本側の材料が必要だと見ている。
通貨の価値を決めるのには基本的に、金利とその国の物価とされている。
インフレ基調の経済では物価が上がる事で、
相対的に通貨の価値が下がるので通貨安になり、
デフレ国の通貨はその反対で買われる理由になる。
現在の日本はアベノミクスの期待インフレ率が剥落し、デフレ経済に戻って
しまっているので、円が買われるのは必然の流れ。
これが解決されるまではドル円の大きな上昇は期待できないと思う。






よず at 22:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月06日

2/6

先週金曜の雇用統計では、雇用者数の増加はあったが、
失業率増加や賃金の伸びが良くなく、ドル円は売られていた。
雇用統計のトレードは無難な感じで良かったのだが、
日中の日銀指値オペ関連の動きでくらいまくり、最悪だった。
収支としては雇用でマイナス分を埋める事ができなかった。

日銀の動きについては完全にノーマークだったので、
今後は気をつけなくてはならない。
指値オペについては、日本10年債利回りを 0を中心として±0.1以内に
収めたいという観測があり、前日午後3時時点での利回りが
0.115%まで上昇していたのが、指値オペを行うきっかけになったとの事。
前日NYからのドル円の値動きを見てみると、指値オペを期待した買いが
入っていた事は見て取れる。その期待に反して、10:10に行われなかった事が
急落の要因で、その失望を受けて、12:30に指値オペを実施した、という流れ。

長期金利「0.1%の壁」突破で注目集まる日銀調節、指し値オペあるか

という事で、日本10年債利回りが0.1を超えていたら、指値オペ実施の
可能性を考えなくてはならなく、そのオペレーションのタイムテーブルとしては
10:10と12:30を基本として考えておこう。


また余談だが、アメリカンフットボールのスーパーボウルが行われており、
AFCとNFCの覇者が戦うのだが、NFC側が勝つとその年の株価は上昇する
というアノマリーがあるらしい。そのアノマリーはひとまず置いておいて、
このアメフトの面白さが半端ない、と最近思うのである。
最初は見る番組が他になく、ルールも解らないアメフトを、
ボーっと流し見していたのだが、だんだん引きつけられてしまい、
全米が熱狂している理由がわかった。
自分もレシーバーとしてやってみたいw と思うくらいに。






よず at 12:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月01日

2/1

トランプでなんだか凄いですね。
入国規制についてはさすがにやり過ぎ感はある。
メディアでは依然として反対運動を大きく取り上げているが、
それでもロイター調べによると、入国規制については賛成の方が
反対よりも上回っているみたい。
また日本が円安方向に為替を誘導していると名指しした事について、
日本の要人から反対発言が相次いでいたが、事実を述べているのは
明らかにトランプの方である。
菅  「(やってるけど、それは) 円安誘導ではなく物価安定のため」 
 「(ポイントで支えているけど・・) 為替レートは目標にしていない」
安倍 「円安誘導という批判はあたらない」
11月12月の爆裂円安では無言で、1月ちょっと円高に振れると
麻生が円高是正方向に発言してたし、過去にも散々繰り返してるよね。

トランプは言い回しややり方が過激で、やり過ぎ感はあるものの、
問題を提議しているポイントについては、いい所をついてきていると思う。



さて本日は、ADP雇用とISM製造業と、FOMCがありますね。
指標については結果次第だし、発表前の漏れには注意が必要っていう
いつもの感じ。
FOMCは発表前までは基本的にドル高方向に圧がかかると見ている。
現在の失業率は4.7%でFRBが提議する完全雇用の枠組みに入って
きていて、見通しも 「多少の緩みはあるが、ここからさらに大きく改善する
事はないだろう」 みたいなスタンスでいる。雇用が埋まれば次は賃金上昇
によってインフレが加速するとの見方から、利上げの重要性が問われてくる。
これらの状況から利上げペースに関する内容と、緩和打ち切りについてなど
タカ派の内容に注目が集まるのではと考えている。
ただ、直近の各通貨のトレンドはドル安方向なので、タカ派色が微妙なら
発表後にドル安方向に流れがシフトする可能性も考えられるし、
それらが入り混じって上下動というのもある。
という事で、いくつか予想をしておいて、その流れになったら、
その方向に乗るようにしていこう。






よず at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月26日

1/25

ダウがザラバで2万ドル行きましたね。
しばらくの間ヨコヨコでもんでいたので、
それが価格的調整の代わりに、
時間をかけての調整って事になりそうだ。
となると2万ドルラインが今度はサポートとして
意識されるようになるのでは、と考えている。

という事で、翌日日経はアゲアゲだろうと想定して
ドル円を買いで持っていたら、5時過ぎの急落で完全爆死した。
ドル円は中期的にみると戻り売りというのは理解していたし、
戻り売り転換のタイミングは意識して探そうとしていた。
それでも2万ドル達成したら日経も強含むから、さすがに
この日や翌日は多少なりとも上がるだろうと思っていたら、
壮絶に間違えた。
月火でわりと取れてほくほくしていたら、それがほぼ全てなくなった。


日経については、外国人の買い越しが840万株
との事で、日経の上昇は固そうだ。
株と為替が当然のようにリンクする意識でいたが、
しばらくは考えを改めなくてはならなそうだ。


他には火曜の出来事だったが、英離脱について最高裁は
議会の承認が必要、との判決を下した。
これでメイ首相は当然ながら議会と色々話し合う事になるのだが、
何やら2/2か2/3あたりにまた別の判決が下されるらしい。
今回の判決ではEUからの離脱についてだったのだが、
EUという単一マーケットからの離脱については、
国民投票で問いかけた内容の範囲外ではないのか、
という事が焦点らしい。
でも、EU離脱=EU単一市場からの離脱 で考えは合っていると
個人的には思うのだが、もしこれが覆されると
条件付きの複雑な離脱になるのか、そもそも離脱に関しての
根底が崩れる可能性もはらんでいる。気がする。
という事で、場合によってはポンドは大変な事になる可能性がある。



さて本日の予定として気になるのは、
英GDP速報値と米新築住宅。
英GDPは速報値なので、動く可能性があり、
前後の動きには警戒しておきたいのと、
米新築住宅は利上げ後の反動減が予測されるし、
直近の中古住宅も数値も悪かったので、
ドル円を売り込む要素として利用してくる可能性がある。

くらった後なので、アツくならずに控えめにいこう。



よず at 09:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月23日

1/23

金曜はトランプ就任式があり、LIVEで観ていた。
日本では総理就任でパレードが行われるなんて事は無いし、
そんな光景は全く想像できない。
ほとんど車に乗っていたので、微妙な雰囲気ではあったが、
海外では日本と違って、民衆が政治家に対して熱狂的な声援を
送るような光景はよく目にする。
それと比較すると日本はしらけているようにも感じてしまうが、
これは民族というか国民性なんだろうな。
企業風土を見ても海外企業と日本企業では異なり、
日本目線では世界が違うように見えるが、世界的にみると
日本が異質に見られているだろう。
良い悪いという事ではなく、日本は世界と比較してみると
色々な分野で独特な独自性を持っているなー。と改めて感じた。


トレードはというと途中から大きくボタンを掛け違うような流れで
マイナスになり、そのままリカバリできずに終わった。
トランプイベントはこれで3連敗。おおよその予測はできていても
瞬間的な上下の振りの影響で、方向性を惑わされていた。
それとアツくなったのが一番の原因だったな。


気になるのはマスコミの報道について。
トランプに関しては主要メディアで批判するような報道が相次いでいる。
その方がウケるからなのか、そういう方向に民衆のマインドを持って行く事が
狙いなのかはわからないが、それに対する民衆の反応は予測していきたいが、
自分自身は特別な感情は持たずにニュートラルな視線でしばらく見ていこうと思う。


さて、今週の予定として目立つものでは、
27日の米GDP速報値があるくらいか。
他イベントとしては微妙だが、
24日に英離脱に関する最高裁の判決
27日にメイ首相とトランプ大統領が会談
27日から2日まで中国が連休になる

英最高裁の判決についてはずっと気になっていたが、
先日のメイ首相の演説によって、「議会の承認を得る」という発言から
あまり意味のない物になっていそうだ。
27日の会談は何かあるわけでは無いが、突然相場に影響を与えるような
発言が流される可能性もあり得るので一応注意しておこうと思う。








よず at 10:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月13日

1/13

今週は大きく変動しましたね。
トレードを簡単に振り返ってみると、
まず先週金曜の雇用統計は、雇用者数は予想以下だったけど、
先月、先々月分が上方修正で上げって、何それみたいな感じ。
それでも指標後の上下は無難に取れたから良かったのだが、
ダウの2万ドルいくいく詐欺がひどすぎて、雇用で取った分を
全て吐き出して終了した。

月曜火曜では雇用を全戻したのだが、流れにほとんど乗れず
ややプラスな感じ。

水曜はトランプの会見があり、会見までレンジかと思い込んでいたら
猛烈アルゴ買いを売り持ちして高値圏で損切り。
会見開始で高値ブレイクトライの上昇があったので、日足TLを
ぶち抜けるだろうと買ったら天井掴みになり損切り。
TLに抑えられて下がったので下値を売りで入っていったら、
序盤はなかなか割れず、またボラが大きく瞬戻しで何度も損切り
という具合に散々だった。
確定損失が膨らむ一方だったのだが、やはり下しかないだろう
という事で、途中からぴょん上げに売りを当込むように修正して
さらなる下落局面を売りスキャで何度か取る事ができた。
底打ちからは翌東京までの長いリバが続いたのだが、
猛烈な下げの後の長いじり上げトレンドって、戻り売りで
捕まりやすいのだが、あのリバでくらわなかったのが幸いで
結果的に当日損失は1/3程度に抑える事ができた。

水曜の下落についてアナリスト達は会見内容がうんぬんとか
言っていたりするが、もともと売る予定だったのだろうと思っている。
そこで会見前に上昇してきたもんだから、TLでひとまず抑えて、
上昇した分がカウンターになって下落が大きくなった。
とみている。

木曜日はNYの戻しにかかわらず東京で全戻し下落したのだが、
寝ていて参加できなかったのが悔やまれた。
それでも欧州、NY時間のトレードが上手くいったので、
水曜の損失額を上回る利益が出たので一安心して、
ブログでも書こうかーって気分になったw


さて本日金曜の予定は、
22:30に米小売り、PPI、24時に米ミシガンがあり、要人発言も少しある。
メインは小売だろう。これもよく漏れている指標なので、指標前の
不自然なトレンドには逆らわないようにしたい。
また本日は各通貨にOPが多く設定されている。
OP絡みの攻防がある可能性や、ドル円については114.50と115.00に
挟まれているので、その影響で現在はレンジのような動きになっていると見ている。
最近は防衛側もなかなか強いので、このままレンジで推移するのか、
それとも指標を使って抜いてくるのか、という具合で観察している。
それ以外にはジブリが影響するかどうかw


そうそう余談なのだが、風の谷のナウシカって原作の漫画があって
たしか7巻くらいまであったのかな。(7巻くらいまで読んだのかな)
で、映画になっているのはその2巻の途中くらいまでなんだよね。
普通の単行本と違ってA4サイズくらいの、大きな存在感がある
本だったなーって少し思い出してみた。
小さい頃映画を観た時は、あの巨大な虫や胞子とか衝撃的だったな。
ナウシカは割と好きな部類なので久々に観てみようかな。


来週月曜はアメリカが休みなので、NY後半はあまり動意がなさそうな
気がするし、金曜にくらうと週末のテンションだだ下がりなので、
あまり冒険をしないでいこう。





よず at 20:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月05日

1/5

昨日はFOMC議事録があり、ドル高に対する懸念事項が
含まれているのでは、との思惑でややドル売りでむかえる。

内容としては、景気の上振れに対して対応したい、ってのや
ドル高がインフレを抑制する、などという内容。
ドル買い、ドル売りともどっちとも取れる内容で
アメリカ10年債は上下に振れ、それに合わせて通貨も
上下に振れていた。最終的にはややドル売りでNYが引けると

本日東京で、ドル円が急落していた。
さらに欧州時間に日足のネックラインを突破している。
12月FOMC前の高値だった 116.11 ラインと
直近安値の 116.03  ライン
加えて買いオーダーのある 116.00 ライン

この辺りは重要な節目が複数あり、これを抜けると
基本的には売り目線になるのだが、
本日はISM非製造業がある。
これは、TOP of 漏れ指標 と言っても良いほど漏れまくっている。
そして昨年の利上げするする詐欺の時など、
利上げを遅らせる口実みたいな時は悪い数値が出てくるが、
それ以外はだいたい良い数値が出てきている指標でもある。

火曜日のISM製造業がドル高の状況下でも良かったので
良い数値が出そうな気がするのだが、どうだろうか。
現在は全体的にドル売りの流れなっているが、
次第に指標に向けた思惑が通貨に影響を与えると思われる。
116円台に乗り直すかどうか、これからの欧州時間とNY開始前あたり
までじっくり見ていこうと思う。


よず at 17:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月03日

1/3

あけまして おめでとう ございます。

年末年始と予想以上に動いていますね。
ドル円は118円をいつの間にか回復しているし、
ユロドルは30日の暴騰から、早くも最安値付近まで全戻ししている。
ユロについては東京買いの欧州売りが顕著であり、
それが年明けも継続している。

まだ頭は正月モードから抜け出せていないが、
徐々にならしていこう。

という事で、今年も地味にがんばっていきましょう。
本年もよろしくお願い致します。



実家近くにある、静波海岸の初日の出です。

IMG_3742-1 立て 

よず at 22:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)