2017年01月13日

1/13

今週は大きく変動しましたね。
トレードを簡単に振り返ってみると、
まず先週金曜の雇用統計は、雇用者数は予想以下だったけど、
先月、先々月分が上方修正で上げって、何それみたいな感じ。
それでも指標後の上下は無難に取れたから良かったのだが、
ダウの2万ドルいくいく詐欺がひどすぎて、雇用で取った分を
全て吐き出して終了した。

月曜火曜では雇用を全戻したのだが、流れにほとんど乗れず
ややプラスな感じ。

水曜はトランプの会見があり、会見までレンジかと思い込んでいたら
猛烈アルゴ買いを売り持ちして高値圏で損切り。
会見開始で高値ブレイクトライの上昇があったので、日足TLを
ぶち抜けるだろうと買ったら天井掴みになり損切り。
TLに抑えられて下がったので下値を売りで入っていったら、
序盤はなかなか割れず、またボラが大きく瞬戻しで何度も損切り
という具合に散々だった。
確定損失が膨らむ一方だったのだが、やはり下しかないだろう
という事で、途中からぴょん上げに売りを当込むように修正して
さらなる下落局面を売りスキャで何度か取る事ができた。
底打ちからは翌東京までの長いリバが続いたのだが、
猛烈な下げの後の長いじり上げトレンドって、戻り売りで
捕まりやすいのだが、あのリバでくらわなかったのが幸いで
結果的に当日損失は1/3程度に抑える事ができた。

水曜の下落についてアナリスト達は会見内容がうんぬんとか
言っていたりするが、もともと売る予定だったのだろうと思っている。
そこで会見前に上昇してきたもんだから、TLでひとまず抑えて、
上昇した分がカウンターになって下落が大きくなった。
とみている。

木曜日はNYの戻しにかかわらず東京で全戻し下落したのだが、
寝ていて参加できなかったのが悔やまれた。
それでも欧州、NY時間のトレードが上手くいったので、
水曜の損失額を上回る利益が出たので一安心して、
ブログでも書こうかーって気分になったw


さて本日金曜の予定は、
22:30に米小売り、PPI、24時に米ミシガンがあり、要人発言も少しある。
メインは小売だろう。これもよく漏れている指標なので、指標前の
不自然なトレンドには逆らわないようにしたい。
また本日は各通貨にOPが多く設定されている。
OP絡みの攻防がある可能性や、ドル円については114.50と115.00に
挟まれているので、その影響で現在はレンジのような動きになっていると見ている。
最近は防衛側もなかなか強いので、このままレンジで推移するのか、
それとも指標を使って抜いてくるのか、という具合で観察している。
それ以外にはジブリが影響するかどうかw


そうそう余談なのだが、風の谷のナウシカって原作の漫画があって
たしか7巻くらいまであったのかな。(7巻くらいまで読んだのかな)
で、映画になっているのはその2巻の途中くらいまでなんだよね。
普通の単行本と違ってA4サイズくらいの、大きな存在感がある
本だったなーって少し思い出してみた。
小さい頃映画を観た時は、あの巨大な虫や胞子とか衝撃的だったな。
ナウシカは割と好きな部類なので久々に観てみようかな。


来週月曜はアメリカが休みなので、NY後半はあまり動意がなさそうな
気がするし、金曜にくらうと週末のテンションだだ下がりなので、
あまり冒険をしないでいこう。





よず at 20:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月05日

1/5

昨日はFOMC議事録があり、ドル高に対する懸念事項が
含まれているのでは、との思惑でややドル売りでむかえる。

内容としては、景気の上振れに対して対応したい、ってのや
ドル高がインフレを抑制する、などという内容。
ドル買い、ドル売りともどっちとも取れる内容で
アメリカ10年債は上下に振れ、それに合わせて通貨も
上下に振れていた。最終的にはややドル売りでNYが引けると

本日東京で、ドル円が急落していた。
さらに欧州時間に日足のネックラインを突破している。
12月FOMC前の高値だった 116.11 ラインと
直近安値の 116.03  ライン
加えて買いオーダーのある 116.00 ライン

この辺りは重要な節目が複数あり、これを抜けると
基本的には売り目線になるのだが、
本日はISM非製造業がある。
これは、TOP of 漏れ指標 と言っても良いほど漏れまくっている。
そして昨年の利上げするする詐欺の時など、
利上げを遅らせる口実みたいな時は悪い数値が出てくるが、
それ以外はだいたい良い数値が出てきている指標でもある。

火曜日のISM製造業がドル高の状況下でも良かったので
良い数値が出そうな気がするのだが、どうだろうか。
現在は全体的にドル売りの流れなっているが、
次第に指標に向けた思惑が通貨に影響を与えると思われる。
116円台に乗り直すかどうか、これからの欧州時間とNY開始前あたり
までじっくり見ていこうと思う。


よず at 17:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月03日

1/3

あけまして おめでとう ございます。

年末年始と予想以上に動いていますね。
ドル円は118円をいつの間にか回復しているし、
ユロドルは30日の暴騰から、早くも最安値付近まで全戻ししている。
ユロについては東京買いの欧州売りが顕著であり、
それが年明けも継続している。

まだ頭は正月モードから抜け出せていないが、
徐々にならしていこう。

という事で、今年も地味にがんばっていきましょう。
本年もよろしくお願い致します。



実家近くにある、静波海岸の初日の出です。

IMG_3742-1 立て 

よず at 22:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月22日

12/21

ドル円の下値、かた過ぎでしょww
ドル円はクリスマス休暇前に調整があるかと思ったけれども、全然。
週足はめずらしく陰線継続中だけれども、日足はヨコなので
単なる高値圏レンジですね。
何度かS持ちでひっぱろうかと思ったが、下があまりに硬くて断念。
昨日はユロやポンなどの他ドルストが堅調に上昇して、日経も軟調だったから
もっと崩れてもおかしくなかったのに、下値が抑えられていた。
さらに中古住宅の発表後から上昇に転じていた。

米指標については、利上げ前のかけこみ需要があったのかもしれない。
となると、本日の耐久財や金曜の新築住宅も良い数値が出てくるかも。
それを期待しているとなると、下がる要素なくなりますね。

ダウは時間外の先物で2万ドルつけていたようだが、
やっぱりざら場中につけないと気が済まないだろうな。
昨晩サクッとつけるかと思ったがヨコヨコだったので、
一度押して、助走をつけてからのぶち抜けなのか、どうだろう。
2万ドル達成感を意識すると、逆に2万ドル達成までに
大崩れは考えにくい。
という事で、商いが徐々に細っている中でもあるので、
あまりアツくならずに、レンジを少し取れたらいいか。
くらいの気持ちで年末を迎えよう。



よず at 10:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月16日

12/15

FOMCは予想通りの利上げでドル買いで反応し、
声明文の内容で2017年の利上げペースが2回から3回に
上方修正した事でドル買いがその後も進んだ。

状況次第でドル円に事実売りを入れようと思っていたのだが、
そういう相場ではなかったので売りはスキャに限定した。

FOMCで上昇して木曜日も上昇したら、そのタイミングでスイングSを
入れようと考えていたのだが、上手く入れれなかった事や、ユロドルの
動きが気になり、スイングSはもう少し入れるタイミングを見ていこうと思う。

というのも、ユロドルはここ2年くらいレンジを形成していたのだが、
そのレンジの下限である、1.0461付近を下抜けた事による。
これによってユロドルは少なくとも数日間は下押し圧力が継続する。
勢い余ってパリティを目指す可能性も考えると、ドル円に対しても
ドル高方向に影響を与えるはずなので、ドル円の売りポジを
慎重に考えた。
ドル円Sの候補としては19日か20日か、その辺りでまた考えよう。

それとユロドルについては1.0461を背に戻り売りの流れ。
もしそのラインを上抜けた場合はベアートラップになる可能性もあるので、
ラインの下なら戻り売り、上ならサポートになるかどうかを確認して買い。
セオリー通りだけれども大相場ではセオリーが一番有効だと思う。


ユロドル月足
ユロドル 月足

よず at 06:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月09日

12/8

トランプショックを乗り越えて、11月末には
月収支がプラ転する所までいったのだけれども、
月末FIXでやらかしてプラス圏維持できず。
さらに12月は月初からの絶不調でオワタ状態でした。

さて、ECB理事会がありましたね。
金利と同時に債券購入額減額のニュースで急騰したけれども、全戻し。
延長期間が増えた事で、全体の額が増額になっているので、
テーパリングではないとの認識が広がり、ユロドルは悶絶下落の
よこよこ状態。
ドル円がこれに反応して急上昇したのもイベント通過で来週の
FOMCを視野に入れてきているなーって感じ。
ポンドルもオジドルもストは総じて下落している事から
ドル買いの流れがあった。
ユロドル、ポンドルあたりは来週のFOMCまでは
上昇しても叩かれて結局レンジ、、、みたいな相場になる気がする。

今日の予定としては、英の貿易収支とミシガンくらいだが、
OPEC加盟国と非加盟国の会談も予定されている。
前回のOPECではまさかの減産で原油が急騰し、
月末FIXでドル円噴火という流れがあったのだが、
今回はどうだろうか。
本日は週末FIXで月末の威力には及ばないが、それっぽい仕掛けが
はいるだろうか、もしくは仕掛けと見せかけての嵌め込みとか。
いずれにしても広めの視野でみていこうと思う。


よず at 16:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月28日

11/28

なんだか動いてますねw
実家の祖父が亡くなり24(木)の朝から帰省、
実家の簡易トレードルームで、、、と思ったのだが
親戚がいっぱい来ていた影響で、その部屋は宿泊用にあてがわれていた。
金曜あたりから持越しSを入れる場所を探そうと考えていたのだが、
トレードは完全に諦めて手伝いに徹していた。

27(日)の夕方に戻り、本日28(月)からトレード再開w
って事で朝7時に起きてみると、すごく弱そうな感じ。
どこかで売りたいなーって思ったけど、スプはワイドだし、
疲労からか咳が出て体調悪く、二度寝して起きたら
爆下げしていた。

タイミングというかなんというか、、
こういう狙っていたのに取れないって、
たぶんピンポイントを狙いすぎなんだろうなー。

ひとまず月、火ぐらいは押し目になると思うので、
戻り売りメインでいこうと思う。それ以降は状況次第。


で、今週の予定なのだが、注目されているのが30日のOPEC総会。
減産で合意したいらしいが、生産上限の凍結を希望する国もあり
まだ足並みがそろっていない。それに加えて24時に原油在庫統計も
あるので、30(水)は原油が注目されそうだ。
それと1日のISM製造業は11月の指数になるのだが、
ドル高が進んだ影響が早速反映されているかどうかも気になる所。
2(金)は雇用統計で4(日)はイタリアとオーストリアでの選挙。
イベント的には週後半にかけてややリスクオフや、ポジ調整といった
流れになってもおかしくないと思われる、がどうだろうか。
あまり決め打ちせずに見ていこうと思う。



よず at 16:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月21日

11/20

すごいドル買いになっているのだが、
ここでアベノミクスの黒田バズーカ2を思い出してみる。

ドル円の日足なのだが、
押し目の底から上抜けの高値までの値幅が約16.5円もある(@_@;)!
日数的なのでは、押し目の下落が8日で上昇が38日で、
時間軸としては、1:4.7くらいの比率で上昇していた。

黒田バズーカ2 ドル円日足
ドル円 日足 黒田2

















で今回は今のところ、安値からは約10円上昇していて
押し目からは12日目くらいにあたる。
前回の比率で見てみると、値幅的にはさらに5円くらい余地があり、
時間軸的には、上昇は18日目くらいまで続いてもおかしくない
とも言える。

前回と全く同じような流れになるとは思っていないが、
似たような流れになる可能性も選択肢の一つとして
考えておいた方が良いと思っている。


ただ、今回はドル買いなので、ドル円だけではなく、
ユロドルなども猛烈なチャートになっている。
ドルストや金など、ドル円に影響を与える指数も多いので
それらの反転でもって、ドル円の反落につながるのではないか。
とも思っている。
全体的なドル買いなので、各指数の影響を受けないはずがないので
全体の流れや雰囲気を見て、反転の兆しをみていこうと思う。



よず at 10:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)