2014年01月16日

1/14

もーー、まじ大変だった。。
途中までは結構取れていて +100 までいったのに、NY時間から悲惨な目にあった。この日はドル円クロス円達が1日中もどり続けていて流石にそろそろ落ち着くんじゃないのかなーって、売りを入れたりしていたら、どんどん加速してきて、NY後半になると全く下がろうという気配さえなくなった。ドル円なんて完全に買い方いるし。でもブレイク狙いで買ってみたら失敗したし。そんでまたポン円で売り直したらまた高値更新されて捕まる始末。。。
取り返すにはポン円しかないなーって感じでポン円をずっとショートしていたんだけど、気がつくと高値更新される感じで、とりあえず半分は損切りして、やっぱ上がりきらないじゃんって所で半分売り直してって感じで持っていた(持たされていた)
米GDPが上方修正とか、企業決算が良かったとか、なんとか議事録で経済が良くなってきているとか、予算合意とかそんな感じのニュースが断続的に出ていた気がする。

東京時間になったら下がるだろうと、、そして仲値までは調子よく下がってくれて利確目標を171.00にしてみた。そしたら10時にあと6pips位の所で超絶切り返されて諦めた。損切り。


1-14  15 ポン円 
ポン円5分足

前日から約30時間くらい起きっぱなしだった。疲労困憊で思考能力も落ちていただろう。目も全然見えなくなっていて、チャートのロウソク足が、実線なのかヒゲなのが見えないレベル。しかものど痛いしたぶん風邪ひいた。まさに踏んだり蹴ったり
ありがとうヽ(^o^)/  


-263

よず at 00:53|PermalinkComments(14)TrackBack(0)

2014年01月14日

12/13

12/13

月曜は成人の日で休日。朝一はあまり動きがなかったから東京時間はそんなに動かないだろーと思っていたら、10時過ぎから急落していた。
あー下がっちゃった。。 と思ったが世間は休日だし、なんか体だるいしって事で寝まくった。24時過ぎに起きてみると相場は23時頃に安値を付けて戻り高値を形成しているように見えた。1時ごろにドル円を売ってみたりしたが思うように下がらず適当に決済して他の事していたら、いつの間にか下がってきていた。
23時頃が底だったと思い込んでいたので下落が一次的に止まった箇所でポン円に何回か買いを入れていたのだが、これがことごとく損切りになり発狂しそうになった。
損切り⇒ロットを上げる⇒損切り⇒ロットを上げる⇒損切り という負のスパイラルが繰り返され、あっという間に確定損失が-100に達してしまった。パッと見キレイにチャートがうねっているように見えた事や、底は23時頃だったという固定観念など、たいして思考することなくテキトーにエントリーしてしまった事が問題だった。それに加えてアツくなってしまった事も。下落の要因は恐らくダウが下がりっぱなしだったことだろう。
ポン円は1円幅の一方通行。
大きくうねっていたので底打ちすればリバも大きいはず。と考えてリバ取りに専念することにしたが、23時頃の戻りの様にはなかなか戻ってくれなかったので、細かく取る方向に変更した。ってかダウが全然上がらん。。結局引けまで下げ続けたし。
ドル円の底値圏レンジで何度か取り、他通貨でも少し取れて、ひとまず見れる程度の損失額に抑えることができた。6時を回りスプが広くなった所でひとまず終了した。


1-13  ポン円
ポン円5分足


1-13 ドル円
ドル円5分足



-29





よず at 22:13|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2014年01月11日

1/10

雇用統計。

指標警戒感から様子見であったが、欧州時間からポンドが売られてきた。戻るかなーって買いを入れたりしていたが、期待する程のリバはなかった。と思ったら英指標で急落した。ジワ下げからのリバ無し&指標急落って、、相変わらず漏れているな。。。多少取れたから良かったが雇用統計があるという理由だけで逆張りしていたらやられていた。ってか先月のFOMCの日に上昇するポンドル売って死んだので、その経験が少し役立ったのかもしれない。


さて雇用統計はというと、
ADPの数値は良く期待されていたようだったが、雇用者数は予想を大きく下回った。

非農業部門雇用者数(NFP)は 予想19.7万人 で、結果は 7.4万人 であった。

失業率は 予想7.0% に対し 結果6.7%と良かったが、↑の数値がネガティブサプライズになった。
指標発表直前でドル円は上昇したが、指標前の動きに逆指値の買いが引っかかったようだった。(ワザと狙ったのかな?)その直後に急落したので逆指値買いを入れていた人はつらかっただろう。


ドル円5分足
1-10 ドル円










指標トレードでは割と取りやすかった。その後の値動きや他通貨にしてもセオリー的値動きが多く、無難に取れた気がしている。あまり引っ張る事はできなかったが細かく何度もエントリーしてコツコツ取った。もっともっとエントリーできた箇所はあったが、今度はくらうかも、、って感じに手控えたチャンスは何度かあった。
ドル円は下値張り付きだったので来週は100円に向けてやや円高が進む方向かな。ポジがある訳ではないが個人的にはもう少し円高に傾いてほしいと思っている。


+166



よず at 04:45|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

2014年01月10日

1/9

あけおめ(^-^)/

まずは昨年12月の損益から。
+127
中盤までは乱れることなくこなしていたのだが、FOMC付近で大きく踏み外して失速した。
最後にやや取り返してプラス圏を維持したような感じ。
値動き的にもチャンスは増えている印象なので、大きなうねりに飲み込まれないよう
ボラが大きい時ほど集中して真剣にトレードに望みたい。



さてさて、
年末はやたら円安が続いていたので年が明けたらその分、円高の流れになるかなーって思っていたら年明け早々に巻き返しで円高になった。
一応トレードしてみたが、流れが一方的過ぎて全然上手くいかなかった。
というか、くらいまくった。。
激しくくらってコツコツ取り返すみたいな、年初から、予測していたのに取れない日が続き凹んだ。

1/2  -26
1/3   +1
1/6  -52


今週は重要指標が盛りだくさんだった。
ISMやFOMC議事録、ECB総裁会見など。
しかし、1/9のドラギ会見ではユーロが動いたが、FOMC議事録なんてせっかく夜中の4時に起きて見ていたのにほとんど動いてくれなかった。内容は事前に伝わっていた内容で特に目新しい内容がなかったから。FOMC議事録ではほぼノートレだったが、その日はなんだか取りやすく意外にけっこう取れた。

またここ1〜2年、ECB総裁の会見ではかなりの確率で大損しているので、それを思いだし警戒していた。
ドラギはユーロ高要因なイメージがあったが (マイナス金利をチラつかせても上がったりしたので) さすがにQE縮小が効いてきたのか、特に変わった内容は話していないようだったが今回ユーロは売られた。
会見中の値動きとしては過去に経験があった動きであったが、上下にブレながら動くと怖くてなかなかホールドできないよね。ってかもっと信念を持って持てるようにならなきゃだよな。
ひとまずプラスで乗り切れただけでもミッションクリアってことにしておこう。

1/7  +34
1/8 +109
1/9 +12


よず at 09:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年12月30日

種子島サーフトリップ

種子島サーフトリップの巻

どもども。
年末年始は友人と種子島でサーフィンすることにした。
その友人に最近つらい出来事があり、海に入ってキレイさっぱり水に流そうツアー
ってことで急遽企画してみたw 

そろそろ千葉も実家の静岡も寒いのでどこか暖かいとこでやりたいな。
沖縄、奄美、種子島の三択だったのだが、沖縄はレンタカーが空いていなく断念。
奄美はリーフブレイク(沖縄もだけど)が多く干潮時は入れないポイントが多いとか、
ビーチのメジャーポイントはローカルがどうとか色々書いてあったので、やめた。
種子島は友人の話では、ビーチブレイクが多く、遠浅で、色々なところで波が立っているとのことで、やっぱトリップの醍醐味は混雑を気にすることなく乗りまくることだろう。
ということで種子島になった。南国ではないけれども、鹿児島の下だし、
千葉より暖かければいっか。


29日
羽田から種子島の直行便は無いので、このプロペラ機で鹿児島乗り換えになる。
鹿児島空港から約25分

プロペラ機1



















で種子島に降り立ったわけだが、普通に寒く、服装は東京にいるのと同じでやや萎えていたが
サーフショップで聞いてみたら水温は結構暖かいとの事。そんでついでにポイントも紹介
してもらった。


島
















ちなみに種子島は鹿児島の下にあって、屋久島のとなりあたりにある縦長の島。


初日は住吉というポイントに入った。
サイズは胸肩〜頭くらい。
インサイドは流れが強い場所もあったが、ピーク付近ではほとんどカレントは気にならなかった。
ただピークまで少し距離がありパドルがしんどかった。
波質はサイズのわりにピークではゆっくり崩れていてかなり乗りやすく、ミドル付近から
ほれるような印象。ポイントに入った時は6人くらいだったが、どんどん人が増えて、20人くらいまで増えた。それだけこの日はここのコンディションが良かったみたい。



30日
少しでも南国気分を味わってみたく縦長の島の最南端にあるビーチに来た。
南面海岸1














キレイな海だったが波はほとんどなく、ここでは入らなかった。
波を求めて島中をうろうろしていたが、良さげなポイントは見つけられなかった。



島の雰囲気は

ヤシ1
















こんな感じに大きなヤシがあったり、


さとうきび1






















さとうきび畑がよく目についた。



この日の夜から食あたりになり、翌日の午前中(大晦日の日)に病院に行った(>_<)
もうダメかと思ったが、薬が効いてくれてなんとか復活w


31日
ショップの人に東面にあるハングリーというポイントは必ず見た方が良いと言われ、
そのポイントを探しに行った。
ハングリーとは波が割れている所が沖の方で、そこまでパドルするのに距離があり、
腹が減るって意味でハングリーという愛称になったみたい。

ハングリー1















たしかに沖の方で割れているね。

この日はハングリーで入った。
300〜400m程パドルしてポイントにつくと、他のポイントにあまり波がなかった影響で
ハングリーにはかなり人がいた。
ポイントブレイクは人が多いとかなり大変なのだが、意外と快適だったので
ついつい長居してしまった。その快適というのは、岸から離れているわりに遠浅で
足がつきそうなくらい底がくっきり見えていたのと、流れもなく、うねり以外の海面のざわつき
もなかったので入っていて気持ちがよかった。
行きと帰りのパドルはめんどくさいが、海が穏やかだったのでそこまで負担に感じなかった。


1/1
種子島の宇宙センター付近に来た。
ロケット2






















宇宙兄弟もちろん見ています(^O^)
少し観光もしたかったが、流石に宇宙センターはお休みだった。


この日もハングリーで入って夕方便で羽田に帰った。


荷物1




















ということで、
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします(^-^)/


よず at 06:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2013年12月29日

12/18-12/27

注目のFOMCではついに金融緩和が縮小された。
しかし縮小規模はあまり大きくなかったというのが金融機関の意見のようだ。

この日、発表までは警戒感から様子見であったが英指標が良かったことで
ポンドが超絶買われていた。他通貨が動かなかったから当然のことながらポンドルで取引を
した訳だが、FOMCまでにかなりくらった。
緩和縮小が予想されていたから、指標までに当然調整があると考えてSしまくっていたのだが
ほとんど落ちることなく指標の時間になった。指標ではいい感じに乱高下していたので
そこそこ取れたのだが、ポン円を軽くSして持っていたら、明け方にかけてドル円が買われ続け
かなりしんどかった。
トレードってメンタルの影響を大きく受けるから、こういうのでかなり調子を崩すんだよね。
ってことでFOMC含めて金曜まで上手くいかなかった。

12/18 -93
12/19 -9
12/20 -81


次の週はクリスマスから年末年始に入るので今年のトレードはもう終了かなと思っていたが、
週後半は意外と動いた。特に27日のドルストの動きはひどかった。用事があり、あまり
トレードできなかったが、一方通行すぎて難しかった。


12/23 +8
12/24 0
12/25 0
12/26 +17
12/27 +44


待ちに待った縮小が開始されたことで、閑散相場になりそうなこの時期でも
動いてきているので、年明けの相場もある程度ボラが継続してくれそう。



よず at 01:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年12月18日

12/17

まずは12/16
この日は東京時間から動いていて前場後半あたりから開始。
下がっていたのだが細かくジグザグしていて方向感がつかめず
損切り連発だった。 -85
冷静さも失っていたので、少し間をおいて時間をかけて取り返そうと考えた。

欧州時間から再度参戦。やや取り返していたが、NY時間にまた取られるなどしたが、
損失額は東京時間に比べて抑えることができた。

-45


12/17
東京〜欧州時間は凪だった。この日からFOMC開始ということで
様子見が強かったのかもしれない。
というか月曜日に動くと火曜日は動かないイメージもなぜかあるんだよね。

と思っていたら欧州後半〜NYにかけて動いてきた。
ドル売り相場だったが、ドル円も売られていた。
こうなるとクロス円の下げが大きくなる。ただ必ず反発があるはずと考え
ポン円の転換点をねらった。が、あまり上手くいかずトントンだった。

他気になったのはオジドル。直近安値を更新して8月に付けた二番目の安値辺りで止まった。
テーパリングしたら8月の安値を更新しそうだけど、これはどの程度織り込まれているのだろう。

+65


よず at 12:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2013年12月14日

12/13

ユーロドルがやけに強いのはデフレ通貨というのが理由のよう。
FOMCまでの動きが気になっていたが、1.38をつけてからベクトルが変わった感じがしている。


12/12
この日は外出していたのでトレードは2回だけ。

+15


12/13
東京時間はドル円中心に正午過ぎにかけて上がってきていた。
14時を回った辺りでユーロ円にSを入れて少し取った。
と思ったらさらにさらにずるずる下がって悔しい思いをした。
下げ局面では戻りが少なかったのでSを入れるタイミングが難しく、
少し走った所でLを入れるなどして少しずつ取った。

欧州後半〜NY前半までは忘年会で外出していたが、その時間帯に
ドル円、クロス円達はさらにずるずる下がり、もどかしかったが、
値動き的に得意な形ではなかったので外にいて良かったかもしれない。

FIX辺りから参戦したが、あまり深追いせずに少しだけトレードして終了した。

今日の動きでここ最近上がり続けていたクロス円にも変化が出てきた気がしている。
また上がっても適度に調整があるだろうし、このまま下がったとしてもある程度急落すれば
自然とリバが入るはずなので、引きつけてエントリーすれば無難に取れるのではないか。

+63


よず at 03:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)