講演会その他

2010年10月31日

新潟のお宝発見(101024報告)

862c56b7.jpg今回の新潟訪問は、「全国路地サミットin新潟」の事務局からお招きいただいたもの。「まちの楽しみ方」の一例として、スリバチ学会的な断面的まち歩きを『坂の下の路地』というタイトルで紹介させていただきました。
新潟の市街は空襲をまのがれたため、木造の長屋や小路(新潟ではこうじと呼んでます)が市民の生活に活かされながら数多く残っています。加えて、かつての市街には多くの掘割がありましたが、高度成長期の都市開発で掘割が埋め立てられて市街が整備され、都市の骨格を変えるような大手術を行わなかったことで「江戸期の都市構造が今でも残っている」と言えます。このあたりが大名屋敷という都市の包容力を持った江戸・東京と似ていますね。
そんな町の財産を「お宝」として自主的に紹介していたのが、野内氏をはじめとする新潟の路地好きな方々。そのアクティブな市民活動に、新潟市が「市民参加」ならぬ「行政参加」をして、より広く紹介できるよう「お宝掲示板」の整備やシティーガイドなどの支援を行っています。
飾らないまちの魅力もさることながら、そんな素敵な関係って、まちのお宝に違いありません。

suribachi at 13:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年02月17日

スリバチ講演会

2005年2月17日、M不動産にて、スリバチ学会会長、皆川典久によるレクチャーが行われました。

suribachi at 14:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)