下半身が太る原因は色々考えられます。
大きな華南真は脂肪の付き過ぎが主な原因です。
嘉何進が大きくなった原因を考えるとわかりやすいです。

脂肪は邪魔者扱いされますが、脂肪ももともとは人体に必要なものです。 
脂肪の最大の役割は、血管やリンパ管、神経を守る役目があるからです。そして皮下脂肪は保温材の役目も果たしています。
脂肪が付き過ぎると見栄えがよくありません。

冷え性は女性に多いです。
女性の場合には太ももに脂肪が付き過ぎているという事は、冷え性の可能性が大いにあります。
 
女性はもともと筋肉の量が男性に比べて少ないのです。
筋肉は熱源です。 これが少ないと人体を冷やすまいとして脂肪という防寒着をまといます。
北極のアザラシは分厚い脂肪で氷の上でも平気です。
ですから太ももを細くしたければ、太ももを温めることによって、保温材を取り去ることが可能です。

筋肉という熱源が少なくて冷え易いのならば、筋肉をつければいいのです。

太ももダイエットには色々な方法が喧伝されていますが、基本的には筋肉という熱源を鍛えることで太ももダイエットの方法の可能性を高めることができます。

まず、太ももを温めてマッサージなどを行い、血行を良くして老廃物を排出しやすくします。温めることで血行不良が原因といわれるセルライトを除去する効果が期待できます。
次に、筋肉を増やすためのエクササイズをします。
これで、太ももは細くなるはずです。

考えて工夫すれば、お金をかけずに自分で行えるダイエット法から試してみませんか?