わし的世界見聞記♪

日本と世界の様々な問題について考えます♪

中東での資源戦争につきまして

新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。初回が6日になってしまいました。去年の12月に眼瞼下垂の手術を受けたのですが、12月下旬以降、猛烈なドライアイになってしまいまして、PCでの長時間作業が厳しくなってしまいました。目薬やらサプリやらを駆使して、回復している最中でございます。もうちょっと早く回復してくれると思ったのですが。

今日のお題は、引き続き資源戦争ですが、原油がメインになります。丁度昨日、サウジアラビアとイランが断交致しましたが、資源戦争の一環であるかと思います。現在全世界規模でこの争いが起きております。

続きを読む

真面目な話で消費税率を引き下げましょう

今日は「真面目な話で消費税率を引き下げましょう」です。先日発表された2015年7〜9月期の実質成長率予測(前期比年率)は0.13%減で、史上初の二期連続のダウンだそうです。景気後退ということです。「ゆるやかな回復基調」と言う文字を日経新聞で見た記憶があるのですが、明確に「景気後退」です。ネットで見かけた情報ですと、財務省が「各種統計に使用されている科目が誤っているから、数字がマイナスになる!」と訴えているようです。まるで中国共産党幹部のような発言です。続きを読む

欧州の難民問題を見れば日本が移民受け入れなどはありえない

今日は欧州の難民問題を見れば、日本が移民受け入れ、などはありえない政策だ、について書いてみます。2015年12月現在で、EUはアフリカ、中東、中央アジアなどからの難民流入で大混乱に陥っております。人数は100万人超えで、かつIS(イスラム国と自称する組織)のテロリストが一緒に流入し、パリ同時テロのような事態を再発させるのでは?と言う恐怖があるためのようです。続きを読む

元のSDR入りにつきまして

久しぶりに書いてみます。前に書いてから、既に一年以上経過してしまいました。今は、とある簡単な手術を受けて、休養しております。この一年間は、ネットはあまりまともに弄っていませんでした。仕事の後で家でPC見てると、もう頭痛や眼痛が半端じゃないでしたし、ぼーっとdVideoでも観るくらいしかできませんでした。が、術後まだ数日しか経っていないのですけれど、このブログを書いてみよう、と思えるくらいに思考力が回復してきました。まぁ、後10日間くらいは経たないと、本当にこの手術が原因で回復したのかどうかは分からないのですけれど、もしそうなら、後10年早く発覚していれば・・・!PCによる頭痛やら眼痛やら耳痛やら肩こりやら、かなり解放されていたろうに!と、心の中で絶叫している次第です・・・続きを読む

米ロ資源戦争で日本が受ける影響につきまして

今日はウクライナを巡る米ロ資源戦争についてです。結論から書きますと、日本は非常に困った状況に成っていると思います。天然ガスの価格は下落していますので、一見日本にとっては良いように見えるのですが、実際にはロシアは日本にとって重要な天然ガスの輸入先なのです。それが潰されかかっている訳でして、日本としてはさっさとウクライナ情勢をおさめて、元通りにに成ってくれ、と言うところでしょうか。続きを読む

デフレ不況の中のマック-3

今日は日本マクドナルド編最終回です。市場と言いますか、環境としては最悪規模のデフレ不況に突入した状況で、ターゲットを個人に絞った場合に私ならどうするか?を書いてみます。素人意見ですがね。その前に、日本国債について記事がありましたので紹介いたします。中々興味深い記事です。続きを読む

デフレ不況の中のマック -2

再度ご無沙汰いたしました。申し訳ございません。前回は、日本の国民が、と言いますかもう日本と言うべきでしたね。壮絶なデフレ不況に突入してくれまして、その中で日本マクドナルドはどうやって飯を喰っていくべきか考えてみようで終わってしまいました。そのまま約二週間、諸々ありまして放置してしまいました。

さっぱり外の情報に疎くなってしまいましたが、ウクライナ情勢のお蔭でエネルギー不況が進んでいましたり、橋下大阪知事対桜井在特会会長(さんでしたよね?昔ネット上で少しだけ交流のあった方ですが、当時はDoronpaさんとおっしゃってましたね。しかし、朝鮮系の話は、15年位前でしたかね。小林よしのり氏の「いわゆる従軍慰安婦について」とか、「コリアンジェノサイダー 名雪(今はこのサイトは無くなってるはずです)」とかで終わったと思ってたんですが、まだやってるんですね)のバトルがあったり、閣僚が二名ほど辞任されたそうで。でもマックです。

続きを読む

日本は史上最悪クラスのデフレ不況に突入したようです

大変ご無沙汰しておりました。諸事情により、更新を止めておりました。諸事情についてはちょっと詳しくは書けませんが、いずれ何処かに書くかもしれません。今日のお題は、日本が突入してしまった大不況についてです。今頃、と言う感は重々承知しておりますが、やはり書いておくべきだと思いました。しかし、安倍内閣は確かデフレ不況脱出が最大のお題目だったように記憶しておりますが、史上最悪クラスのデフレ不況に突入させてしまった今、責任問題とかに成らないのですかね?ただ、今回はそこは置いておきまして、「政府はそう言う事をするものです」と言う前提で書いていきます。続きを読む

米国が日本に中国と対話を、と言うのは幻想である

今日は米国が日本に対して中国と対話を、と言うのは幻想に過ぎない、です。昨年の安倍首相の靖国参拝を巡って、米国が「失望した」と発表し、駐日米大使館のFBが炎上したそうです。他国の文化や宗教に介入するな、と言うのはウェストファリア条約以降、国際原則かと思ってましたが、米中露は結構これを侵害してますね。今回の米国の「失望した(disapointed)」は、豪州などにも使われていますが、今回は日米同盟対中国と言う構図をある意味崩壊の危機に陥らせる危険があるので、非常によろしくないのです。かつ、他国の文化や宗教に介入しております。甚だよろしくありません。続きを読む

新年おめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。昨年は10月以降殆ど更新もないのに、ご足労頂いた方々もいらっしゃったようでありがとうございます。ちょっと仕事の方が立て込みまして、眼精疲労が大幅に悪化していたのです。パソコンのモニターを見るのと、論理的に考えることが非常に辛い状態でしたので。まだ辛い状態ではありますけれど。続きを読む

シリア情勢は米国の石油業者救済策である可能性がある

今日はシリア情勢についてです。結論は「米国の石油業者救済策である可能性がある」です。断定で書けるほど、情報を集めておりませんが、数字を見る限りは事実上そうなっております。シリア情勢と言うよりは、中東情勢と言うべきでしょうかね。ところが、日本にとってはこの問題はエネルギー戦略上、非常に由々しき事態なのです。ガソリン価格の高騰に限らず、電気、各種加工品も上がります。何より、本当に紛争が始まった日にはとんでもない事に成ります。続きを読む

消費税は上げるな(爆)!

久しぶりに書いてみます。今日は消費税は上げるな、です。分かり切った事ですが、上げる目的が分かりません。そもそも、経済なる言葉が経世済民であるとするならば、目的は国民の幸福であるべき、と私は思います。つまり、国民が幸福になるにはどうしたらよいか?を考えるべきです。失業者を減らして、給料を上げて、福祉を充実させれば良い訳です。国防も大事ですね。そこで、(特に)日経の記事には非常に首をかしげざるを得ません。これは・・・幼稚園(流石に、小学生ですか)向けのものなのか!と、思ってしまうわけです、はい。続きを読む

中東情勢は日本のエネルギー問題に直結する

とても久しぶりに書いてみます。個人的な事情により、今まで書けませんでしたが、恐らく今後も余り書けないと思います。仕事柄、目の疲れが酷いので、家に帰ってくるとあまり長い間パソコンのモニターを見ていられないのです。今はノートPCなので、余計に疲れるのかもしれません。ブルーライトをカットするメガネを使ってはいますが、やはり疲れますね。歳かも知れませんw続きを読む

ホリエモンのブラック企業対策の発言につきまして

今日はホリエモンの「ブラック企業がいやなら、辞めれば良いのでは?」発言についてです。結論から書きますと、全くその通りと思います。何故辞めないのか?私には分かりません。家族が居るから、ローンの支払いがあるから、等々の理由はあるのかもしれませんが。「会社行かなきゃいいじゃん。起業すりゃいいじゃん」発言についても、全くその通りかもしれません。それが出来る人にとっては、あるいは、それが向いている人にとっては、です。全面的に賛同は出来ません。何故なら「起業できない人だっている」と私は思うからです。十人十色、蓼食う虫も好き好きと言いますが、全員起業できるとは思えません。私も無理だと思いますw続きを読む

日本の貿易赤字の最大の原因は医薬品と思われます

今日は日本の貿易赤字の原因は、実は医薬品では?です。勝手に、「原油や天然ガスの価格が上昇しすぎて赤字なんだから、原発を再稼動すれば良い」と思い込んでました。発電に関しては確かにそうですが、貿易統計としてみた時、実は最大の原因は医薬品でした。しかし、一体何の薬をそんなに使っているのでしょうか?続きを読む

自国の領土を守るのに他国をあてにするな

今日は「自国の領土を守るのに他国をあてにするな」です。日本と支那の間で、尖閣諸島の所属を巡って問題が起こっている、と支那は主張します。日本は領土問題は存在しない、と主張します。米国は、「俺は知らない」と言う立場のようです。個人的な意見ですが、どの国も正しいと思います。それが普通の外交と言うものだと思うのです。つまり、国益を追求するための手段が外交である、と言うことです。よって、日本が尖閣諸島を守りたいのであれば、本来自分で守るべきなのです。続きを読む

日本国債10年物の金利が下がっている件につきまして

今日は株価下落の裏で日本国債10年物の金利が下がっている、です。今回の株価下落は、結論としては12,000円辺りが正しい株価(PERが15辺り)で、外国人が日本企業株を買い捲っている裏で日本人は10兆円以上売っていた。外国人の買いが減ると、一気に15,000円台から12,000円台に下がった。しかし、これは正しいとも言える数値である。かつ、日本国債10年物の金利は、当然下がっているので、取り立てて騒ぎ立てる事は無いし、「国債を大量に刷ったら日本は破綻する!」と言っていた方々は、インフレ率2%になるまで無制限に国債を刷っているのに利回りが0.9%台にしかならない理由を説明するべき(説明は出来ますか。破綻しないじゃないか!何故なんだ!と訊くべきですかね・・・w)です。続きを読む

ユーロファイターを導入するべき

今日は戦闘機についです。結論はユーロファイターを早急に導入せよです。法整備の面もありますが、尖閣諸島に支那の戦闘機が飛来している以上、迎え撃つ必要があります。飛来している戦闘機も、Su-27やSu-30と言った最新型です。Su-27はF-15、Su-30は更に上の能力を持つそうです。日本はF-35を導入するそうですが、まだ量産体制に入っていません。なので、直ちにユーロファイターが必要、と思われるのです。続きを読む

安倍内閣の成長戦略につきまして

今回は、安倍内閣の成長戦略についてです。結論は「失格」なんですが、後日「企業への投資減税を!」の政策が出ており、どうも迷走気味のようです。成長戦略だけについて書きますが、「産業競争力会議」に問題があるようですね。名前だけを見る限り、あくまでも「産業」の競争力がつけばよいようなので、「日本がどうなろうが知ったことではない」、とみなせば、ある意味今回の成長戦略は正しい結論かもしれません。主語が「産業
=企業」であれば、正しいでしょう。主語が「日本国民」であった場合は、明確に誤りです。
続きを読む

再度株価の下落につきまして

今日は、再度株価の下落についてです。結論はやはり「ほっとけ」です。何故落ちたのか?と言うところですが、「売りが多かったから」w何しろ、経済とは余りにもパラメータが多いですし、はっきり言って「株価や為替レートに一喜一憂する事には全く意味が無い」と思ってます。完全な推測ですが、今回の下落はこんな感じです
1.米国で投資家が、勝手にFRBが金融緩和を止めると思い始めた
2.なので、ドルが売られて円が買われる
3.従って円安に成り、日経平均は落ちた
4.が、バーナンキ議長の声明を見ても、米国の各指標を見ても、金融緩和を止めるほどの好景気でもなければ、不況と言うわけでもない
5.従って、ダウは再度上がり、再度円安に振れたw
続きを読む
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:




ジオターゲティング
TopHatena
  • ライブドアブログ