今日はシェールガス革命についてです。結論は、かなりの確率で嘘である、と言うかあっと言う間に燃え尽きる、バブルである、ようです。シェールガス革命は最近かなり騒がれており、米国はシェールガスによって豊富で安価な天然ガスを手にしている、と私も思っていました。今まで、エネルギー覇権を握った国が世界を支配する、風力のオランダ、石炭のイギリス、石油のアメリカ、次が天然ガスのアメリカか、と思ったのです。しかし、どうも日本で言う「サブプライムローン問題」である可能性が高そうなのです。唯、目的が複数思い浮かんでしまい、良く分かりません。

「株式日記と経済展望」様から一部抜粋。

 ニューヨーク・タイムズの2011年6月の調査報告はシェールガス「ブーム」のなかでメディアと石油・ガス業界の間に早くも生じた亀裂を暴露している。その号では専門家たち(地質学者、弁護士、市場アナリスト)が抱いた疑惑を公にしているのである。石油会社の発表は、「故意に、不法なまでに採掘生産量と埋蔵量を多く見積もっている(注1)」という疑惑が表明されている。同紙の説明によれば、「地下の頁岩からのガスの抽出は石油会社がそうみせかけているよりももっと難しく、もっとコストがかかるはずで、その証拠として、この問題について業者間で交わされた数百の電子メール、資料ばかりでなく、数千の採掘抗について集められたデータの分析報告がある」。

 2012年の初頭に、アメリカの2人のコンサルタントがイギリスの石油業界の主要誌『Petroleum Review』で警鐘を鳴らしている。二人は「アメリカのシェールガスの鉱床の信頼性と持続性」について検討を加え、業者たちの予測がアメリカ証券取引委員会(SEC)の新しい規則に沿って行われたものであることを強調している。SECは投資市場の監視をする連邦委員会である。この規則は2009年に採択されたもので、石油会社に備蓄量を好きなように計上することを許可しており、独立機関による調査は行われないのである(注2)。

 業者たちは頁岩のガス鉱床を過大に見積もることによって、採掘に伴うリスクを二義的な問題にしてしまうことができる。ところが水圧破砕は環境に有害な影響を及ぼすだけではない。まさに経済的な問題をも引き起こす。水圧粉砕は非常に寿命の短い生産しかおこなわないからだ。雑誌『ネイチャー』で、英国政府の元科学問題顧問のデヴィッド・キング氏はシェールガス井の生産性は最初の1年の採掘で60~90%低下すると力説する(注3)。

 これほど急激な生産性低下では明らかにわずかな収益しかもたらされないことになる。ガス井が涸れてしまうと作業員たちは大急ぎで他のところへ採掘に行って生産量のレベルを維持し、資金返済に充当しなくてはならない。条件が整えば、このような自転車操業で数年間は人の目を欺くことができる。このようにして、シェールガス井採掘は脆い経済活動と結びつき(持続力はないが、短期間には瞬発力を発揮して)、アメリカで急激な天然ガスの価格低下を引き起こした。2008年には100万BTU(イギリス熱量単位)7、8ドルだったものが2012年には3ドルを割った。

 投資の専門家たちは騙されない。「水圧粉砕は景気を粉砕する」とジャーナリストのウルフ・リヒターは『ビジネス・インサイダー』で警告している(注4)。「採掘は猛スピードで資本を食いつくし、生産が行き詰ると業者に借金の山の上を残してきた。この生産量の低下で経営者たちの懐を痛めないようにするために、企業は次から次へと汲み上げなくてはならなくなり、涸れた油井の分を他の油井で補うのである。他の油井も明日には涸れるだろう。悲しいかな、遅かれ早かれこういう図式は壁に突き当たる。現実という壁である」。

 ブリティッシュ・ペトロリアム(BP)との合併前の石油会社アモコ(Amoco)で働いていた地質学者のアーサー・バーマンは「信じられない速さ」で鉱床が涸れていくことに驚きを示している。バーマン氏はテキサスのイーグル・フォード鉱区(最初のシェール油田)を例に挙げて、そこでは「年間採掘量が42%以上低下した」と言う。安定した生産量を保つためには業者は「毎年追加で約1000の油井を同じ鉱区で掘らなくてはならない。それは、1年に100億から120億ドルの支出となる。全部合計すると2008年の金融業界への資金投入額の合計に達する。企業はどこでこの資金を調達できるというのだろう?(注5)」。

上記が問題の記事ですが、もう一つ下記のチャートを「人力でGO」様から。

シェールガス採取量













と言うことで、ガス田はあっと言う間に尽きてしまうようです。更に、前にも指摘しましたが、水を入れて取り出しているため、地殻変動を引き起こしております。米国では近年地震の発生回数が急激に増えているのです。

問題は、もしこれが本当であるならば、一体どうしてこのような事を米国はする必要があるのか?と言う事です。覇権を握るのであれば、エネルギーを抑える事が絶対条件です。天然ガスで覇権を握った、と言う事実が実は嘘でした、と言う事に成れば、米国は一体何をエネルギー源とする積もりなのか?です。その前に、天然ガスと原油価格のチャートを見てみます。

天然ガス価格(日本)の推移 - 世界経済のネタ帳


上記が日本の天然ガス価格のチャートです。米国の3倍以上の価格です。これでは貿易収支が赤字(その一因)に成っても仕方が無い、と思われるチャートです。

天然ガス価格(アメリカ)の推移 - 世界経済のネタ帳


上記は米国の天然ガス価格のチャートです。2012年を境に価格が上昇しております。

原油価格(WTI)の推移 - 世界経済のネタ帳


上記はWTI原油価格のチャートです。2010年を境に水平モードに成っております。

大手米国の原油メジャーが、新興の天然ガス企業の体力が尽きるのを待って、これを買収するのだ、と言う説もありますが、そもそもエネルギーを本当に確保出来ないのであればどうにも成りません。この状況を打破するには、横に伸びるパイプを増やす技術を開発する必要があるかもしれませんが、もし実行すると今度は地殻変動が凄い事に成ると思われます。

と成ると目的は何だ!と成るのです。米国は中東での影響力を減らしており、原油調達にしてもコストが上がってしまうと困ると思います。天然ガス社会にシフトする、と思っていたのに、そもそも根本の所で嘘をついていました、と成ると、個人的には「サブプライムローン」を連想してしまうのです。

つまり、もしかすると米国単体を支えるだけのシェールガスは採れるのかも知れません。しかし、他国に売るだけの量は無い。それをさも売れるように宣伝しておいて、実際には売らないか、あるいは売るとしても今の数倍の価格にするか?かつ、シェールガスに投資させるだけさせておいて、実際は会社はつぶれ、投資者は破産し、それを格安で大手資源メジャーが買うのか?つまりマネーゲームと言う事ですが、この場合米国の行く末はどうなるのか?デフォルトしても、基軸通貨なので通常のデフォルトに成りません。日本と支那が大泣きするだけでしょう。

結論は、どうもシェールガス革命は嘘っぽいので、日本はメタンハイドレートを採取する技術をさっさと確立しつつ、それまでは原発を再稼動せよ、なんですが。まぁ、シェールガスは仮に採算が取れて、実は膨大なガスが採れるんです、と成ったとしても、地殻変動が待っているだけだと思われますので、危険である事には間違いないと思うんですよね。

クリックの応援を頂けますと幸いです。