今日は日本の貿易赤字の原因は、実は医薬品では?です。勝手に、「原油や天然ガスの価格が上昇しすぎて赤字なんだから、原発を再稼動すれば良い」と思い込んでました。発電に関しては確かにそうですが、貿易統計としてみた時、実は最大の原因は医薬品でした。しかし、一体何の薬をそんなに使っているのでしょうか?

日経から。

 財務省が19日発表した5月の貿易統計(速報、通関ベース)によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は9939億円の赤字だった。赤字は11カ月連続で、5月としては前年(9079億円の赤字)を上回り比較できる1979年以降で最大。単月としても過去3番目の高水準だった。前年同月と比べ進んだ円安が、原粗油や液化天然ガス(LNG)など燃料やスマートフォン(スマホ)など通信機の輸入額を押し上げた。

 輸入額は前年同月比10.0%増の6兆7616億円で、7カ月連続で増えた。アラブ首長国連邦(UAE)などからの原粗油や、中国からのスマホなど通信機や半導体等電子部品の輸入が増えた。中国からの輸入額は1兆4564億円と単月として過去最大となった。これに伴いアジアからの輸入額も2兆9812億円と過去最大だった。

 輸出額は前年同月比10.1%増の5兆7676億円。輸出額の伸び率が輸入額の伸びを上回るのは12年5月以来1年ぶり。米国向けの自動車や灯油、中国向けではペットボトルの原料となる有機化合物などが伸びた。輸出額増は3カ月連続だが円安の影響が大きく、輸出数量は4.8%減と12カ月連続のマイナス。ただし、2月は15.8%減、3月は9.8%減、4月は5.3%減と落ち込み幅の縮小は続いている。

 為替レート(税関長公示レートの平均値)は1ドル=99円27銭で、前年同月比23.4%の円安だった。

 地域別に見ると、米国向け輸出は1兆413億円と前年同月比16.3%増。5カ月連続で増えた。対米国の貿易黒字も26.3%増の4271億円で5カ月連続で増加。一方、中国との貿易収支は、過去最大となった輸入額が響き、4100億円の赤字。15カ月連続の赤字だった。欧州景気低迷の影響で欧州連合(EU)向け輸出は4.9%減の5291億円で、20カ月連続で減少。これに伴い対EUの貿易収支は887億円の赤字だった。

 財務省は貿易収支の今後の見通しについて「輸出数量の対前年同月のマイナスは減ってきてはいる」と指摘。ただし「円安の傾向はみられるが、依然として海外景気の下振れにも留意する必要や燃料価格の動向もあり、確たることを言うのは難しい」(関税局)としている。

上記が今日のお題です。最大の赤字の原因は、対支那の4,100億円だそうです。で、細かい資料は、財務省貿易統計を見て頂くとしまして、やはり最大の原因は医薬品です。「原粗油や液化天然ガス(LNG)など燃料やスマートフォン(スマホ)など通信機の輸入額を押し上げた」のは事実でしょうが、金額的に見ますと断然医薬品が輸入超過です。米国などを見ると、その次に穀物類なども来ますが、支那からも医薬品を輸入してるとは、正直驚きでした。再度日経。

 厚生労働省が21日発表した2011年の薬事工業生産動態統計によると、医薬品の輸出額から輸入額を差し引いた金額が2兆3929億円の赤字となった。統計でさかのぼれる01年以降、赤字額は最大で、赤字幅は10年連続で拡大した。海外から抗がん剤など高価な医薬品の輸入が増え、輸入超過が広がっている。

 医薬品の輸出額は前年比4.2%減の1384億円となり、2年連続の減少。輸入額は9.3%増の2兆5313億円だった。輸入額は10年連続で増加し、10年前の2.5倍に膨らんだ。01年に9728億円だった輸入赤字額も10年で2.5倍に急拡大した。

 輸出は中国やタイなど新興国向けは伸びたが、米国や韓国向けなどが減った。一方、最大の輸入先の米国からの輸入は大きく伸びた。種類別では、輸入額が最も大きいのは抗がん剤で3945億円、次いで糖尿病薬が1511億円だった。これらの薬の開発は欧米の製薬会社が先んじており、輸入が膨らむ要因となっている。

 医療機器の輸出額は、6.1%増の4809億円、輸入額は0.3%増の1兆584億円だった。医療機器も輸入超過が続いている。

 この統計は医薬品や機器を製造する事業所を対象に実施している。完成品の市場価格を基に算出しており、貿易統計よりも金額が大きくなる傾向がある。

上記ですが、どうも原因はバイオ技術を使った医薬品開発技術、治験期間、等々。開発環境に問題がありそうです。断定できるほど調べていませんが、支那から医薬品を輸入している、と言っても、どうせ欧米企業との合弁会社なのでしょう。抗がん剤、糖尿病の薬等を輸入するそうです。

抗がん剤は兎も角として、糖尿病には成らなければ良いのですが、と書くと怒られますか。TPPでも、間違いなくここをついてくるんでしょうね。もっと医薬品を輸入しやすくしろ!と。こちらのような資料もありますが、どうも日本は医薬品開発に関しては環境が余り宜しくなさそうです。と言うか、こんなに薬にお金を使っていたら、社会保険費も足りなくなりますよね。

と言う事で、医薬品対策です。日本の医薬品企業をもっと援護射撃出来る環境が必要です。更に言えば、ヨガや太極拳やウォーキング、ランニング、ラジオ体操、乾布摩擦、禅。要するに、病気に成る前に防げ!ですね。ウォーキング、ランニング、禅、ラジオ体操は流行っているみたいですが、もっと国民的習慣にするべきです。太極拳は・・・空手でも良いんでしょうか?兎に角、医薬品の輸入を抑える必要があります。

クリックの応援を頂けますと幸いです。

人気ブログランキングへ