改善

スポンサードリンク
5S活動の一番の目的は改善(カイゼン)です。改善とは文字通り良く改めるということです。これを意識しなければ5Sの成功はありません。

例えば、整理において必要な物まで捨ててしまった場合はどうなるでしょうか?
当然ですが業務が出来なくなってしまうこともありえます。

整頓においても分かりにくい配置に並び替えたらどうでしょうか?
当たり前のことですが、業務が非効率になり生産性はガクッと落ちるでしょう。
これでは改善というより改悪ということになってしまいます。

このように5S活動というのは、ただ行えばよいと言うものではありません。
必要な物を見極めたり、使いやすいものの配置を考えるなど試行錯誤があって始めて意味のあるものになります。

そこで、効果を発揮するのがスローガンや標語を社内に張り出すことです。
改善に関するスローガンはポスターなどにして全社員の目に付きやすいところに掲載するとよいでしょう。

常日頃から改善の標語を目にすることによって、職場を良くしていこうという意識付けを行っていくと言うわけです。



スポンサードリンク