品質向上

スポンサードリンク
品質標語の一番の意義といえば、もちろん品質向上であるといえます。

社内でスローガンを作るにあたって、品質管理について語るのは基本であり、企業として活動していく上では必ずといってよいほどやっておかなくてはならないことです。

なぜなら、ちょっとした品質不良でも信頼を失うことにもなってしまいます。また、たった一つのクレームや欠点で長年築いた信用を一度に失ってしまうということも起こり得ます。

これを良く捕らえたスローガンに「品質ばらづき、会社はぐらつき」というものがあります。この標語が示していることは、粗悪品を作ってクレームが続くと、発注を減らされ会社がぐらついてしまうということです。

「100の勘より正しいデータ」や「勘よりデータ、コツより標準」や「品質のもたらす信用、増す需要」という標語もあるぐらいで、どれだけデータを大事にして品質の向上に努めるかという内容を社員に伝えることが重要だと言うことを示しています。

このように全てのことをしっかりとやっている会社は社員も顧客もついてくるということになりますし、もちろん業績もよくなっていくものです。

どこにも穴が無い会社は存在はしないと思いますが、理想の会社はそういったものではあるとは思います。

スポンサードリンク