パワハラの防止

スポンサードリンク
多くの人はパワハラという言葉を耳にしたことがあると思います。パワーハラスメントの略ですね。
実際にパワハラを受けていると言う人も最近では多いのではないでしょうか?

ちなみに、セクハラもパワハラも職場などで上司が部下に対して行う。つまり両者の間に組織内での影響力の差があることで始めて成り立つものであるというのはご存知でしたか?

つまり、パワハラにせよ、セクハラにせよ被害者と加害者の間に上下関係がなければ成り立つことはありません。

例でいうと職場などで上司が部下に対して、イジメや嫌がらせをするといったケースが多いですね。
こういう場合には権力の差を利用していますので部下は何も言い返せず、耐えるしかないという状況になってしまいます。これが最も大きな問題だと言えます。

そういった行為を少しでも減らすことを目的としているのが、パワハラの人権標語ということになります。
スローガンや標語を作成する際に注意すべき事は、実際に行っている上司がそれをパワハラであると認識しているかどうかを良く見極めることです。

多くの人は自分が加害者になっていると言う意識がないことが多いので、事例などをスローガンの中に組み込んで伝えていくのが最も良いと思います。

スポンサードリンク