秘密保全標語

スポンサードリンク


昨今では情報に対する法律が非常に厳しくなってきたことに加えてITの発達によりいとも簡単に会社の企業秘密などを抜き取って公開したり送付したり出来るようになってしまいました。

そんな中、注目されているのが秘密保全標語というものです。情報セキュリティ標語とも呼ばれています。

資料などが出たままになっていると、社内の人、もしくは出入りしている人なども簡単に情報を見れてしまう状況になってしまいます。さらにパソコン上での話となってしまうと、ハッキングや誤ってネット上に公開してしまうなど情報はもっと簡単に出て行くことになってしまいます。とはいえ、情報をパソコンなしで管理するわけにも行きませんので、いかに安全に運用するのかが重要になってくると言うことです。

それでは、いくつか例を見ていただきたいと思います。

インターネット 始める前に セキュリティ

見られてる 画面の向こう 全世界

情報を 守るは日々の 自己意識
スポンサードリンク