一介の素浪人

 月刊誌である牢人新聞をブログ化しました。神感あり、時局あり、人生訓あり、歌心ありのブログを目指そうと思います。  長らく雅号を使用していませんでしたが、ブログも文筆活動なので雅号の渡邊臥龍で名乗ります。

    お願い
    国民運動を展開する渡邊臥龍こと渡邊昇の資金カンパをお願いします。
    運動カンパにご協力いただける方は、下記へお願いいたします。

    渡邊昇事務所 
    〒334-0051 埼玉県川口市安行藤八33-13
    電話番号 090-8770-7395
    埼玉りそな銀行 松原支店 渡邊昇 普通口座 3980284

    第六十九回 日本の心を学ぶ会

    テーマ 対立・闘争が激化する世界情勢と日本の使命トランプ登場に関連して

    ※ 今回はシビックセンターではありません。隣の文教区民センターで開催です。
    imagesaaDCIM0316

    1

     新しき年平成二十九年を迎えました。
    昨年は、アメリカ大統領選挙におけるトランプ氏の勝利や、イギリスのEU離脱など今後の世界を大きく左右する動きが続きました。今年も欧州ではドイツやフランスなどで大きな選挙が予定されており、難民問題やEUからの離脱の議論が盛んになりそうです。さらに選挙の行方によってはEU崩壊が現実となってくる可能性すらあります。
     

     イギリスのEU離脱、「アメリカ第一」を掲げたトランプ氏の勝利は、世界各国が「内向き」になり、それぞれの国家利益 を最優先に考え利害が激突する時代がやってきたということです。
     

     これまでボーダレスやグローバリズムという国境のない一つの市場を目指していた世界は、大きな転換点を迎えたと言えましょう。

     
     つまり我々は「グローバリズムの終焉」に際会しているといえます。そして世界各国のナショナリズムが勃興する時代になったと言えるのではないでしょうか。
     

     このような国際状況が、我が国の未来に重大な影響を及ぼすことは明らかです。
    トランプ氏はTPPの脱退を表明しており、さらに日韓両国からの米軍撤退、日韓両国の核保有容認発言をしております。さらに中国やロシアは覇権主義を先鋭化させており、我が国の周辺環境は一段と厳しさを増すことになりそうです。

     日本は、建国の精神たる八紘爲宇、明治天皇の大御心である四海同胞の精神を拝しても明らかな通り、言葉の真の意味における平和国家であります。

    そこで、今回の勉強会では対立が激化する世界情勢の中でのわが日本の使命・行くべき道について考えてみたいと思います。
     

    文教区民センターマップ
     

    【日 時】 平成二十九年一月二十九日(日) 午後六時から

    【会 場】 文京区民センター 2-B会議室
    文京区本郷4-15-14 都営三田線・大江戸線「春日駅A2出口」徒歩2分、東京メトロ丸ノ内線「後楽園駅4b出口」徒歩5、東京メトロ南北線「後楽園駅6番出口」徒歩5分、JR水道橋駅東口徒歩15
    【講 演】 「対立・闘争が激化する世界情勢と日本の使命-トランプ登場に関連して」

    【講 師】 四宮正貴氏 四宮政治文化研究所代表

    【司会者】 林大悟

    【参加費】 資料代500円終了後、近隣で懇親会(3千円くらいの予定です)

    【連絡先】 渡邊昇 090-8770-7395



    第8回埼玉県時局演説会の案内

     


    1月8日(日)午前7時記入 
    本日、多少の雪や雨でも街頭演説は行います。


    1025-1img_0_m

    maxresdefault


    インターネット発の右派系市民運動の台頭が著しい昨今である。 
     活動の様子をネット上で動画配信する端緒を開いたのは平成19年に瀨戸弘幸氏(現ブログ『日本よ何処へ』主宰)が参議院選挙全国比例区に出馬した様子だった。 
     朝鮮総連中央本部前の北朝鮮批判、JR信濃町駅前の創価学会批判、歌舞伎町の外国人犯罪追放の呼びかけであった。今では誰でも出来る抗議活動も当時は右翼団体も容易に出来る状況ではなかった。 
     この衝撃的な動画配信が活発化して以降、『在特会(在日特権を許さない市民の会)』をはじめ、多くの団体が興隆し、「行動する保守運動」として連なっていった。 
     昨今の我々の運動は、表現すること事態がヘイトスピーチと揶揄される。「カウンター」と称する妨害勢力からの挑発行為に安易に乗った結果である。 
     約10年前より当時の活動から携わる者として、もう一度原点に回帰した運動に立ち戻ろうと思う。サングラスもマスクもハンドルネームもいらない。街頭で演説して機関紙を販売する。言論に責任を持った定例演説会を再び行なうことにした。 
     演説内容は、記紀万葉の浪漫、神道、教育問題、憲法問題、厳正時局批判演説等、弁士の自由選択である。 
     但し、言質を得た弁士の責任演説に限る。 

    ※ 天気予報では雪となっています。決行するか否かはツイッターやフェイスブックでお知らせしますが分らない場合は上記の渡邊の携帯電話
    までご連絡ください。尚、第7回演説会は都内で友好団体と共催しました。


    1月8日(日)午前7時記入 
    本日、多少の雪や雨でも街頭演説は行います。



    【主  催】牢人新聞社、外国人犯罪対策本部 
    【日  時】平成29年1月8日(日)午後2時より 毎月第2日曜日開催 
         演説会~反省会~懇親会 
    【場  所】JR浦和駅東口駅頭 
    【持 ち 物】国旗、プラカード、横断幕等は要りません。特段のテーマが無い限り主催者側の用意したものだけで行ないます。 
    【参加条件】実名を明かし責任行動が出来る人のみ 

     天長節ならびに新年一般参賀は例年ですと仲間と共に二重橋交差点で待ち合わせをして一般参賀をするのですが今年は東北に出張に来ており帰宅するのは大晦日で年明け早々には出張に出てしまうので残念ですが欠席させて頂きます。

     各自皆様方は各々が一般参賀をなされて頂ければ幸いでございます。

     一般参賀要領については、宮内庁のホームページに記載されていますので転載させていただきます。


     修理固成
     光華明彩
     皇尊弥栄

    天皇誕生日一般参賀要領




    午前の一般参賀
    午前の一般参賀
    午後の一般参賀(記帳)
    午後の一般参賀(記帳)
    項目内容
    期日平成28年12月23日
    参入門皇居正門(二重橋)
    (午前9時30分~午前11時20分)
    退出門坂下門,桔梗門(ききょうもん),大手門,平川門,北桔橋門(きたはねばしもん)
    お出まし(予定)天皇皇后両陛下,皇太子同妃両殿下,秋篠宮同妃両殿下,眞子内親王殿下,佳子内親王殿下
    • 第1回 午前10時20分頃
    • 第2回 午前11時頃
    • 第3回 午前11時40分頃
    【午後の一般参賀(記帳)】
    場所皇居内 宮内庁庁舎前 特設記帳所
    参入門坂下門
    (午後0時30分~午後3時30分)
    退出門桔梗門(ききょうもん),大手門,平川門,北桔橋門(きたはねばしもん)(閉門:午後4時)

    天皇誕生日一般参賀について

    宮内庁

    天皇誕生日一般参賀は,12月23日,皇居で次のとおり行われます。

    • 1 午前の参賀
      天皇陛下が,皇后陛下,皇太子同妃両殿下,秋篠宮同妃両殿下,眞子内親王殿下及び佳子内親王殿下とご一緒におおむね3回長和殿ベランダにお出ましになる予定です。
      参賀者は,午前9時30分から同11時20分までに,皇居正門(二重橋)から参入し,宮殿東庭の参賀会場を経て,坂下門,桔梗門,大手門,平川門又は北桔橋門から退出することとなります。
      なお,お出ましは,午前10時20分頃,同11時頃及び同11時40分頃の3回が予定されております。
    • 2 午後の参賀
      当日の午後は,宮殿において天皇誕生日の恒例の祝賀行事が行われますので,天皇陛下始め皇族方のお出ましはなく,宮内庁庁舎前の特設記帳所において記帳又は名刺をお受けします。
      記帳は都道府県名と氏名を記入することになりますが,筆記用具等は記帳所に備え付けてあります。
      参賀者は,午後0時30分から同3時30分までに,坂下門から参入し,宮内庁庁舎前の特設記帳所を経て,桔梗門,大手門,平川門又は北桔橋門から退出することとなります。
      なお,退出門は午後4時に閉門しますので,参賀者はその時までに退出されるようお願いします。
    • 3 天皇誕生日当日,皇居東御苑は休園となりますが,退出する参賀者は皇居東御苑を通って,大手門,平川門又は北桔橋門から退出することができます。
    • 4 参賀当日は非常な混雑が予想されますので,次の点にご注意ください。
      • (1)午前の一般参賀の閉門時刻は午前11時20分,午後の閉門時刻は午後3時30分となっております。入門する際に手荷物検査等が行われますので,余裕を持ってお越しください。
      • (2)午前は正門前,午後は坂下門前であらかじめ列を作って入門するようになりますが,その際,列を崩したり,立ち止まったりなどしないでください。
      • (3)混雑や危険を防止するため,参入門の外で携帯品をお預かりすることがありますので,参賀に不必要なキャリーバッグ,大きな荷物などの携帯はお控えください。
      • (4)皇居内には坂道などがあり,雑踏による転倒事故も考えられますので,履物には十分ご注意ください。特に,ハイヒール,下駄ばきなどの方はご注意ください。
      • (5)午前,午後ともに,退出門からは参入できませんので,ご注意ください。
    • 5 動物(身体障害者補助犬を除く。)を同伴する者,危険物を携行する者,旗ざお,小型無人機(ドローン),大きな荷物等で参賀行事を妨げ,又は他に危害,迷惑等を及ぼすおそれのある物を携行する者,その他参賀行事の運営上支障があると認められる者は,入門をお断りします。
    • 6 参賀者は,皇居内においては,次に挙げる行為をしないでください。これに反した場合は退去を求めることがあります。
      • (1)立入りを禁じた場所に入ること。
      • (2)喫煙等火災の危険がある行為をすること。
      • (3)施設その他の物を破損し,又は移動すること。
      • (4)自己撮影用器具,三脚,脚立等の機材を使用し,又は業として写真・映画を撮影すること。
      • (5)集会又は示威行為をすること。
      • (6)貼紙をし,又はビラ類を配布し若しくは散布すること。
      • (7)その他皇居内の秩序又は風紀を乱す行為等参賀行事運営上支障があると認められる行為をすること。
    • その他
      • (1)荒天等の場合は,お出ましが中止されることがあります。
      • (2)駐車場の用意はありませんので,ご注意願います。
      • (3)テレホンサービス(03-3211-1475)でもご案内しております。

    新年一般参賀要領

    新年一般参賀
    新年一般参賀
    項目内容
    期日平成29年1月2日
    参入時刻(午前9時30分~午後2時10分)
    参入門皇居正門(二重橋)
    退出門坂下門,桔梗門(ききょうもん),乾門
    お出まし(予定)○第1回及び第2回は,天皇皇后両陛下,皇太子同妃両殿下始めお出ましになれる成年の皇族方
    ○第3回以降は,天皇皇后両陛下,皇太子同妃両殿下,秋篠宮同妃両殿下,眞子内親王殿下,佳子内親王殿下
    • 第1回 午前10時10分頃
    • 第2回 午前11時00分頃
    • 第3回 午前11時50分頃
    • 第4回 午後1時30分頃
    • 第5回 午後2時20分頃

    新年一般参賀について

    宮内庁

    新年一般参賀は,1月2日,皇居で次のとおり行われます。

    • 1 天皇皇后両陛下が,おおむね5回長和殿ベランダにお出ましになる予定です。そのうち,2回目までは皇太子同妃両殿下始めお出ましになれる成年の皇族方が,3回目以降は皇太子同妃両殿下,秋篠宮同妃両殿下,眞子内親王殿下及び佳子内親王殿下が,ご一緒にお出ましになる予定です。
      参賀者は,午前9時30分から午後2時10分までに,皇居正門(二重橋)から参入し,宮殿東庭の参賀会場を経て,坂下門,桔梗門又は乾門から退出することとなります。
      なお,お出ましは,午前10時10分頃,同11時頃,同11時50分頃,午後1時30分頃,同2時20分頃の5回が予定されております。
    • 2 新年一般参賀当日,皇居東御苑は休園ですので,入園できません。
    • 3 参賀当日は非常な混雑が予想されますので,次の点にご注意ください。
      • (1)一般参賀の閉門時刻は午後2時10分となっております。入門する際に手荷物検査等が行われますので,余裕を持ってお越しください。
      • (2)正門前であらかじめ列を作って入門するようになりますが,その際,列を崩したり,立ち止まったりなどしないでください。
      • (3)混雑や危険を防止するため,参入門の外で携帯品をお預かりすることがありますので,参賀に不必要なキャリーバッグ,大きな荷物などの携帯はお控えください。
      • (4)皇居内には坂道などがあり,雑踏による転倒事故も考えられますので,履物には十分ご注意ください。特に,ハイヒール,下駄ばきなどの方はご注意ください。
      • (5)退出門からは参入できませんので,ご注意ください。
    • 4 動物(身体障害者補助犬を除く。)を同伴する者,危険物を携行する者,旗ざお,小型無人機(ドローン),大きな荷物等で参賀行事を妨げ,又は他に危害,迷惑等を及ぼすおそれのある物を携行する者,その他参賀行事の運営上支障があると認められる者は,入門をお断りします。
    • 5 参賀者は,皇居内においては,次に挙げる行為をしないでください。これに反した場合は退去を求めることがあります。
      • (1)立入りを禁じた場所に入ること。
      • (2)喫煙等火災の危険がある行為をすること。
      • (3)施設その他の物を破損し,又は移動すること。
      • (4)自己撮影用器具,三脚,脚立等の機材を使用し,又は業として写真・映画を撮影すること。
      • (5)集会又は示威行為をすること。
      • (6)貼紙をし,又はビラ類を配布し若しくは散布すること。
      • (7)その他皇居内の秩序又は風紀を乱す行為等参賀行事運営上支障があると認められる行為をすること。
    • 6 その他
      • (1)荒天等の場合は,お出ましが中止されることがあります。
      • (2)駐車場の用意はありませんのでご注意願います。
      • (3)テレホンサービス(03-3211-1475)でもご案内しております。

    パチンコ廃止を求める会、牢人新聞社から皆様へ 
    越年カンパのお願いです。

     本年はパチンコ廃止を求める会では大きな運動は特にありませんでしたが、公開カンファレンスで決定したデモ行進を来年早々に企画をしています。

     また牢人新聞社では本年から機関紙の発行を復刊させ、定例街宣である埼玉県時局演説会を立ち上げ、その他様動を展開してまいりました。また主幹の渡邊昇が毎月開催する勉強会である日本の心を学ぶ会も68回も開催させて頂きました。

     一重に常日頃からご指導ご鞭撻を頂いている支援者様の賜物と感謝を致しています。

     これらの運動は代表の渡邊昇の自前や機関紙購読料で行い、不足した時には運営者が負担したりカンパを

    老朽化も酷く、いよいよハードディスクも壊れてしまった状態です。

     新たにノートパソコンを買う余裕もなく、また更なる活動を展開するためにも皆様方のお力添えを賜りたくカンパのお願いをする次第でございます。

     
     どうぞ皆様よろしくお願い申しあげます。

    1025-1
    渡邊
    maxresdefault1828302



    パチンコ廃止を求める会  

    ゆうちょ銀行
    記号 10310  番号 92456671 名前 パチンコ廃止を求める会

    ※その他の金融機関からの振込
     
    店名:〇三八(ぜろさんはち) 店番:038
    預金種目:普通預金 口座番号:9245667

     
    牢人新聞社
    ゆうちょ銀行 
    記号 10370 番号 79917301 名前 牢人新聞社
     
    ※その他の金融機関からの振込


    店名:〇三八(ぜろさんはち) 店番:038
    預金種類:普通預金 口座番号:7991730 

    郵便番号 334-0051
    埼玉県川口市安行藤八33-13
    渡邊昇 090-8770-7395
     

    このページのトップヘ