一介の素浪人

 月刊誌である牢人新聞をブログ化しました。神感あり、時局あり、人生訓あり、歌心ありのブログを目指そうと思います。  長らく雅号を使用していませんでしたが、ブログも文筆活動なので雅号の渡邊臥龍で名乗ります。

    お願い
    国民運動を展開する渡邊臥龍こと渡邊昇の資金カンパをお願いします。
    運動カンパにご協力いただける方は、下記へお願いいたします。

    渡邊昇事務所 
    〒334-0051 埼玉県川口市安行藤八33-13
    電話番号 090-8770-7395

    カンパはこちらまで
    【金融名】ゆうちょ銀行 【口座名義】牢人新聞社
    【店名・店番】038 【預金種目】普通預金 【口座番号】7991730

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    76回日本の心学ぶ会 

      

       テーマ「占領政策と今日の日本を考える」
    DCIM0316
    imagesaa


     

      

     平成29815日で72年目の終戦記念を迎えました。   

    9月2日の降伏文書への調印をもって大東亜戦争は終結し日本はアメリカの占領下におかれました。 

    しかし、アメリカとの戦いは形を変えて占領下でも続いていました。 

    アメリカは「降伏後当初の対日政策」のなかで日本占領の最終目標を「日本が再びアメリカ、世界の平和と安全の脅威にならないようにすること」「平和で責任ある政府を樹立し、他国の権利を尊重し国際連合憲章の理想と原則に示してある米国の目的を支持すること」として発表しました。 

    しかし占領政策の真の目的が「日本の弱体化」「日本人の精神的武装解除」であったことは明らかです。 

    GHQはメディアの検閲やプロパガンダ放送を通じて日本国民へ心理工作を実施し、政財界や学会などには公職追放を駆使して影響を及ぼしました。マッカーサーはキリスト教宣教師を3000人以上招聘し日本をキリスト教国化として根本的に改造することを計画していたようです。 

    このようなGHQによる日本の弱体化工作は「現行占領憲法」の「制定」という国際法違反の暴挙まで行い、それは今日にまで重要な影響を残しております。さらに「神道指令」や「教育勅語の廃止」などを強制しました。 

    今日の日本が直面する混乱の多くは、以上のようなGHQによる日本弱体化政策がその根本原因になっております。GHQの占領政策は「戦後レジーム」として今日でも日本を拘束しているといえます。 

    今回の勉強会ではこのような「戦後レジーム」から脱却するため、「占領政策と今日の日本」について考えてみたいと思います。 

     

    (今回の勉強会は日時が13:00からとなります、お間違えないようご注意ください。

      

     【日 時】平成29827日 午後1時から 

     【場 所】文京シビックセンター  四階会議室

       住所:東京都文京区春日11621 

       ◎東京メトロ丸ノ内線・南北線 後楽園駅 5番出口【直結】 

       ◎都営地下鉄三田線・大江戸線 春日駅  文京シビックセンター連絡口【直結】 

       ◎JR中央・総武線水道橋駅 【徒歩約10分】 

    【講 演】「戦後体制と國體隠蔽戦勝国の日本弱体化は今日実を結んでいる 

              講師 四宮正貴先生 四宮政治文化研究所 

    【司会者】林大悟 

    【参加費】資料代500円終了後、近隣で懇親会(2千円くらいの予定です) 

    【連絡先】渡邊昇 090-8770-7395 

    緊急告知!!
    カンパのお願い!!

     

    ゆうちょ銀行 
    口座名:有田糾弾統一行動

    記号 10370 番号 72729431

    ※その他の金融機関からの振込みはこちら
    店名:〇三八(ぜろさんはち)
    店番:038
    預金種目:普通預金

    口座番号:7272943

    牢人新聞  絶賛発売中!! 

    15号 表






      カンパの代わりに御購読頂ければ幸いです。先ずは見本を送って欲しいとの方も初回特別として500円で見本をお送りします。(送料込み)



    隔月発行で年6回発行します。

     

      発行所   牢人新聞社 

      所在地   〒334 0051 埼玉県川口市安行藤八33-13   

      発行人   渡邊臥龍

      電話    090-8770-7395

      購読料   個人   年間 1万円  半年 5千円

              法人   年間 15万円 半年 8万円

                  賛助購読 年間 3万円


    ご希望の方は下記メールアドレスまで1~5まで記入してお送りください。メールを確認のうちに振込口座を返送します。

    watanabe@pachinko-abolition.net

    1、お名前

    2、郵便番号

    3、住所

    4、電話番号

    5、メールアドレス


     

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    脅迫罪で有田芳生が告訴状!警視庁に出頭する

    読者諸氏の皆様方にご心配をおかけしました。

    勧告文-001


     本年、
    327日、参議院法務委員会において、民進党選出の有田芳生参議院議員は事実誤認の発言を行った。国会及び国民に対し、嘘、でっち上げの印象操作を行い、現在に至るまで関係者に謝罪はおろか、訂正もない。

     

     有田芳生は国会議員の特権とも言える国会発言や不逮捕特権を乱用して国民を弾圧する行為に対し、牢人新聞社は抗議活動を展開してきた。

     有田芳生糾弾統一行動と名付けた一連の抗議活動において、有田芳生は、牢人新聞社の主幹である渡邊昇に対して、警視庁麹町警察署に『脅迫罪』で告訴状を出した。

     

    有田芳生は、当局が監視体制する極左暴力集団朝鮮総連民団などの外国勢力やその名前自体が脅迫罪に当たる『しばき隊』や入れ墨を入れて反社会的行動をする『男組』などと徒党を組み、または計画的に共謀をして、愛国市民運動を弾圧してきた。

    COESLtEU8AAMYca
    無題
    20140717083605d57
    8bd7f8a6

     有田芳生の関係する弾圧行為は、上記のような反社会的勢力による、暴行、傷害、名誉棄損など逮捕事案が続出している。また国会での発言においても、有田側の逮捕者は『市民』と位置づけ国家公安委員長を謝罪させ、警察庁関係者を国会で恫喝してきた。

     

    このような常軌を逸した行為に留まらず、当紙主幹の言論活動において、散々批判と吊るしあげをしてきた警察に被害届を出してきたのが有田芳生である。

    警視庁の上層部もさぞ対応に困ったことであろう。本来であるならば、検事が公判維持出来るかどうか分からない事案について慎重な対応もするのであろうが、相手は有田芳生である。

    有田芳生の告訴状を受理しなければ、国会で何を言われるか計り知れない。言いたくないが、今はやりの言葉である忖度が警察上層部にあったのだろうか?

     

    本年427日に有田芳生は脅迫罪で告訴状を送ってきた。当日の朝は有田芳生糾弾統一行動による法務省前のビラ配りが展開されていた。

    現在、当紙主幹である渡邊昇は係る脅迫罪の容疑をかけられている身であり、捜査中の為に言葉は控えたいが、当紙の読者や支持者にも『知る権利』や当紙の『報道の自由』もある。

    慎重に言葉を選び、本日の経緯を簡単にご報告させていただく。

    本日、83日に警視庁麹町警察署に朝9時に出頭するようにと警視庁公安3課の捜査班から連絡を受けた。

    容疑は当紙ブログである『一介の素浪人』の328日の【予告】国賊有田芳生を討つと題した記事である。

    本文中に詠じた和歌の『天誅』という文字と『山口二矢烈士の写真』が脅迫に当たると指摘を受けた。

    先に読者諸氏に断っておくが、市民運動は合法的に行うものである。よって司法が違法行為と断定するならば素直に従うべきと愚性は思っている。
     

    これを例えて言うならば、ルールのあるスポーツを同じである。審判は司法である。審判がレッドカードを出すならルールあるスポーツ選手が見苦しい異議申し立てをするものではない。それと同じことである。

    ただし、愚生があえてこのような『天誅』という言葉を使ったのは理由がある。

     

    国賊とは、国家に害のある賊である。
     

    売国奴と混同されるが明確に違う。

     

    売国奴は自分の利益の為に国を売り渡す行為である。しかし国賊は始末が悪い。歴史に名を残す逆賊である。

    国家や民族をひとつの体に例えるなら、売国奴はウイルスに感染された細胞であり治療を受ければ治ることもある。しかし、国賊はガン細胞そのものである。必ず国や民族の死につながる。

     

    そして、天誅と国賊とは表裏一体である。

     

    天誅という言葉と天罰は違う。天罰とは因果応報である。刑罰や道徳的責任を負われなくとも来世で苦しんだり、悪者に雷が落ちた、交通事故にあったというのが天罰である。

     

    人が人を悪戯に殺めたりすればリンチ殺害かテロである。法に従えば刑事罰である。これらは人罰である。

     

    ならば天誅とは天による誅伐である。高祖高宗の歴代の天皇の御代における朝敵となり、末代まで汚名が残ることである。

    まさに名前そのものが恐ろしいのである。

     

    愚生は信じて疑わぬ。たとえどのような刑事罰を受けても真摯に受け止め、反省をしてまたやり直せる度量もある。

     

    しかし、今回の取り調べをきっかけに世の中に道理を通したい。

     

    その為に一切の駆け引きも打算もなく嘘偽りなく正直に供述調書を述べてきた。

     

    立法府の議員が行政府の司法警察に圧力を掛けて国民の言論を弾圧するようでは三権分立と民主主義の崩壊である。

     

    本日の取り調べは終了してまた後日に調べがある。最終的には東京地検に書類送検がされ地検検事の取調べもあり、公判にかけるなら起訴もされるだろう。

     

     まだまだ予断は許されぬ現状だが、これで自暴自棄にならず仕事と生活を両立して今後も合法的な市民活動を展開する所存である。

     

     脅迫罪は最高2年の有期刑もしくは30十万円の罰金刑である。

     

     今後、読者諸氏を始め多くの支持者に金銭的な応援を頼むこともある。幸いにして同志である有門大輔氏が渡邊昇の救援組織を立ち上げてくれるそうだ。

     

     皆様よろしくお願い申し上げます。


    尚、今度はこちらから、あのツイッターの件で有田芳生を訴える予定です。
    両者で訴えあいましょう。


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    渡邊昇に有田が告発状!警視庁に出頭する
    自由と民主主義とは何か?


     本紙、主幹である渡邊昇はかねてより、民進党に所属する参議院議員有田芳生に対し抗議活動を展開してきた。



                                     

     國賊に天誅を!!
     
     参議院議員の有田芳生氏が参議院法務員会のでの質問において、事実誤認の発言を行った。
     このことについて牢人新聞社は勧告文を提出する。

    国会での事実誤認発言
     
     



    勧告文

     
     

     平成29322日の参議院法務員会での貴殿の質問について以下のように勧告する。

     

     325日に川崎市総合自治会館にて行われた瀨戸弘幸弘先生が主宰の「ヘイトスピーチと言論の自由」と題する講演会について事実誤認の虚偽の質問を行った。

     

        貴殿が指摘するようなヘイトスピーチ的な内容が事実無かったにも関わらず、貴殿の政治的プロパカンダが目的で差別発言が行われているかの如く虚偽の風説を流布して国民や川崎市及び市民に対し欺瞞と嘘の宣伝を行い参加者の名誉を傷つけた。

        集会の開催に日本第一党とは関係ないにも関わらず、そのように決めつけ日本第一党とは関係ない参加者の心情を大きく傷つけた。

     

     貴殿は平成2625日の参議院予算委員会での質問にて、新右翼の指導者であった故野村秋介先生を暴力団よばわりして関係各位からの猛抗議を受けて謝罪をして参議院での発言を訂正した経緯がある。

     

     貴殿は暴力の行使も辞さない右翼関係者の抗議には謝罪をして訂正を行うが、定職を持ち合法活動を行う市民団体については貴殿が持つ権力を乱用して政治弾圧をおこなう卑怯者である。

     貴殿が今回の瀨戸弘幸先生に対する国会等の質問内容を撤回と謝罪をしないのであれば、右翼民族派の諸先生、緒先輩達の流儀にしたがい、運動の方向性の転換を含め、覚悟を決めて猛抗議をする決意もあることを勧告する。

     

    平成29328

    牢人新聞社 主幹渡邊昇

     
    勧告文-001

     

    有田芳生参議院議員殿


    過去記事
    参議院議員有田芳生氏にあてた信書


    参考文章 有田芳生が訂正した参議院予算委員会の内容
    発言有田芳生



    反対派は何も出来ず、<言論の自由>は守られた。

      

     

     

     


     参照終わり


     告発をした詳しいことは警視庁に出頭していないのでわからない。憶測するところ、本紙主幹の渡邊昇の言論活動に対し、有田芳生は警察に告発をしたのであろう。

     だが愚生はやましいことや人に後ろ指を指される行為をした覚えはない。

     国会において国政の議員という立場を乱用して、ウソ、デッチあげ、フェイク情報を印象操作をして、また、我々の仲間が行う街頭演説や示威行動に対し、イレズミをいれた犯罪者集団と徒党を組み、道路を不法占拠して、表現に自由を妨害してきたからこそ、有田芳生に対して、上記の勧告文を送達したのである。


     もっとも、有田芳生は、国会において、自分の立場を乱用して、国家公安委員長を謝罪させたり、刑事局長を詰問した過去がある。

     そんな、有田芳生に忖度をしたのか?どうか知らないが、犯罪者と共謀する国会議員によくも受理をしたと驚きを隠せない。


     愚生の言論活動に脅迫や名誉棄損があると、司法が判断をするなら、市民活動家として真摯に反省をすることは反省をすればよい。

     しかし、有権者をツイッターでゴキブリ呼ばわりする有田芳府の今までの行為は脅迫やそれ以上の行為ではないだろうか?


    COESLtEU8AAMYca
    20140717083605d57
    8bd7f8a6




     近日中に愚生は警視庁に出頭して取調べとなる。しかしこれは、人のモノを盗んだとか交通違反をしたとう犯罪ではない。思想犯である。愚生は、行動する保守運動、愛国市民運動として指導者的立場にある以上、警察の取り調べで卑屈な対応や仲間を売り渡す行為など微塵たりすることはない。


     もっというと、愚生が何か犯罪にあたる行為をしたと、司法が断定するなら、それは涼として受け止め、反省すべきことは反省をしよう。

     だが、物事の道理と筋道はきっちりと明かす。

     こんなことがまかり通る世の中は暗黒の社会である。

     もし、仮に愚生が警察に身柄を拘束されるようだったら、留守中の後の運動は頼む。


     警察の取り調べがある以上、捜査に支障のある書き込みはしないが、堂々と行って来る。


     ところで、ひとつ書き残しておくことがある。

     愚生の正業は、自治体が発注する公共事業である。詳しく言うと、下水道維持管理である。

    下記参照


    本文へ

    文字サイズ変更
    標準
    拡大

    音声読み上げ・ルビ振り

    検索方法

    English

    サイトマップ

    下水道

    計画的な改築・維持管理


     
    • ●下水道整備の進展にともない、管路延長は約47万km、処理場数は約2,200箇所など下水道ストックが増大
      ●管路施設の老朽化等に起因した道路陥没の発生件数は、平成27年度には、約3,300箇所
      ●日常生活や社会活動に重大な影響を及ぼす事故発生や機能停止を未然に防止するため、ライフサイクルコストの最小化、予算の最適化の観点も踏まえ、予防保全型管理を行うとともに、下水道施設全体を一体的に捉えた計画的・効率的な維持管理及び改築を推進(下水道ストックマネジメント支援制度)
     

    増大する下水道ストック及び道路陥没状況

     
    イラスト1
    管路の年度別整備延長
     
    イラスト2
    処理場の年度別供用箇所数(全国)
     
     
    下水道管路施設に起因する道路陥没件数の推移
     
     
     

    計画的な改築の推進

     
    イラスト6
    ライフサイクルコスト低減のイメージ
     
    イラスト7
    更生工法の採用・部分取替技術の採用
     

    施策の効果

    イラスト8
    ばっ気攪拌機の長寿命化

    下水道事業のストックマネジメント実施に関するガイドライン-2015年版-

     【本編】
       ・下水道事業のストックマネジメント実施に関するガイドライン-2015年版- (1,446KB)
     【付録】
       ・【付録1】経営計画・下水道ビジョン事例紹介 (9,804KB)
       ・【付録2】改築通知(平成25.5.16)国水下事第7号「下水道施設の改築について」 (299KB)
       ・【付録3】改築通知(平成26.7.25)国事務連絡「下水道管きょの更生工法による改築に関する交付対象の運用について」 (418KB)
       ・【付録4】長期的な改築の需要見通し検討例 (2,571KB)
       ・【付録5】管渠の健全率予測式 (469KB)
       ・【付録6】リスク評価例(管路施設) (364KB)
       ・【付録7】リスク評価例(処理場・ポンプ場施設) (336KB)
       ・【付録8】管渠調査に関するスクリーニング技術 (910KB)
       ・【付録9】主な設備に関する主要部品の判定項目の例 (594KB)
       ・【付録10】土木・建築の点検・調査項目及び診断の例 (189KB)


    ストックマネジメント手法を踏まえた下水道長寿命化計画策定に関する手引き
       ・ストックマネジメント手法を踏まえた下水道長寿命化計画策定に関する手引き【本編】H25.9(4,973KB)
       ・【参考資料1】導入効果例 H25.9(699KB)
       ・【参考資料2】長期的な改築需要見通しの検討例 H25.9(496KB)
       ・【参考資料3】管路施設のストックマネジメント H25.9(4,430KB)
       ・【参考資料4】処理場・ポンプ場施設のストックマネジメント H25.9(1,692KB)
       ・【参考資料5】下水道長寿命化計画の検討例(管路施設) H25.9(528KB)
       ・【参考資料6】下水道長寿命化計画の検討例(処理場設備) H25.9(295KB)
       ・【参考資料7】主な設備に関する主要部品の判定項目の例 H25.9(189KB)
       ・【参考資料8】下水道長寿命化計画の例 H25.9(150KB)


     参照終わり


     なぜ、愚生の正業を紹介したかというと、下水道維持管理の入札は、全国的に同和や在日企業が牛耳り、談合をしいると、指摘しても過言ではない。

     自治体は厳しい財政の中、下水道事業を拡充しなければならないのだが、差別だ人権だと言って役所を脅し、不当な入札で談合をするだけに留まらず、詐欺のような仕事をして利権をむざぼっているのである。

     このような悪しき風習や談合を排除して、全うな仕事をしているのが我々の業務である。


     先日も、某市の指名競争入札の談合を壊し、我々が下水道の管渠の調査を行ったところ、危うく博多で起きた陥没事故を未然に防げたことがあった。

     以前に、この管渠を調査した企業は、、同和系の談合企業であり。民進党に選挙協力をしている。当然、人権問題を掲げる、あの政治家の選挙も手伝っているのだろうな。


     東京都においても、新宿区大久保にある、下水道維持管理の会社は、なんとのりこえねっとの事務所があるビルに入居しており、人権問題を掲げる団体とも交流して受注をしている。

    image
    image


     健全な自治体運営を妨げ違法な官製談合を放置してはならない。
     本末転倒な捜査にならないよう祈らんばかりである。


    緊急告知!!
    カンパのお願い!!

     

    ゆうちょ銀行 
    口座名:有田糾弾統一行動

    記号 10370 番号 72729431

    ※その他の金融機関からの振込みはこちら
    店名:〇三八(ぜろさんはち)
    店番:038
    預金種目:普通預金
    口座番号:7272943

    牢人新聞  絶賛発売中!! 

    15号 表






      カンパの代わりに御購読頂ければ幸いです。先ずは見本を送って欲しいとの方も初回特別として500円で見本をお送りします。(送料込み)



    隔月発行で年6回発行します。

     

      発行所   牢人新聞社 

      所在地   〒334 0051 埼玉県川口市安行藤八33-13   

      発行人   渡邊臥龍

      電話    090-8770-7395

      購読料   個人   年間 1万円  半年 5千円

              法人   年間 15万円 半年 8万円

                  賛助購読 年間 3万円


    ご希望の方は下記メールアドレスまで1~5まで記入してお送りください。メールを確認のうちに振込口座を返送します。

    watanabe@pachinko-abolition.net

    1、お名前

    2、郵便番号

    3、住所

    4、電話番号

    5、メールアドレス



      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ヘイト条例を制定したい川崎市に対するパブリックコメントを公開
    川崎市の良識を問う!

    • 「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律に基づく「公の施設」利用許可に関するガイドライン(案)」についてのパブリックコメント(意見提出書)

    「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律に基づく「公の施設」利用許可に関するガイドライン(案)」についてのパブリックコメント(意見提出書)

     近年、本邦外出身者であることを理由として、我が国の地域社会から排除することを煽動する不当な差別的言動をヘイトスピーチであるとして社会問題化しており、平成28年5月24日に「本邦外出身者に対する差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律(以下「ヘイトスピーチ解消法」という。)が制定されました。本市では、川崎区内の2つの公園の公園内行為許可申請について、5月30日、全国初の不許可処分を行いました。
     こうした中、平成28年7月13日に、市長が川崎市人権施策推進協議会に対し「ヘイトスピーチ対策に関すること」について優先審議を依頼し、同年12月27日に、同協議会から優先審議報告書「ヘイトスピーチ対策に関する提言」が提出されました。そこでは、取り組むべき事項として、「公的施設の利用に関するガイドライン」が提言され、これに基づき、公の施設の設置・管理条例における利用制限の検討・判断を行う際に拠るべき基準として「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律に基づく「公の施設」利用許可に関するガイドライン(案)」を取りまとめましたので、市民の皆様からの御意見を募集します。

    以下、パブリックコメントの内容


     お世話になります。埼玉県在住の渡邊昇と申します。

     私は職業が下水道維持管理の仕事をしており、埼玉県在住でありながら川崎市が発注する下水道調査や更生工事に関わっています。

     近年では宮前平の暗渠の更生工事にも関わった経験があります。

     私は、全国の自治体が発注する下水道調査に関わりながら、愛国市民団体活動に従事させて頂いている立場です。

     本日、パブリックコメントで申し上げたいことは下記に箇条書きで申し上げますので是非とも川崎市の発展の為に参考にしていただければと思います。


    1、まず、なぜ市民運動やデモ行進が行われたか?

     それは、戦後の日本におけるタブーとされた、憲法問題、領土問題、拉致問題、在日問題、同和問題、新興宗教問題、そして公共事業の談合問題等、多くの問題を既存の政治団体の視線ではなく、あらゆる職業や立場の人達が声をあげてきたからです。

     政治や行政が「臭いモノには蓋をしろ」的に問題を棚上げしてきたツケを何とかしたいという市民レベルの声なき声と思って貰っても構いません。


    2、我々は、現在、ヘイトスピーチは行っているのか?

     結論からいうと行われていません。過去に言い過ぎた言動もありました。また責任は主宰者にありますが、インターネットという不特定多数が参加するデモ行進に、主催者が細心の注意を払ったとしても、デモ行進の最後尾に所在の知れない人が、「意図的なプラカード」を掲げられてしまうと、「ヘイトスピーチ」と言われてしまうことがありました。


     我々も対応に苦慮しましたが、市民団体の原則は合法的な活動です。通称、「ヘイトスピーチ規制法」の制定以降に、我々がヘイト的発言をしたというのは、私が知る限りでは無いと思っています。


    3、デモや街頭演説をする理由

     政治や行政が、問題を棚上げにしてきた事に対し、よりよい日本を作りたいと願望する発露から、デモや街頭演説を行っています。

     外国人に対する生活保護、パチンコ問題、反社会的勢力の問題、談合や選挙の買収、こういった問題がある以上、市民団体として、声なき声があがるのは当然だと思います。


    4、今後について、

     もし、今後、ヘイトスピーチに関わる条例が川崎市で制定されるならば、埼玉県民の私から言わせれば構わないと思います。

     埼玉県は悲しいですが、各市町村が発注する公共事業も官製談合があるくらいですので致し方ありませんが、市制90年の歴史がある川崎市は、官製談合はもとより、反社会的勢力や本邦外出身者の不当な圧力が無いと信じています。

     「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律に基づく「公の施設」利用許可に関するガイドライン(案)」が議会で可決され、より良い川崎市の条例が制定された以降に、私たちの埼玉県で常態化したような、官製談合、反社会的勢力や本邦外出身者の行政にたいする不当な圧力がマスコミ等に発覚して、市制に対し禍根を残すことの無いよう立派な市制を運営していただければ幸いに存じあげる次第です。


     また、私が、通称、ヘイトスピーチ規制法が国会に審議される直前に、憲法で保障された請願署名を、東京都新宿区にあるJR新大久保駅で一人で署名街宣をしようとしたところ、川崎市にもあらえあれたヘイトスピーチに反対する人々が警察の阻止も聞かずに暴力的に署名活動をさせなかったことがユーチューブにありますので、これも参考にしていただければと存じます。




     


     このパブリックコメントの内容は当方のブログ「一介の素浪人」にも公開させて頂きます。
     

    このページのトップヘ