連帯ユニオン関生支部の虚偽告訴か?
~器物損壊事件の真相は?!~

 7月10日(火)和歌山県警によって愚生は逮捕された。容疑は「器物損壊」の疑いである。
 20日間の拘留期間中に接見禁止となり、容疑の防御権は弁護士との接見だけである。
 「日本最強の労働者」と自ら称する連帯ユニオン関西地区生コン支部の街宣車(大坂 348  も 99 トヨタ ハイエース)の後部バックパネルほかが破損されたと「逮捕状」や「弁解録取書」などに記載があった。
スケッチ88



 しかし、YouTubeにアップされている動画を拝見する限り、上記ハイエースのバックパネルに破損個所は見当たらない。


 また、連帯チャンネルなる連帯ユニオン関西生コン支部のチャンネルや連帯ブログには、どのように破損されていたか詳しい記述はない。

スケッチ99
スケッチ66

あるのは、「大阪広域生コンクリート協同組合」や「和歌山県広域生コンクリート協同組合」が
       「金銭を当方に渡して犯行を依頼した等という真っ赤な大ウソ


 当方としても本当に壊したのであれば真摯に謝罪をして弁償する意思はあり、すでに弁護士に一任をしているところだが、新たに出てきた証拠や写真を検察庁や弁護士とも話し合い真相究明を果たしと思っている。

 現在、連帯ユニオン関西生コン支部は近畿一帯の警察署に被害届を出しているというが、当方としては既に各警察署にお話しをしていように、何も隠し立てすることないので和歌山県警が押収したパソコンや経理書類、携帯電話、他の証拠物件などは棄損のないように保管をしているし、何か聞きたいことがあるならばいつでも出頭をするとお話をしている。
 もちろん、当方がした行為が法を逸脱している行為があるならば素直に認める。

 だが、連帯がビラやインターネットで誹謗中傷する印象操作には、「大阪広域生コンクリート協同組合」や「和歌山県広域生コンクリート協同組合」が

 「金銭を当方に渡して犯行を依頼した等というのは、真っ赤な大ウソであることは和歌山県警の捜査でも金銭的な理由で犯行を指示していなかったことは分かっていることである」

 今回、本当に愚生が壊したのかどうかハッキリさせたいのでブログで紹介させて頂いた。

 連帯は、大阪広域や和歌山広域と瀨戸弘幸先生や愚生を結び付けて犯行をした主張するが、誇張や証拠偽造は当たり前に行うと元連帯組合員も言うくらいなので、各捜査機関は連帯の言い分には慎重になっていただきたいと思う次第である。

 器物損壊事件が起こったとされる翌日のハイエースの映像です。

【2018.01.26】連帯ユニオン糾弾in和歌山御坊市 連帯ユニオン嫌がらせ街宣部隊を撃退!!




スケッチ7
スケッチ5
スケッチ4
スケッチ3
スケッチ1



 これは「虚偽告訴罪」に抵触するのか?
刑法第172条 虚偽告訴罪
人に刑事又は懲戒の処分を受けさせる目的で、虚偽の告訴告発その他の申告をした者は、3月以上10年以下の懲役に処する(刑法第172条

今回、弁護士費用などの経費は瀨戸弘幸先生のブログで基金をつのり集まった資金でなりたちました。ここにご支援をいただいた方々に御礼申し上げます。

 


お知らせ 牢人新聞最新号を販売してます
連帯ユニオン関西生コン支部特集!!
関マナの犯罪は実態はこれでわかる

下記写真は過去のバックナンバーです

4月号表
4月号裏 

 カンパの代わりに御購読頂ければ幸いです。
 先ずは見本を送って欲しいとの方も初回特別として500円で見本をお送りします。(送料込み)


隔月発行で年6回発行します。
 
  発行所   牢人新聞社 
  所在地   〒334 0051 埼玉県川口市安行藤八33-13   
  発行人   渡邊臥龍
  電話    090-8770-7395
  購読料 個人   年間 1万円  半年 5千円
      法人   年間 15万円 半年 8万円
      賛助購読 年間 3万円


 ご希望の方は下記メールアドレスまで1~5まで記入してお送りください。メールを確認のうちに振込口座を返送します。
rounin.news@gmail.com

問合せ先 090-8770-7395 (渡邊)

1、お名前
2、郵便番号
3、住所
4、電話番号
5、メールアドレス