2005年01月30日

久留米市教委の「君が代」指導状況調査

 25日に書いた「【町田市教委】「声量」だけでなく、都教委より踏み込んだ通知」では、国歌の「事前指導」について月ごと・週ごとの報告書を求めている点が特徴と書きました。
 昨年、「君が代」声量調査で問題になった久留米市教委に関する資料を見直してみたところ、やはり久留米市でも「君が代」指導状況調査が文書で行われていました。

(自分でつくったホームページなのに失念していました・・・。)

 国歌の指導計画・報告が各学校ごとに求められており、一部には細かい記述も見られます。

・フレーズが切れないように歌う
・伴奏に合わせてスラーのかかる音や鼻濁音に気をつけてなめらかに歌う
・大きく明快な声で「君が代」「卒業式の歌」を歌うようにさせる。
・伴奏に合わせ、旋律に気をつけ、張りのある声で歌えるようにするとともに、
 社会科や音楽科の学習との関連を図り、国歌に対する正しい認識をもたせ、
 国歌を尊重する態度を育てる。

 詳しくは、こちらをごらんください。
久留米市教委の「君が代」指導状況調査
http://tokyo.cool.ne.jp/kunitachi/kyouiku/kurume.htm#8



suruke at 21:16│TrackBack(0)clip!日の丸・君が代 

トラックバックURL