2007年06月28日

ペンタックス、ゴミ除去機能を備えた「K100D Super」

*1円スタート!*K14ホワイトゴールドサファイアピアス
 ペンタックスは6月28日、デジタル一眼レフカメラ「PENTAX K100D Super」を7月12日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、ボディのみの実売想定価格は7万円台半ば。ズームレンズ「smc PENTAX-DA 18-55mm F3.5-5.6 AL」をセットにした「レンズキット」が9万円前後。

 新製品は2006年5月に発表された「K100D」をベースに開発されたスタンダードクラスのデジタル一眼レフカメラ。高機能な上位機種「K10D」(レビュー)が搭載しているゴミ除去機能「DR」(Dust Removal)を新たに備えたほか、超音波モーター内蔵のSDMレンズにも対応し、SDMレンズを装着すると自動的にSDMによるAF方式に切り替わる。K100Dではファームアップの必要があったSDHCメモリーカードにも標準対応した。

 そのほかの主なスペックはK100Dと変わらず、有効約610万画素CCD(23.5×15.7ミリ)を搭載。ジャイロで検知した手ブレに応じて永久磁石とコイルを使用した機構によりCCDを駆動し手ブレを軽減する手ブレ補正機能「SR」(Shake Reduction)をボディ側に備えている。補正効果は約2〜3.5段分。

 CCD表面にはフッ素系物質によるSP(SuperProtect)コーティングが施されており、ゴミなどが付着しにくい構造になっているほか、新搭載のDRは撮像素子そのものを振動させることで、付着してしまったゴミなどをふるい落とすことができる。

 クラス最高レベルのISO3200相当までの高感度撮影が可能。AFには11点測距ワイドAFセンサー(SAFOX VIII、中央部は9点クロスタイプ)を搭載しており、ファインダー周辺の被写体にもピントをあわせられる...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)






<% amazon %>

sus_gun at 22:50│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔