2008年03月17日

卒業式:心新たに巣立つ 喜びの“一期生”/介助犬とともに /京都

●U-120★RADO★R18.605.203 ダイヤスタ-レディース新同品!
,, ◇喜びの“一期生”13人−−下京・市立洛友中二部学級
 府内唯一の二部学級がある下京区の市立洛友中(西寺正校長)で14日、卒業式があり、在日韓国人の張鏡〓(チャンキョンヨン)さん(74)=右京区=ら13人が卒業した。生徒減に伴い、昨年4月に以前の二部学級が同中へ統合されたため、今回が卒業“一期生”。張さんは「卒業なんて夢みたい」と喜びをかみしめた。
 張さんは小学3年まで義務教育を受けたが、戦争中に福井県へ疎開。終戦直前に病気で母を亡くし、妹2人を抱え学校に通えなかった。昼間はあめを作って売るなどして生計を支え、夜に父から字を教わった。
 両親は韓国出身。親せきは韓国、北朝鮮、日本の3カ国にいる。戦後、親せきは帰還事業で北朝鮮へ。張さんも行く予定だったが、長女の出産で断念。その後も手紙でやり取りは続いたが、字が書けず「なんで返事くれへんのや」という手紙をもらったこともあったという。
 1988年に「人前で字を書けるようになりたい」と旧郁文中二部(下京区)へ入学。仕事のため一時中断したが、6年前に再び通い始め卒業にこぎ着けた。
 張さんは「字が書けるようになったので、日記をつけて思いをつづりたい」と話した。【椋田佳代】
 ◇「洛翠」とともに、江田さん卒業−−龍谷大瀬田学舎
 一方、大津市の龍谷大瀬田学舎でも同日、卒業式があり、社会学部の江田祐紀さん(23)=城陽市=が介助犬のラブラドールレトリバー「洛翠(らくすい)」(オス、8歳)とともに新たな門出を迎えた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆ラドー 福井関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ラドー 福井関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

sus_gun at 13:42│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔