解雇期間限定(?)”世界に反旗を翻す” 型映画特集もいよいよ最終章!
モンスター上司
★★★★☆


よくぞ仕上げてくれました!
そう褒めたくなる痛快復讐ノンストップコメディー。


それぞれにクソな上司を抱えながら、
辞めるに辞められない事情のニック、デイル、カートの仲良し3人組。
ついに、「上司殺害計画」を企てるが、事態は思わぬ方向に。。。

先の読めない展開。テンポのいい笑い。
ウィットに富んだセリフ。抜群な間の演技。
緻密な脚本に、映画としての演出。

人を笑わすってのは、泣かすよりもずっと難しい。
それに、こういう映画が、実は一番難しいはずなんです!
だって、ド派手なアクションやシンプルな心情で誤魔化せないから。
まさにノンストップコメディーのお手本にしたい映画。
ハングオーバー!』シリーズと比較されてしまうのが、可哀相でさえあります。


いやぁ、イイ映画じゃないか!
確信犯的に用意されたエンドロールの楽しいメイキング映像。
ラストカットのアレなんて、ちょっとオシャレすぎるぞ!!

ずるい。

全体的にすごく英語が聞き取りやすい映画でもあります。
ただ、翻訳の人がイイ仕事してくれてるので、それを楽しむのもまた1つだと思います。
だって、「流れを変えずにジョークを訳す」、これって至難の業だと思うんです。
しかもそれが、さらに下ネタともなると、もうえらい大変だろうと。

「ちょっとトイレに」
「そこで何してた?」
「おしゃぶ…おしゃべりだ」

お見事(笑)!

そんなわけで女性の方だと下ネタがひどくて笑えないって意見もあるようです。
じゃあ、独身男性を代表して、ひとこと言ってもいいですか?

カート死ね(笑)!

さて、この映画に対して、唯一文句を言うなら「邦題」ですね。
『モンスター上司』って何?
『Horrible Bosses』から「ホリブル・ボス」に出来なかったのはわかります。
でも、もうちょっとなんとかできたんじゃ。。。

散りばめたネタの豊富さも、地味に凄い。
ヒッチコックや『グッド・ウィル・ハンティング』なんかの映画ネタから、
インテルやアップルなんかのITネタまで。。。
予告編も巧いし。この映画やります!



こういう映画があるからこそ、
社畜の皆さんもまたお仕事が頑張れるってモンです!

いやぁ、映画って本当にいいもんですね〜。(Copyright 水野晴郎)



にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ