2018年10月27日

本日開催の草はらの日は、先月からの臨時草はらの日の成果か目立つ外来草本が減ってきたため、予告していた内容から変更し、西区にてクズの抜き取りを行いました。

クズは在来の植物ではありますが、放っておくとマント状に繁茂して草地を覆ってしまうため、増えすぎないように管理をしています。
あっちにこっちに、縦横無尽に伸びるクズ。
根気強くたどって、根元から刈り取ります。
作業中1
参加者4名とスタッフ2名で立ち向かう!
(撮影:高橋嘉明さん)


それぞれクズを辿っていたら、近くの人が辿っていたのと繋がっていて綱引き状態!なんていうハプニングもありつつ、作業は進みました。
とったクズ
今日の成果は、リヤカー2台分
(撮影:高橋嘉明さん)

作業後
クズをとってすっきりした原っぱ前で、はいポーズ!
(撮影:高橋嘉明さん)


ご参加の皆様お疲れさまでした!
次回の活動は11月24日です。皆様のご参加お待ちしております♪
(ごとう)

2018年10月24日

PA240001

箱根・仙石原のススキ群落が見頃だと、社会面にカラー写真で掲載されました。
18ヘクタール、700mの遊歩道というから、壮観ですね。よい観光スポットになっています。(さとう)


2018年09月29日

2018年9月29日(土)
セイタカアワダチソウの猛威に通常の草はらの日の作業だけでは追いつかないため、急遽実施。雨の降る中に大人3名が原っぱに集合。

1DSCF2285

西区のセイタカアワダチソウのほぼ花が咲きそうなものを抜き取りました。
今後はアレチヌスビトハギを抜き取って行きます。
作業していると大型のアレチヌスビトハギがもっさもさして種が体中にくっつきます。
来年は種付ける前にとりましょう。

1DSCF2289

足元はこんなことに

1DSCF2293

軍手はこんなことに


1DSCF2298

種子を新たに散布しないように付いたものは一つずつ取りました


先日の作業後に花粉症の症状がでた方がいました。来年は花咲く前に取りましょう。絶対に。今日は雨の中お疲れさまでした。風邪引かぬよう暖かくしてお休みください。
(つちや)


2018年09月27日

今週末、9月29日(土)に臨時・草はらの日を開催します♪
autumn180929_1


先日の草はらの日にやり残していた外来草本たちを抜きます!
黄色い花がよく目立つセイタカアワダチソウや、オオブタクサ、イヌキクイモ、外来草本ではありませんが草はらを覆ってしまうクズなどを取り除きましょう。
ぜひ、お集まりください☆

autumn180929_2
種子散布の前に!


【臨時・草はらの日 9月29日】
日 時: 2018年9月29日(土) 9:30 バードサンクチュアリ集合
対 象:小学2年生以上から大人の方
    (1年生以下は保護者同伴で参加できます)
定 員:20人まで(申込不要)
参加費:無料
    ※レクリエーション傷害保険に加入するため、名簿作成にご協力ください
持ち物:作業しやすい格好でお越しください。軍手があるとよいでしょう。



2018年09月22日

9月22日(土)
外来草本の抜き取りを行いました。
この草原で一番多い外来草本のセイタカアワダチソウは全部は抜ききれませんでしたが、雨のおかげで抜きやすかったですね。ススキの根元にはナンバンギセルがありました。

1P9222179

(撮影・柴田絵里さん)

柵の周囲には背丈を超えるオオブタクサがありススキの株が小さくなっていました。
1DSCN0061

飛び散る花粉を吸い込みながら抜き取り完了です!
今年花粉症デビューする人がいそうです。
(撮影・高橋嘉明さん)

それとイヌキクイモの群落もあり、抜き取りとそこには何も生えていませんでした。
日当たりが大事な草原の植物たち。イヌキクイモではなくチガヤやアザミ類、オミナエシなどが生育してほしい。
1DSCN0079

ツルマメやヤブガラシが覆いかぶさり、
イヌキクイモが寝そべって花を咲かせていました。
根っこが遠くにあり、抜き取りにとても難儀しました。
(撮影・高橋嘉明さん)


おまけ

1DSCN0095x


最後に人文字で「KAYAHARA」…RとAが足りません。新規ボランティア大募集!!
今日は時折雨がポツリポツリと降る中での作業お疲れさまでした。気温もよかったですね!どうか花粉症デビューしないことを願っております。ではまた来月お会いしましょう!
(つちや)