2022年04月25日

春になって生きものがあちこちで見られるようになりました。
よく見かけるのはチョウやトカゲ、トンボなどの大きなものですが、小さな生きものもたくさん出てきています。
今回はハエトリグモ特集です!

特にたくさん見られたのがヤハズハエトリでした。
ヤハズハエトリ_オス亜成体
オス


性別で見た目がかなり異なりますが同じ種類です。
ヤハズハエトリ_メス
メス


ヤハズハエトリメス
お食事中のメス
この写真は名前の通りハエを食べてます。


マミジロハエトリ
ファイティングポーズが可愛いマミジロハエトリ


DSCN3822 ネコハエトリ♂
ネコハエトリ


身近に見られるハエトリグモもたくさんいるので、観察してみるとなにか発見があるかもしれないですね。
(ひらいわ)

4月23日に今年度初の草はらの日を開催しました。ボランティア19名、スタッフ2名のなんと総勢21名で外来草本の抜き取りを実施しました。たくさんの参加ありがとうございます!

今回はセイタカアワダチソウとハルジオンをメインに抜きました。
まだ背が低いので、最初は見つけるのに苦戦していましたが、だんだん慣れるとみなさん大量に抜き取ってました。


20220423_111458
根がちぎれないように丁寧に抜きます


草はらで作業しているとなにかしらの生きものが視界に入ってきます。
暖かく、とても良い天気だったので生きものが活動的でした。

DSCN3824 ツチイナゴ
交尾中のツチイナゴ(撮影:高橋嘉明さん)


ヒキガエル220423茂木さん
草の下にヒキガエルが隠れています(撮影:茂木大樹さん)

他にもシオカラトンボやナミテントウ、ニホンカナヘビなどが見られました。


参加してくれたみなさまのおかげでブルーシート1枚分のセイタカアワダチソウやハルジオンを抜き取ることが出来ました!
集合写真
今回の成果とみなさん(撮影:高橋嘉明さん)



抜き取った植物を堆肥場まで運んで草はらの日は終了です。
P4222835
大の大人6人でも重たそう(撮影:柴田絵里さん)



次回は5月28日(土)で、刈った草の運び出しです。すすき原っぱを維持するための大切な作業になります。みなさまの参加おまちしてます!
(ひらいわ)

2022年04月18日

いつも武蔵野茅原組合へのご支援、活動へのご参加ありがとうございます。
2021年度上半期(4月〜9月)の草はらの日の日程が決まりましたので、予定している作業内容と併せてお知らせいたします。

☆4月23日(土) 
外来草本の抜き取り

☆5月28日(土)
刈り取った草の運び出し

☆6月25日(土) 
外来草本の抜き取り、ちゃが馬試作

☆7月は定例活動はお休みです

☆8月27日(土)
刈り取った草の運び出し

☆9月24日(土)
外来草本の抜き取り

毎月第4土曜日9:30〜12:00の開催となります!
作業内容は、その時の状況に合わせて変更になる可能性もあります。

開始時間に間に合わない……最後まで居られないかも……
そんな方も、途中だけの参加ももちろん大歓迎です!
鎌や熊手などの道具は貸し出ししておりますので、軽く運動ができるような格好でぜひお気軽にご参加くださいませ。
事前の申込は必要ありません。
参加をご希望の方は、当日9時半までにすすき原っぱお隣のバードサンクチュアリにお集まりください。

活動に2回参加すると、武蔵野茅原組合員の証として、組合員手帳をプレゼントしています!
組合手帖
気になる中身は……実際に手にしてからのお楽しみです!


普段は入れない原っぱの自然を楽しみながら、一緒に保全活動をしてみませんか?


皆様のご参加、お待ちしております。

(ひらいわ)

いつも武蔵野茅原組合へのご支援ありがとうございます。

4月の草はらの日は
4月23日(土) 通常通りの第4土曜日
の開催を予定しております!
告知が遅くなってしまい申し訳ありません。

春になり様々な植物が芽生える季節になりました。しかし、残念ながら外来草本も同時に生えてきます。
成長して花を付ける前に抜き取っていくことが大切です。
成果
大きくなるとたくさんの種を飛ばすセイタカアワダチソウ
(2020年10月撮影)

※作業内容は当日の状況により変更になる可能性がありますので、ご了承ください。

保全作業というと少しハードルが高く感じてしまうかもしれませんが、ご安心ください。外来草本の見分けなどはスタッフやベテランボランティアがしっかりお教えします!
軍手や長靴の貸し出しもありますので、動きやすい格好でお越しいただければ大丈夫です。動くととても暑いので、帽子や飲み物もお忘れなく。


3月の草はらの日は、6名にご参加いただきました!2回参加すると茅原組合員手帳をお渡ししていますので、ぜひゲットしてください☆
組合手帖
中身はもらってからのお楽しみです


皆様のご参加お待ちしております!

2022年03月27日

3月26日(土)、今年度最後の草はらの日を開催いたしました。
どんよりとした曇り空でしたが、6名の参加者にお集まりいただき、外来草本の抜き取りや柵や看板などの設備の点検を行いました。

メインの作業は、東区でのセイタカアワダチソウの抜き取りです。セイタカアワダチソウは冬の間はロゼットという地面から直接葉が生えているような状態で越冬しています。
84230F6B-838E-42C2-846E-A3A5C7783514
ロゼット状態のセイタカアワダチソウ

背の高くないセイタカアワダチソウを見つけるのは慣れないうちは少し大変ですが、ベテラン参加者はもちろん、初めての参加の方もすぐにコツを掴んで、タライに山盛りのセイタカアワダチソウを抜き取ることができました。
2C463497-79B4-4A5D-9299-2E227D8920E4
作業成果と共に
一つ一つが小さいので、かなりの量です!


曇り空と強い風のせいか、今回は生きものにはあまり出会えませんでしたが、暖かい日も増えてお天気の良い日にはたくさんの虫たちが見られるようになってきています。公園に遊びに来た際はぜひ原っぱも覗いてみてくださいね。
F1581AF1-3F63-44A3-A3CB-338130F77C77
ヒメジュウジナガカメムシ
集団でいるところをよく見かけますが、今回は一匹のみでした
(撮影:柴田絵里さん)


作業中、原っぱの中に外から持ち込まれた(捨てられた?)植物を発見したりと、少し困ったこともありました。それはまた別の記事でお伝えしようと思います。

改めまして、3月の作業にご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!
次は4月23日(土)の開催予定です。ご参加お待ちしております!

(ごとう)