2021年04月27日

とてもさわやかに晴れた4月の草はらの日。
本日は、スタッフ3名、ボランティア7名の総勢10名で、春恒例の外来草本抜き取りと情報看板の補修を行いました。

4-1kamban
支柱が劣化して倒れかけていた看板を補修


材料不足で、腐っていた部分を切り落として埋め戻しただけなので、ちょっと低い位置になってしまいました・・・・。
いずれ材料を揃えて、見やすい高さの看板として復活させます。しばしお待ちください。

原っぱの保護柵内では、ヒメジョオンやセイタカアワダチソウ、イヌキクイモなどの外来草本を抜き取りました。
東区、中央区、西区の全区画で抜き取り完了! さすが、手練の皆さんです。

4-2nukitori
せっせと外来草本を抜き取りました

4-3nukitori
抜き取った成果の一部


目が慣れると次から次に外来草本が見えてきて、座り込んで抜いている人も。
「他の場所で外来草本を見つけると、抜きたくなります」という職業病?のボランティアさんもいました。気持ち、わかります。

保護柵内では、日向ぼっこするカナヘビなど、様々な動植物と出会えました。
4-4numatora
ヌマトラノオ
7月ごろに花が咲きます

4-5tsuchiinago
成虫越冬するツチイナゴ
かっこいいバッタです


次回は、5月22日(土) 刈った草の運び出し です。
オギ・ススキ群落を維持するための大切な作業です。ご参加お待ちしています☆
(ますなが)

2021年03月31日

いつも武蔵野茅原組合へのご支援ありがとうございます。

4月の草はらの日は
4月24日(土) 通常通りの第4土曜日
の開催を予定しております!
告知が遅くなってしまい申し訳ありません。

春になり芽生えてくる植物のなかには、残念ながら外来草本の姿も……大きくなって花を付ける前に抜き取っていくことが大切です。
成果
大きくなるとたくさんの種を飛ばすセイタカアワダチソウ
(2020年10月撮影)

※作業内容は当日の状況により変更になる可能性がありますので、ご了承ください。

保全作業というと少しハードルが高く感じてしまうかもしれませんが、外来草本の見分けなどはスタッフやベテランボランティアがしっかりお教えしますので、ぜひ気負わずご参加ください♪
お持ちでない方には軍手や長靴の貸し出しもありますので、動きやすい格好でお越しいただければ大丈夫です。動くととても暑いので、帽子や飲み物もお忘れなく。
3月の草はらの日も、初参加の方5名にご参加いただきました!2回参加すると茅原組合員手帳をお渡ししていますので、ぜひゲットしてください☆
組合手帖
中身はもらってからのお楽しみです


皆様のご参加お待ちしております!

3月20日(土・祝)に開催した「草はらの日」と「育てよう練馬の里山 クワガタを育む雑木林」の作業中に様々な生きものを見つけました。
中にはじっくり目を凝らさないとなかなか気づけないような生きものもいたので、こちらの記事にてじっくりご紹介したいと思います。
あれもこれも書きたくて、すっかり長い記事になってしまいましたが、ぜひお付き合いください。

まずはこちら。
オオカマキリ卵嚢_高橋さん
すすき原っぱではすっかりおなじみ、オオカマキリの卵です!
(撮影:高橋嘉明さん)

オオカマキリの卵嚢はススキなどの茎や木の枝先に産み付けられます。
このオオカマキリの卵を観察していたところ、草はらの日参加者の方が、卵の下にも何かついていることに気づきました。
よーく見てみると……
コミミズク幼虫_
おわかりいただけるだろうか……
(撮影:高橋嘉明さん)

なんだか平べったいものが張り付いていますよね?これはコミミズクです。コミミズクと言っても、フクロウの仲間のコミミズクではなく、ヨコバイの仲間(もっとざっくりいうとカメムシの仲間です)のコミミズクで、今回見つけたのは幼虫です(幼虫の姿で越冬します)。
成虫はこんな姿です。
コミミズク160429
2016年4月撮影

成虫も幼虫も小さいうえに樹皮にそっくりなので、見つけられるとなんだか嬉しくなりますね!ちなみにヨコバイの仲間はジャンプが得意なので、観察したいときは驚かさないようにそっと近づくのが良いでしょう。

続いてはこちら。
草はら_トカゲ_柴田さん
冬眠中のヒガシニホントカゲ
(撮影:柴田絵里さん)

ヒキガエル_茂木さん
冬眠中のヒキガエル
(撮影:茂木大樹さん)

どちらもササ刈りや落ち葉かき中にふかふかの落ち葉の下で発見しました。起こしちゃってごめんね!
イベントのあった日はまだ彼らが活動するには寒かったので、そっと落ち葉を元通りに戻しておきました。

お次はこちら。
クワガタ幼虫_茂木さん
朽木の隙間に幼虫を発見!
(撮影:茂木大樹さん)

クワガタ類の幼虫を発見しました。この朽木は以前使っていた杭が雑木林内に抜け落ちて朽ちていたので、丸太積みなどと一緒に置いていたのですが、もう既に利用している生きものがいたとは!夏になって立派な成虫になった姿にまた出会いたいですね。

トホシテントウ茂木さん
トゲトゲの生きものを発見!
(撮影:茂木大樹さん)

こちらはトホシテントウというテントウムシの幼虫です。冬のテントウムシというと成虫が集団で越冬している様子を思い浮かべることが多いかもしれませんが、トホシテントウは幼虫で越冬します。イラガなどの毛虫のような見た目ですが、毒はありませんよ。
成虫はこんな姿です。
トホシテントウ
2016年6月撮影

ちなみに、トホシテントウは成虫も幼虫もカラスウリなどを食べる草食性です。アブラムシを食べるものばかりじゃないんですね〜。

エノキの枝にも生きものを見つけました。
アカボシ幼虫_茂木さん
こちらも擬態名人
(撮影:茂木大樹さん)

枝分かれ部分のなんだか盛り上がっているところに幼虫がいるのがわかりますか?
こちらはアカボシゴマダラというチョウの幼虫です。
じつはこのアカボシゴマダラは元々日本では奄美諸島などのみで見られる南方のチョウでしたが、近年人為的な移入によって関東地方でも確認されるようになりました。元々この地域(を含む、北海道から九州まで)に生息する在来のゴマダラチョウなどと競合してしまうことから、特定外来生物に指定されています。
ちなみに、ゴマダラチョウの幼虫はこちら。そっくりですが、背中の突起の数などで見分けることができます。
ゴマダラチョウ幼虫2
ゴマダラチョウの幼虫は背中の突起が3列です(アカボシゴマダラは4列)
(2010年11月撮影)


最後は、ちょっと不思議な生き物の痕跡です。
クヌギハケタマバチ春季虫えい_高橋さん
何やらもこもこしたボールのようなものが
(撮影:高橋嘉明さん)

これは、クヌギハケタマバチの虫えいです。虫えいとは、植物に虫が寄生して変形したもので、虫こぶとも呼ばれます。今回見つけた虫えいは、クヌギの雄花の芽に卵が産み付けられることで発生したものです。この虫えいから、5〜6月頃にクヌギハケタマバチの成虫が羽化するそうです。

まだ冬の名残のあるこの時期でもこれだけたくさんの生きものに出会えるなんて、素敵な場所じゃありませんか?今回見つけた生きものが見られたクヌギやエノキの木は、保護柵の外からでも観察しやすい場所にあります。作業日やイベントで整備したしがら柵や丸太積みもよい観察ポイントになってくれるはず。みなさんもぜひ、原っぱや雑木林で生きものを探してみてくださいね!

(ごとう)


2021年03月29日

「育てよう練馬の里山 クワガタを育む雑木林」の第2回目を開催いたしました。
今回は親子3組6名の方にご参加いただきました。中には1回目からのリピーターの方も!

★1回目の様子やイベントの趣旨説明はコチラをどうぞ★

今回は、1回目に整備を始めた「しがら柵」の補強&エリア拡大をメインに行いました。前回編み込んだ柵を点検し、枝が足りなさそうな場所に補充をします。
そのほか、前回手が回らなかった場所にも杭を打ち、柵を延長していきました。
作業中_茂木さん1
黙々と枝を編み込むと……
(撮影:茂木大樹さん)

完成しがら柵_茂木さん
見事な柵が完成していきます!
(撮影:茂木大樹さん)


前回に引き続き、雑木林内の落ち葉かきや丸太積みも行いました。
作業中に様々な生きものと出会ったので、また別記事にてご紹介いたします!

お集まりいただいた皆様のおかげで、一番広いエリアをぐるりと囲む柵が完成しました。
全景_高橋さん
達成感がありますね〜
(撮影:高橋嘉明さん)


参加者の皆様、お手伝いいただいたボランティアの皆様、本当にありがとうございました!
今回お手入れした雑木林がどんな姿になっていくのか?ぜひ何度も見に来てください♪

(ごとう)




2021年03月20日

3月20日(土)、草はらの日を開催いたしました!

本日はスタッフ・実習生5名に常連メンバー6名、そして初参加の方3組5名の総勢16名での作業となりました!たくさんの方にご参加いただきとてもうれしいです!
本日は、先月と同様に、午後に開催したイベント「育てよう練馬の里山 クワガタを育む雑木林」の準備を行いました。

草はら作業_後藤
まずは現地で作業説明


イベントで作業を行い範囲のササ刈りや低木除去、枝を編みこんで造る「しがら柵」の杭打ちや土台作りなどを手分けして進めていきました。

草はらササ刈り_後藤
林床を明るくするためのササ刈り


草はら杭打ち_後藤
しがら柵を編みこむ土台になる杭打ち


作業中、落ち葉の下で冬眠中のニホントカゲに出会いました。
草はら_トカゲ_柴田さん
ふかふかの地面が良い寝床
頭隠して尻隠さず状態です。
(撮影:柴田絵里さん)


大人数で作業ができたおかげで、予定していた内容がサクサク進んでいきました!
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました(^^)
本日初めてご参加いただいた方は、もう一回参加していただくと「武蔵野茅原組合 組合員手帳」をお渡しします!ぜひまたご参加ください☆
次回の草はらの日は4月24日(土)です。
皆様のご参加お待ちしております!
(ごとう)