佐藤博建築設計のブログ

佐藤博建築設計事務所 https://www.facebook.com/hakuarchitect/

私の中で

心のスイッチと言うものが
存在するとすれば、
確かにそのスイッチが

この本は、スイッチが入る要素のひとつでもあるようです

IMG_2803

朝光

朝の光に照らされて
コナラとケヤキの葉がそれぞれの
色でそして朝光により
普段と違う今日の色に見えたのです。
夕光に浮かぶ表情はどうなのか
楽しみなものです^_^

FullSizeRender

最高の環境を整えていると

宇宙栽培のレタス
レタスの育つ最高の環境だと言う。

最高の環境を整えていると
まずいレタスになってしまう。

人間もそうですけど苦労した方が味がある

と言う言葉が残りました。
まだ前半少し観ただけのメモですが

FullSizeRender

進化し続ける集中空間 JIN‘s

空間の変化を感じ背筋が自然と伸び
そして落ち着く。
建築に人の行為は導かれると思います。
自然と心も

下記抜粋です。

神社・仏閣はなぜか背筋が伸びるような気持ちになり落ち着く。

ドアが開き、暗い道が現れた。
ここは集中へのスイッチを入れる。

まさに参道


FullSizeRender

心の乱れ

ホッチキスの針が何故か最近曲がるのです。
???
真っ直ぐ素直に。。。
ただホッチキスで留める行為に
心ここにあらずである事に気づきます。
焦りや色んな感情の乱れが現れて
いるようです。
ホッチキスの針は真っ直ぐに
刺す為のもの
ただそれだけの事
負荷を掛けずに水の流れが
上流から下流へ流れるように

あるがままにその物を生かして^_^

小さな小さな気づきです。

動の中で焦らず冷静に

IMG_2789

IMG_2790


建築に着せる服

ふと思うことがありました。
私が高校〜大学〜社会人と。。

高校時代に買った服があります。
その服は高校〜社会人になってからも
捨てずに着ていました。

気づくと子供達も自ら見つけ着続けて
いるのです。

建築の外装も、洋服も流行があります。
建築に着せる服は最低20年以上着続ける
ことになります。

その服は子供達も自ら受け入れ着てくれれば
嬉しいものです。繕いながら

ピタッとくる場所

もっと自由に
もっと人の手の痕跡を
そんな建築が良いと思うのです。
まだ全て観れてませんが
少しメモです。

FullSizeRender

生きていく

築67年経過した建築
再生し住み続けたいと
思う気持ちと
残して頂きたいと思う私の感情
現代建築とは異なる感情が
動くのです。
先代の築いたものを受け継ぎ
生きた証しの痕跡
人と建築とは、
生きる為、生きている以上守るものが
あるのですね。

黒光りする梁や竹を眺めながら

FullSizeRender

小さな癒しの大切さを

FullSizeRender


藍のお茶を頂きました。
すだちを少し絞ると
色が変化すると共に味覚も
ほんのひと時のお茶の時間に
癒されながら。。。
ふとターシャ・テューダーの言葉を
思い出しました。

下記へ抜粋致します。
午後のお茶の時間はわが家の伝統で
一年中、欠かしたことがありません。
どんなに忙しくても
四時半に
とくに忙しい時など、これが、
リラックスにとてもいいの。
だから急いではだめ。
ゆったりした気持ちで
会話を楽しみます。

ほんの少しの時間を
日々日常に取りいれること
大切ですね。

IMG_2493

IMG_2490
IMG_2486
IMG_2503

季節外れに咲く花に

庭にたんぽぽの花が咲き、
ふっとひと息で飛ぶ時を待つように
季節の変わり目の
ほんのひと時の暖かな陽射しを
本能のみで捉え本能で咲く
拘りも何もなく
だって暖かいんだものって^_^

FullSizeRender


FullSizeRender

IMG_2485

熱を感じて

暖かい今日、
屋根に陽炎が見え
屋根下の温度差換気による
暖気の熱流を素肌で感じる。
熱い空気が流れ出ているのです。
風を流す通す、大切な事ですね。

IMG_2241
IMG_2242
IMG_2243

舟底天井

空間の変化
一枚のドアを開けると。。。
一瞬空間の変化に気づき

ふ〜っと。。

深い呼吸と共に少し心もリセットできればと

ほんの少しだけでも
日常のお役になれば嬉しいです。

リノベーション HIGSHIGENのいえ

FullSizeRender
IMG_2135
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_2156



道をひらく

春になれば花が咲き
秋になれば葉は枯れる
草も木も野菜も果物も
芽を出すときには
芽を出し
実のなるときには
実をむすぶ
枯れるべきときには
枯れていゆく

自然に従った。。。素直な態度である。

そこには
何の私心もなく
何の野心もない
無心である
虚心である

だから自然は美しく
秩序正しい

久し振りに道をひらくを
手にとり少し読ませて頂きながら
台風が過ぎるのを。。

FullSizeRender

裸と感覚

無垢の床をご提案し
竣工した住まいへ先日ご相談を
頂きお伺いしてお聞きしたことが
ありました。

その言葉は私にとって
素晴らしく嬉しい言葉でした。

帰省してきた娘さんが
数日裸足で過ごされた後に発した言葉

足が感じたこと。。

こっちの床はベタベタするね〜
こっちは。。

ベタベタすると感じたのは既製品の
表面を傷がつきにくく膜を覆ったもの

裸足で過ごされた
数日後、足の裏のカサカサが消えて
サラサラになってる。^_^

裸足。。になることで感じれ
それに呼応する人としての感覚

それが自然の中にある
素材に触れて過ごすこと
本来の住処なのかもしれません。

少しだけでも自然を住まいに

人間の感覚を


IMG_2112

滑らかな連続性

大型台風の最中に大工さんが
仕上げてくれていた天井です。
舟底のように頂点に目地がなく
連続的に仕上げ頂きました。

壁際から頂点に向けて
傾斜し不思議と頂点を感じずに壁へと
傾斜。。

想像できなかった仕上がりに
とても嬉しい刻でした。

良い職人さんが手伝い、助けて頂け
一緒にものづくりできる幸せがあります。

勿論、依頼して頂けたご家族に
感謝しております。

とりあえず私の手から巣立つ建築の時まで出来る限りの力で伴走していきます。

IMG_1752

どんな子どもたちも夢見ることができるように

ふと目にとまった一文です。
キューバ生まれ
カミラ・カベロ

グラミー賞で彼女が行なったスピーチ

「この国は  夢見る人たち
によってつくられてきました。
私の両親も夢だけを
ポケットに詰め込んで
この国に来ました。

他人の何倍も努力して
決して諦めない。

私は自分が東ハバナ生まれのキューバ
メキシコ移民であることを
誇りに思い
今夜ニューヨークのグラミーの
ステージに立っています。

どんな子どもたちも
夢見ることができるように。

そのためにたたかっていきましょう」

IMG_1677

美しい刻

夕暮れ時の外の美しさを
より感じさせて頂ける時間帯
に出会いました。

この偶然を必然にすることは
可能なこと。。。ですね。

IMG_1654

嬉しい瞬間

小さな空間が少しづつ
進んでます。
既製品であるアルミサッシを
既製品でない様に美しく

基本設計が私の役割ですが
サッシ部分は詳細図を
添えさせて頂きました。

考え描いた線は
生み出される可能性が大きく
なりますね^_^

嬉しい瞬間でした。

IMG_1547

実験の日

1、床スギの凹みを
アイロンと濡れ雑巾で補修してみました

IMG_1459

補修後少し表面から盛り上がったようにも思います。
IMG_1461

2、スギ格子表面汚れ落し

IMG_1462

表面をメラミンスポンジで
スッと撫でると表面の
汚れが簡単に落ちました。
しかし、自然の膜を張り自然の流れを
感じることと、
表面を綺麗に保つこと
どちらも大切に思えます。
IMG_1468



ぶら散歩

少しの空き時間に
ぶらりと巡りつつ
目に映るものは
レジ背面の杉板デザイン
空間を仕切るデザイン

灯は目につかず主役の商品を
照らす為に。。
美術館で見た灯も。。
主役の絵画を美しく魅せる為に

IMG_1431
IMG_1430

プロフィール

susumu_kenchiku

佐藤博建築設計事務所フェイスブックページ http://www.facebook.com/hakuarchitect
佐藤博フェスブックページ http://www.facebook.com/hakuarchitect#!/hiroshi.sato.1257
メッセージ
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ