January 18, 2015

犬小屋さんとhitoshi主催で新年会ゆとりキャンプやろうぜみたいな話になったとかなんとか。

去年の秋も同じくゆとりキャンプが行われ、同じところ。永源寺にある愛郷の森
前回は友人yamaqのCT110を借りていた時だったが、道の途中で全く動かなくなるトラブル食らったので行けなかった悲しい思い出があるのでリベンジになる(・∀・)
悲しすぎて記事すら書いてないなそういや。




今回は実は納車してからみんなに内緒にしていたTRAIL110索敵号のお披露目も兼ねている。
楽しみだ、はやく見せたい。。フフリ




1


待ちに待った金曜日の夜。決戦の金曜日、出発の夜。
仕事終わってすぐに家に帰って、すぐに出発。
この「仕事終わってそのまま夜に出発」感がすごく好き。
たぶん「私をスキーに連れてって」の影響だとか、昔家族で海とかキャンプ行く時は夜出発だったからとか、そんなん。



慣らし500kmには及ばないけどできるだけやってみよう、ということで実家まで40〜45キロで走る。
信号待ちでエンスト&坂道20キロしか出ないとかの沼カブでメンタル鍛えられたからどうってことないぜ(・∀・)



2


実家ガレージ。なんか神降臨する感じの画になる。
キューピットとか足したい



3


次の日、昼12時には現地雪マークなので少し早めに出た。
もちろん40キロとかで走る。
今のところ天気がすげえ良い。



4


信楽のサガットステージ



5


R307グリーンロードのレア標識。2つ見た。
ポキれてる!



6


もうすぐ着きそうだなのでR307沿いの王将でニラレバ炒め食べる。
前の日も食べたけど。



とかやってたら雲行きが怪しい。
そういえばオックン一行が向かっているとみた。
時代が時代ならリアル神じゃね?レベルのだんだんとネタにならない感じの雨野郎な方なので、食後の一服すら吸わずにすぐに出発した。
同時に慣らし運転もここで切り上げて、真の力を開放した・・・ッ!



7


現地周辺は最近降ったであろう、雪の風景。
そして到着あとわずかで少し雪がチラついてきた。



とりあえず管理棟へ。
管理人のおばさんのご厚意により、チェックインはまだ先なのにコテージに入って良い旨。
というかもう既にひとり来てるとのこと。
本当に感謝、ありがとうございます!
雪降ってきたのでマジで助かりました。



8


本降りになる前に、あらかじめ用意しておいたバイクカバーをかける。
新車だし晴れならばせめて夜露を避けたいぐらいのものだったが、これは本当に正解だったなあとあとで思い知ることになる。



実は信楽のコンビニであった、ももすくん。
彼は先に到着しており、そして部屋を暖めてくれていたのである!
みんな来るまでヒマだからブロガー()らしくコテージの写真でも撮ろうかということになった。



9


玄関。靴があまり置けないので右に収納するのが良い。
左のドアはトイレ。



10


洗面台。お湯も出る。
冷蔵庫等設備もジュウジッツ(・∀・)



11


右のドアはトイレ。
洗面台があり、奥は浴室。



12


黒いシャワーがかっこ(・∀・)イイ!!



13


トイレ。
鍵かけてないのに「ドアの赤マーク」出る上、そもそも鍵かからない。



14


外。
出て左に焚き火台がある(あとで出てくる



15


メイン部屋。
階段があり2階に登ることができる。



16


2階から1階風景。
真ん中に大きな机、小さな電気コンロがある。
床は冷えてなかなか寒い。



17


2階。
渡り廊下部分は下がみえている。
奥に寝るスペース。



18


逆から。
奥に寝るスペースその2。



19


天井にファン。



20


さっきから降っていた雪がいよいよ強くなってきたと思ったら



21


オックン到着
おめでとう、雨野郎から雪野郎に進化した!



22


イトーオットさんとりんごちゃんも来た。
うは、一緒に来たはずのたかくんいねえ!



23


ちょっと遅れてたかくん到着。
この「ちょっと遅れて」というところがポイント。
白カブは雪景色に似合うなあ(・∀・)



24


買い出しに行ったり、ごはんできるまでアクノソシキマスクかぶったり、斧をいかにかっこよく構えるか?を試したり、脱法小踊りしたりしてた。
酒入ってないのに既にテンションが上がっていく。
コテージ効果半端ないな



26


犬小屋おとうさんの、汁のひとつ上の、鍋とかいう料理。



27


焚き火を背景にむーた。白い息がかっこいい。



28


雪に酒を挿して冷やすとかいうあれ。
こういうの大好きや(・∀・)



29


みんな持ってきた酒を集めたら、USKさん曰く「30代の店主がやりはじめたBAR」状態になった。



30


野外ステージ(焚き火ゾーン)ではhitoshiくんの肉、そして配給を待つひとびとがいる。



32


少し高いところに登るのは猫の習性。よって子猫ちゃん(カブ界の)。



33


いまいさんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
どこの親分ですかみたいな登場になる



34


自由に過ごす。



キャンプの夜は楽しいから、早く寝るともったいないんだ。
でも楽しすぎて酒飲みまくって、まだまだ夜はこれからなのにオフトゥンに潜り込んでしまった。
しかし楽しい風景とか音を聴きながら寝るというのもなんか幸せではあった。
「もう寝ます、そして夢の世界でモテるんだ!!」って言って、俺は珍速で寝た。






35


次の日。つまりきょうの朝。
積もりすぎワロッツェリア



もうこの風景、ゆとりキャンプじゃNEEEEEEEEE(・∀・)



36


女子作。
右はなんの妖怪かな?と思ったら猫だった模様



37


朝ごはん。



38


枕詞「充実しすぎている」がつく、朝ごはん。



39


雪に埋もれる。
白に赤が映える。
こういうの似合うな、このカブは。



51



撮影:なっちゃん
雪につっこんで遊ぶ系のワイルドなカブだから!と思ったが、前タイヤ半分ぐらい入れて「これはアカン」ってなった。



40


お帰り。
道は除雪くれていて、超ミラクルスーパービビリながらも普通に走ることができた。
りんごちゃんのこの手はニコパイセンか?



41


帰り道、良い風景で写真を撮ろう!という遊び。



42


「俺の道」とのこと



43


寒いけど、こんな風景の中をみんなで走ることなんてはじめてなのでかなり楽しい(・∀・)




今まで沼カブC105に乗っていた時は当然みんなと走るのは無理だったからキャノンボールスタイルで集合場所で落ち合うカタチでソロ走行だったが、今回はむしろ一番俺カブが余裕ある。
そういう意味でも買ってよかったなと思う。



44


昼ごはんはあの山を超えてから!みたいなことを言った3分後ぐらいに目の前のラーメン屋に行くことになった。



45


ぬくもる系ラーメン。



46


信楽まで戻ってきたら、ところどころ快晴(・∀・)すごいきれい
あの雪山から戻ってきたんやー!感が半端ない。



47


R24とR307の交差点のいつものコンビニ。
奈良に住んでた頃はここでお別れだけど、いまはもう大阪だから、もうちっとだけ続くんじゃ。
この時思ったが、5台とも全員車種が違う気がする。




48


R307から名阪下R1。
UKに向かって走る俺たち!



50



撮影:オックン
背景がテクノっぽい。
自分が乗ってるとこってなかなかないから、普通に嬉しい。



名阪下R1からみんなは中環に右折。俺は直進。
また遊びましょう。ではまた。



49


鶴見緑地のいつも寄るローソンで少しQKして、日が暮れる前に帰った。



そんな感じで2015年は開幕した。
こんな俺ですが、今年も宜しくお願いします。
また遊ぼう(・∀・)






2016年につづく

(22:42)

この記事への小粋コメント

1. Posted by うな兀   January 18, 2015 22:53
>うなπくん
イイね(・∀・)

という思いと雪道を見て行かなくてヨカッタ
という思いが混同してるぜ。

でもやっぱり行きたかったネ!
2. Posted by suteki*   January 18, 2015 23:02
雪道おいしいよ。ネタ的においしい!
これでSNOW GRIPあったら完璧だ。
ちなみに普通の道は割と除雪されてるから普通に走れるぜー(・∀・)

次回はうなπくんも参加しておくれよう
3. Posted by だてりんご   January 19, 2015 13:26
ニッコニー流行る前からやってたんやで…
4. Posted by suteki*   January 20, 2015 00:32
>りんごたん
(・∀・)だてパイセン・・・!
手話で「I love you. 」の意味だっけ

この記事に小粋コメントする

name * :
URL * :
  情報記憶: