2006年09月

2006年09月24日

2006 9/23 研究会

一週間間が空いてしまいました。

今日はこちら
大道芸研究会
http://www.adachi.ne.jp/users/daidoken/index.htm
の例会を見学に行ってきました。
ここのホムペを見ると、のぞきからくりができる人もいるようです。

今日の内容は
発声練習
バナナの叩き売り
六魔
ういろう売りの解説
でした。

一番の感想は
「江戸っ子」
でした。
もうね、まさに寅さんの世界なんですよ。
それは見たり聞いたりする分には非常にいいものなんです。
でもね、
やっぱり俺は大阪人なんです。
そこは絶対に譲れない。
だから、俺があそこでやっているものを、
そのままやるわけにはいかないんです。

色々な芸能でも、やはり西と東は違います。
西には西のやり方があるわけで。
で、帰りにのぞきからくりの事についても聞いてみました。
すると、やはり節は東西で違うようです。
その人自体もテープで学んだらしいし…。
しかしそのテープの吹き込み主が安田里美さんというのには驚きましたが。
あの人はてっきり人間ポンプだけかと思ってました…。

まぁとにかく、
西と東で節が違うなら、残念ながら教えを乞うわけにはいきません。
ただ、この会では稽古場があるようなので、
今度見学に行って、
よさげなら自習場として使わしていただけるかという交渉をしてきました。

確かに俺が今稽古に使っている黒田種一さんの節と、
先日聞いた土田さんの節もだいぶ違うし、
また北園忠治さんの節も少し違うんですよね。
俺としては、やはり大阪の黒田さんの節でいきたいと思ってます。

そんなわけで、来週の日曜はおそらく稽古場の見学です。

sutemaru7 at 02:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)リニューアル前過去記事 

2006年09月10日

2006 9/9 のぞきからくり探訪

258d914c.jpg行って参りました、新潟。

後日ホムペ上には記事をアップしようと思うので、
まずはざっくりと探訪記プラス覚書って事で。

えー、新潟県の巻町という所は、とても田舎町です。
かなり電車の乗り継ぎも大変で、帰りなどは電車を一時間近く待ちました。
そして、人口が少ない。
ホントに何もないんです。
俺なんかは、ずっと都会に住んでいるので、
都会中心の頭で物事を考えてしまいますが、面積で言うと日本の大部分はこんな感じなんですよね。
ここら辺の温度差をしっかり頭に入れておこうと思いました。

さて、巻駅から郷土資料館までは、徒歩10〜15分ぐらいでしょうか。
今回はカメラと三脚を持っていたのでタクシーを使いました。
そして博物館に到着。
かなりボロボロの小さな建物です。
しかも入場無料。
ここは元消防署だったそうで、
のぞきからくりが保管されているのは元ガレージです。

館長さんとおぼしき人が迎えてくれました。
今日は特別に土田さんに実演をお願いしたのですが、
ついでという事で、地元の小学生にも声を掛けたらしく、
10人ほど来るそうです。
そしてしばらくすると土田さん到着。
今、巻にはのぞきからくりの口上ができるのは7人ぐらいいるそうですが、
故内山キヨさんから直接教えを乞うたのはこの方のみだという事で、
今回は土田さんにお願いしました。

そして小学生も集まり、実演。
今回は俺はカメラをまわしていたので、
残念ながら実演中はのぞき穴からはのぞけのませんでした。
しかし屋台の劣化がすさまじかったです。
写真は記事を上げる時に掲載しますが、
両脇の羽とでもいうのでしょうか、それが取れてしまっていました。

このからくり、どこかの市や個人が今まで再現しようとしたらしいのですが、
途方も無く金がかかるので皆断念したそうです。
しかも、このレンズはあのニコンでさえ製作不可能。
中国の山奥にひょっとしたら作れる職人がいるのではないか、
というぐらいの品物です。
そして中ネタの絵。
この立体的な透かし絵を作れる人も、今の日本にはいないそうです。
これはかなりハードルが高いな、と思いました。


実演後、色々とお話を伺いました。
まず口上について。
土田さんが内山さんから教わった当時は、
既に内山さんもご高齢であまり何を言っているのかわからないという事もあり、
主にテープを聴いて学んだそうです。
そして、台本やフシなども完全な定型があるわけではなく、
それぞれが工夫してやるものだそうです。
だから、やる人によっては同じネタでも詞が違うわけです。

この巻ののぞきからくりは、昭和 年に個人宅で発見されたもので、
それを皆で修復したそうです。
そして内田さんは既に引退されていたのですが、
修復後は色んな所で実演をされたそうです。
しかしご高齢という事もあり、
土田さんが口上を伝承する事になったそうです。
土田さんは当時市か町の非常勤職員だったそうで、
ご実家は昔芝居小屋だったそうで、こういった事に造詣がおありだったようです。

そしてその土田さんが、
三回ぐらい教室を開き、現在では7人ほどが口上ができるそうです。
しかし館長曰く、「土田さんが一番上手い」そうです。

これは覚書としてですが、
大阪の豊中にのぞきからくりが現存するようです。
実演はできるような保存状態ではないようですが。
あとは九州にも。
そして浅草辺りには、のぞきからくりの口上ができる集団があるようです。
これは大道芸全般をやっている集団のようです。
あと、郷土資料館にはかなりキレイな八百屋お七の中ネタもあるようなのですが、
厳重に梱包してあるそうで、見る事はできませんでした。
でもそれって見れなかったら全く意味ないのでは…。
ともかく、後日土田さんから上記の件も含め色々な資料をいただくお約束をしましたので、楽しみに待ちたいと思います。

sutemaru7 at 03:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)リニューアル前過去記事 | 芸能探訪

2006年09月02日

2006 9/1 ぼうぼう尽くし

先週はエンタがありませんでしたので、
こちらの日記もお休みしましたが、
偶然ネタを見つけましたので書きます。

僕の見た秩序というブログが好きで毎日見ているのですが、
この記事をご覧ください。
http://www.dfnt.net/t/photo/0609.shtml#060901

で、このサイト
http://hk-t.jp/に跳びますよね。

はい、カンのいい方はもうお気づきですね?
この動物が棒になったイラスト、
全部で25種類出るそうなのですが、
その商品詳細画面にぼうくん壁紙というのがアップされています。
これってよく考えたらぼうぼう尽くしじゃないですか!?
きぼう、ぜつぼう、こくぼう、とおせんぼう、などなど。

突然現代に蘇ったぼうぼう尽くし。
あ、ぼうぼう尽くしってのは阿呆陀羅経のネタの一つです。
台本は持ってるんですが、
まだちゃんと目を通していません。
これって見せ方によって現代でも色々と使えるものがある、
…というよりは普遍的なものが芸能には含まれているという事でしょうね。

う〜ん、かなり眠くて文章にイマイチまとまりがありませんが、
また本サイトに記事としてアップする際は校正します〜。

sutemaru7 at 02:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)リニューアル前過去記事