2009年01月

2009年01月09日

伊勢万歳 久居町老人福祉センター5

本日は三重県津市の久居町老人福祉センターにて、
伊勢万歳の公演。

久居町老人福祉センター今回も6時起きで行って参りました。
ちょうど良い電車がなかったので、
若干村田さんより早く着いてしまいました(汗)



そしてお二人が到着。
何と村田さんが御殿万歳の詞章をくださいました(゚Д゚ )ウマー
実は先日、
「どうしても詞章で不明な部分があるので、今度教えていただきたい」
とお願いしたら、
「書いたもんあげるわ」と仰っていただいたのです。

基本的には僕が以前購入した、
大衆芸能資料集成とおんなじや、と言われていたのですが、



違いすぎワロタ(゚Д゚; )
フルサイズだとこんな構成になってるのか、と驚愕。
しかも普段はしょっぱなからいきなり端折ってたのか…。

口承芸能の命題として、
「漢字の解釈」
というものがあります。
これは、口承されるうちに少しずつ伝え間違たり、
その人が発音し易い言い方になたり、
意味のわからない言葉になってそれがそのまま伝えられたり、
という事を繰り返すうちに、
改めて近世文字に起こすと人によって解釈が違う漢字になる、
という事です。

大衆芸能資料集成は、
実演速記がメインですので、
今回いただいたものは実演者である村田さんが書き起こしているという点で、
相当に研究しがいがありそうです。

とゆーかそれよりも、
この、いつも端折ってる部分を聞いてみたい!


…と思っていたら、
今日はいつも端折ってる部分を、
少しだけ入れて演じてくださいました。
う〜む、ますます全部聞きたくなった。

本日は大して宣伝もしていなかったそうですが大盛況。
NHKや、新聞社も2社来ておりました。

公演は1時間で、
短い御殿、三曲、のぞき、伊勢音頭、浪曲
といった流れでした。

印象的だったのは、
伊勢音頭での盛り上がりっぷり。
会場のご老人達が、合いの手で歌っておられました。
この世代はみんな唄えるのか!
と驚きました。


そして終演後は厚かましくも
…いや、ホンマに厚かましいんですが、
僕も一緒に昼ごはんをご馳走になり、
村田さんの映像資料、どっかに残ってないですかね〜、
なんて話をしながら村田さんに駅まで送っていただきました。

久居町老人福祉センター様、本当にありがとうございました

sutemaru7 at 01:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)伊勢万歳 | 芸能探訪