2019年01月14日

ありがとうございます。

ふとブログを書こうと思った。
このブログに、結論とか、オチはない。
ただ、もしも、今この記事を書くにあたり心に思い浮かべている方々の目にとまったら幸いです。
と、はじめに書いておく。


格安SIMに変更するにあたり、メールが消えてしまうというので、消せずに何年も残しておいた2012〜2013年あたりのメールを、一通ずつ読み直した。

自分の人生が一番動いた期間。
これまで生きてきて一番悲しかったとき。
本当にいろいろな方からの、あたたかいメールの数々。
お一人お一人がかけてくださった言葉の温かさを思い出すと同時に、
当時の辛かった気持ちまでもがよみがえってしまって、
思いがけず、涙ながらのSIM乗り換え作業。
こりゃすすまない...苦笑

メールを全部転送しようとも思ったけど、
なかなかに膨大な量のやり取り。
読めなくなる前に一通ずつ読み直して、
自分の心に留めておくことにした。
そして、メールを読み返していて、
当時励ましてくれたり心配してくれた皆さんに
改めて感謝したくなった今の気持ちを、
メールが消えても残せるように、自分の為に綴る。


2012〜2013年。
母の急死、
区切りのワンマン、
地元での新しい生活、
自分の関わるところで色々なトラブルもあり、
本当に、よく乗り切ったなと、
何年も経った今改めて思い返した。

本当の意味で頼れる人は父ひとりだったし、
自分が強くいなければと思うあまり、
世の中もっと辛い境遇の人は沢山いるなんて思いながら、
自分自身を何とか保っていた感じ。
だから正直、当時かけてもらった励ましの言葉も、
本気で心から受け取れなかった。
気持ちを受け取れる余裕がなかったというか、
素直に受け止ったら悲しみで潰れてしまいそうだった。
未だにメールを読み返してこんなに泣けるのだから、
それくらいのことだったんだと思う。

落ち着いてメールを読めた今、
あぁ、この方が送ってくれたこの言葉、すごくすごく考えてくれてたんだなとか、
それに対して自分の返信はなんて上辺なんだとか。
そんなことを思いながら。
いろんな人に会いたくなった。
べつに今更、当時はありがとうなんて暗い話題を持って話に行く必要はないと思う。
ただ、会いたいなと思った。なんでかな。


そういう気持ち。今の心境。
ね、べつに結論もオチもないです。
ただ、目玉から粒状の涙が久々にぽろりして、
急にブログ書きたくなっちゃった。だけ。

さて、しっかりSIM乗り換え作業を完了して、
節約よぉぉぉ!


sutomai at 15:50|Permalink

2017年11月18日

セルフライナーノーツ①風が吹いたら

今年7月にリリースした
『Let’s Go Easy - ep』ですが、
先月からiTunesなどの配信サイトでもダウンロードできるようになりましたので、簡単なセルフライナーノーツを書いてみようかと思います。
まずは、一曲目。


①風が吹いたら
この曲は、私なりのラブソングです。
大切な人が『このままで良いのか』と口にした時、私にできることは、どんな時でも味方でいることだと思いました。


『一歩を踏み出すきっかけは、細なことで良いじゃない。
たとえば、風が吹いたら...
風と共に迷いや恐怖が流れて、あなたの心が軽くなったらいいな。
そうして踏み出した道がたとえ険しかったとしても、私はいつも味方でいるよ。』


何度かライブでも披露しましたが、人生の分岐点で迷っている方たちからこの曲のメッセージが響いたという声を頂いております。
一歩を踏み出せずにいる方の背中をポンと押せるような、そんな曲になっていったら良いなと思います。


歌い方やギターのニュアンス、且つ一曲を通してのダイナミクスにも注目しながら聴いてほしい一曲です。



☆ライブ会場ではサイン付きで手売りしております。
☆iTunesからダウンロードされる方はこちら↓


sutomai at 18:44|Permalink

2016年12月05日

11月のあれやこれ

気づけば11月が終わっているではないか!
てわけで、11月中に歌ったあれやこれについて、ちょっと書いておこうかと思います。


11月17日(木)は、地元茨城県筑西市のイタリアン『Bistro gou』さんのボジョレー解禁イベントにて歌わせていただきました。
普段わたしは飲んでライブするってことはしないのですが、この日は歌う前に飲んでしまいましたので、歌は言うまでもなくボロボロ(ていうかよく覚えていない。笑)でしたが、CDを買ってくださるお客様もいらっしゃって、とても嬉しかったです。
地元で歌うのは初めてで、今後はどういう形になるかはまだ見えませんが、どんどん地元でも名前を売っていこうと企み中です。















そして11月25日(金)はおなじみ代官山NOMAD。
ライブハウスでのソロ弾き語りは約5ヶ月ぶり。
10月にやってみたエレキギターとのコラボが好評で、『合ってる!』と言っていただけたのはギターの加藤さんの腕のおかげとしか言えませんが、
今回久々に1人で弾き語って、言葉を伝えることに意識をより集中できたので、1人もやっぱ良いねと言っていただけたのは、すごく嬉しかったな。
バンドや、誰かとやるその意味を、自分で理解してないといけないよと、これまた頭から煙が出そうなお言葉を頂戴しましたので、今後の活動の方向性や軸を、しっかりと考えなきゃいけないなと思った夜でした。
写真は久々対バンで嬉しかった菅田のさえちゃんです。



















そして11月27日(日)は、栃木県小山市にあるスペインバル『Casa』にてフラメンコのライブショーがあり、昨年に引き続き今年も飛び入りで歌わせていただきましたー!













ここは音響機材といわれる類は一切ありませんでしたが、そこが元ストリートミュージシャンとしてはスイッチが入るところでして。笑
生でどこまで歌えるか、久々に全身で外に向かって声を発した夜でした。
路上は今でも、時々やりたいと正直思っているんです。でも、なかなか、あの頃とは違う生活環境で、それを言い訳にしてぬるま湯に浸かっている自分が情けないなーと思うんですが、思っているだけっていうのが現状ですね。


場所はどこであっても、歌を聴いてくださる方がいることが何よりの歌う原動力なので、これからもいろんなところで歌い続けたいなって思う、そんな11月でした。
うむ、まとまったな。はっはっはっ


sutomai at 17:02|Permalink