新卒入社してから、あっという間に1年。
楽しいこと、辛いこと、嬉しいこと、たくさんありました。

今回は、そんな1年経ったお祝いするために、自分で「入社1年お祝い会」を企画・実施してみました。


これから社会人になる方にも是非セルフお祝い会を開いて貰えればと思い、ポイントをまとめました。是非ご参考ください。


1.イベントに仕立てあげよう 

まずは企画のセッティングです。
と言ってもただの飲み会ではつまらない。
「イベント化すること」が重要です。
普段の飲み会とは違うことを示し、イベント名を付けて“非日常感”を出していきましょう。

今回は、「掛川遥香 G-net入社1周年企画 produced by カケガワ」というイベント名にしました。
自分の名前を2回も入れることで相手に印象付けることができます。

2.周知しよう 

PRも忘れてはいけません。
fb等で企画開催を宣言しましょう。



「こいつ厚かましくなったな……」そう上司に思われても大丈夫です。
「これは1年働いた結果の成長です!」と答えましょう。

3.祝われる準備をしよう 

本番中自分がどんな風に祝われるか想定して、準備しておきましょう。

私は、自分への寄せ書きを書いてもらうための色紙を購入しました。

image


他にも、
・お祝いムードのBGMを用意する
・「掛ちゃん、おめでとう」等のケーキを準備する
・1年の振り返りムービーを作る
・皆さんに向けた朗読用手紙を書く
なんかがありますね。
結婚式と一緒です。

4.思い切り祝われよう 

今回は、社内のお花見とぶつけて企画を立ててみました。
それぞれ一品持ち寄り形式のお花見がゆるりと始まります🌸

PRの効果もあってか、乾杯時には皆さんから「おめでとう」の言葉を頂きました。
(やったー!)
image


皆さんの酔いが回ってきた頃に、「お祝いのメッセージをください」と伝えて寄せ書きを書いてもらいます。
きっと楽しそうに書いてくれるはずです。
image


贈呈式。顔にぶつけられました。
image


お花も貰いました。
うれしい。
image


あと、牡蠣も登場。
おいしい。
image



5.お礼を言おう 

勝手に言い出したにも関わらず、こんなに祝って頂けるなんてとてつもなく幸せです。
良いところだなあ。

最後には感謝の気持ちを忘れずに伝えましょう。

G-netの皆さん、ありがとうございました!
これからも引き続きよろしくお願い致します!



おわり。