今朝の朝日新聞の一面にみずほと新光証券の合併のニュースがでかでかと載ってましtね。

最近、大手金融機関などにも大規模な合併・吸収などが
多く見られるようになりましたが、
各社とも生き残りをかけて必死なんでしょうね。。。

みずほと新光証券の合併に関しては、
現在、東証が審査に入っているようですが、
合併が正常に行われれば、国内3位の日興コーディアルグループを抜いて、
野村ホールディングスは独走の状況は変わっていませんが、
今後、証券会社の熾烈な戦いが、
競合他社同士の同盟によって更に烈火していくことでしょう。

-------------------------------------------------------------
みずほ・新光証券、合併を正式発表
 みずほフィナンシャルグループ(FG)系の準大手証券であるみずほ証券と新光証券は10日、2008年1月をメドに合併することで合意したと正式発表した。預かり資産で国内4位、営業収益では日興コーディアルグループを抜き国内3位の総合証券が誕生することになる。「貯蓄から投資へ」の流れが強まるなか、みずほグループは再編をてこに証券業務を強化し、大手証券を追撃する。

 両社はそれぞれ同日午前に臨時取締役会を開き、基本方針を決定。6月の定時株主総会で正式に決める。みずほ証券はみずほコーポレート銀行が株式の8割を握る非上場企業。上場している新光証券がみずほ証券を吸収する形で合併し、上場を続ける。新社名は「みずほ証券」。社長には現みずほ証券の横尾敬介副社長、会長には新光証券の草間高志社長が就任する予定。合併比率は今後、決める。

日本経済新聞より

<PR>キャッシングはモビット