laboratorie MSD

f70398ee.JPG
研究室ブログ    

引っ越し

研究室内の引越しのことです.


無駄に広いので,部屋内の移動でも 大仕事です.



ずっと筋トレルームとして,
空間を持て余していた元新関先生部屋に
池田先生が移ることになって

池田先生の部屋にあった机,クローゼットを運び
ネット回線を伸ばしたりと
それなりの忙しさでした



もちろん B4に仕事押し付けて
こっそりさぼる「先輩風」もきっちりと エアコンと一緒に吹かすことも忘れない

なんちゃってwww


教授学生間の距離感が どれだけ変わるに少し注目してみたいと思います.



P.S.
冷蔵庫のコーラは箕輪のだからね


P.S.のP.S.
先日 ひそかに23歳の誕生日を迎えました.

orz

june

おはようございます

研究室の鍵当番です.



楽しみにしていた
土木工学科 研究室対抗野球大会(Doboku Baseball Classic)が
まさかの雨天延期

来月まで,自分達の野球熱が保てるかも不安です
練習する時間が増えたと想うべきか?



今月は土木系のスポーツ(バスケ,フットサル)が,体育館で週2であるから,
そっちで週末の鬱憤をはらしたい





研究は 停滞中

授業は 苦戦中

インターンは 申込中



う〜ん 特に書くこと無いな・・・

GW

研究室からこんばんわ

たとえ誰も読んでないとしても
更新し続けます
実は読んでる人,テキトーにコメントとかしてくれると嬉しいです




実は今年,大学入って初めて GWをGWらしく過ごした

というのも,毎年連休なんてあって無いようなもの
全部ヨット部合宿で埋められるのである
なんで 連休なんかなければいいと現役の頃は思った(笑

しかし,いざ引退してみると,連休をどう過ごせばいいのか分からない状況となって困った
むしろ,まだインカレなど学生レースに出場できる後輩達が羨ましくなった


現役の疲弊した表情を見て(かつて自分もそうだったけど),
何でいつも現状に満足できないんだと心から思う




GW中,自分は

家でゴロゴロして(とらどらを全話みたり),
研究室に来て勉強したり,ブログいじったり,
友人に誘われアメフトの試合を観戦しにいき,

お気にいりのラーメン屋の味が落ちたことに落胆し,
久しぶりに友人を自宅に招いて鍋パ&飲み

そしてヨット部 OB現役対抗戦に出場し
離仙した先輩や同期と再会を祝ったり・・・



あ,よく考えたら 十分楽しんでるわ




来年の今頃,自分はどうなってる?

進路決まってるかな??

新シーズン開幕!

スーシスに 4年生4名が加入しました


部活でもあったけど
やっぱり後輩ができるって、ドキドキだよね?

模範にならないとって、思うよね??



今年は例年以上に縦のつながりを強くしたいです
個人的に研究室の体質を変えたいと思ってます



新加入した M君の情報によると
残念なことに
今年わが研究室を第一志望にした人がいなかったとか・・・

第ニ志望はそれなりにいたそうですが


ちょっと気が早いけど
来年、どうすれば第一希望者が増えるか検討したいと思います



セールスポイントとか・・・




手始めに 個人的に
地盤研 構造設計研 都市系のような
チームシャツ(フットサルの)を作りたいと思ってます


みんな賛同してくれるかな??







さて、本日 二度目の入学式に行ってきました。
土木からは5〜6人しか出席してませんでしたが・・・
ちなみにスーシスからは オレ一人だけです

でも、なぜか オクノ、フカミがスーツ着てたのがウケタ







新シーズン開幕です


がんばりましょう

卒業式

WBC優勝の興奮がさめ止まぬ3月25日
雪がちらつく寒空の下、学位記授与式が挙行された


スーシスは修士、学士合わせて6名 無事卒業できた。



残念ながらベストプレゼン賞には一人も選ばれなかった。
恥ずかしながら狙っていただけに、非常に悔しい

卒論(社会基盤研修,供砲両方AAだったのがせめてもの救い






式典自体は 特に何もなかったが、

自分にとっては、部活の後輩、先輩に祝ってもらったり
胴上げされたり、騒いだりできて

とてもとても楽しかった

その後 部活の先輩たちと 翌朝4時まで飲んだしね(4軒はしご)

残念なことに研究室の飲みは無かったが・・・・








さてほとんどが大学院に進む中

ヌマタくんが茨城県庁就職のため仙台から離れてしまうことに・・・

式終了後、自分の帰りがけに話をして、一緒に写真撮って別れた




そして翌日

彼のデスクから、物が跡形も無く消えていたのを見て

胸が張り裂けそうになった



今更ながら「門出」の時期であることと同時に

別れの季節であることも思い知らされた



小中高と大した感動もないまま、来てしまっただけに

妙に感傷的になってしまった








この期に及んで

自分がどれだけ他人に依存していたのかが分かる


同じ日本とはいえ

東京、茨城はやっぱり遠いよ・・・






とりあえず言えることは

新天地でも頑張って

オレらも頑張るから・・・適度に


お互い不祥事はないように(笑






2009032517190000
Recent Comments
訪問者数

CATS! in Yokohama
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ