~皆さんお元気でがんばっていらっしゃいますか~お久しぶりです。花川晃久です。
今年はもうすぐ10月になるのに、日中はまだまだ暑い日が続いております、体調管理にきちんと気をつけてがんばってくださいね。~私花川晃久が担当しております講座:「東大英語」の現状についてお知らせ致します~
~岡崎さん(桜蔭)は東京医科歯科大学、亀谷君(県立千葉)は千葉大医学部、深田君(巣鴨)は東大文Ⅱを目指して皆さん一生懸命がんばっていらっしゃいます。そういう3人の全員合格を目指してがんばっている講座です~
~昔でしたら、東大・東京医科歯科大学・千葉大医学部の英語といえば、「大変な難問を解かなければ合格出来ない」、といった印象を持ってしまいそうですが~最近の国公立大学の英語の入試問題はずいぶん様変わりしました:一部の国公立大学、例えば大阪市立大学や東工大の英語問題の一部の問題に大変な難問が出題されることもまだまだありますが、東大・千葉大・東京医科歯科大学の英語の場合は「標準レベルの問題で高得点を取る」ことが合格のためには絶対に必要となります:特に千葉大の英語の場合はわりと易しい英文が出題され、英作文・文法も易し目です。東大の英語では相変わらず、要旨要約問題と英文和訳問題が必ず出題され、また英作文では一時期は姿を消していた「和文英訳の英作文」がまた再び復活しています。東京医科歯科大学の英語は「英問英答問題」などやや個性的な問題も出題されますが、概ね標準レベルの問題が出題されます。唯一例外的に、東大の英語では、私花川に言わせていただければ「絶対に試験場では無視すべき難問」の「誤文指摘問題」が出題されま
す~
~そういう特徴・性格を持つ問題が出題される大学を目指す岡崎さん・亀谷君・深田君皆さん全員合格を目指すために、私花川晃久が果たすべき役割は何か?といえば:標準レベルの読解問題・英作文・文法問題でとにかく高得点をきちんと取れる学力をつけていただくことです~
~そのために、私花川晃久の担当講座では、3人の皆さん全員に標準レベルの問題の予習答案を提出していただいて、それをコピーして、3人全員の答案を、ものすごく丁寧に私花川が添削しながら、そして、添削の仕方も、私花川の独断と偏見に陥ってしまわないように、3人全員で、皆さん全員の答案について、あれこれと意見を出しあいながら、3人全員が心の底から納得のできる添削を目指してがんばって添削しながら授業を行っております
~そろそろ10月になります:今後は3人の皆さん全員に、過去問の中で授業で取り扱って欲しい問題を予め申し出ていただいて、それを3人全員で予習答案を作っていただいて、その予習答案をこれまで今まで通りに、徹底的に丁寧に添削しながら、授業を進めてまいりたいと考えております。
~3人全員、皆さん全員、素晴らしい学力と個性の持ち主です♪~
~そして大事なことですが:3人全員が皆さん全員が、素晴らしい日本語の表現力を持っていらっしゃいます。
~国公立大学の場合は、答案の日本語の表現力が大変大きな意味を持ちます。
~その意味におきまして、岡崎さん・亀谷君・深田君の全員皆さん全員は大変優れた学力の持ち主でいらっしゃいます
~3人全員、皆さん全員の合格を目指して岡崎さん・亀谷君・深田君、そしてそれをサポートする私花川晃久で、「東大英語」がんばってまいります♪~

~いよいよ国公立二次の試験も始まりました。天気予報とは異なり、体感の上ではかなり寒い日が続いておりますが、皆さんお元気でがんばっていらっしゃいますか?
~さて、羽立塾長のブログにご案内がありました通り、私大英語対策の講座が開講になります
~英文法2時間、英文読解2時間です
~私大英語対策の目標レベルは、中堅レベルの薬学部を中心に中堅レベルの理工系及び中堅レベルまでの医学部・獣医学部も可能でしたら目標にいれたいと考えています
~最初は、みっちり・徹底的に基本の習得・基礎固めを行いたいと考えています~最初のテキストは英文法は桐原書店の「英文法1100」及び、私花川晃久作成のオリジナルテキスト、英文読解は旺文社の「入門英語長文問題精講」及び私花川晃久作成のオリジナルテキストです:最終的には、各大学の過去問題の演習を行ってまいります
~私花川晃久の言っております「基本の習得」「基礎固め」とは、まず、「徹底的に丁寧に辞書、それも電子辞書ではなく紙の辞書をひくこと」を「習慣化していただく」ことからスタートします♪
~「徹底的に丁寧に紙の辞書をひいてくださいね」と生徒さんにお願いして、授業中に演習中に紙の辞書をひいてくださるようお願いしますと、残念ながら、一部の生徒さんに、露骨に非常に不愉快そうな表情をして、「花川先生、私は、僕は、普段、他の先生からは、なるべく辞書をひかないでやりなさい、と指導を受けています」と反論する生徒さんがいらっしゃいます。
~残念ながら、確かに、そういう指導をなさる先生方がいらっしゃるのは事実です。
~ですが、私花川晃久は、とにかく徹底的に丁寧に紙の辞書をひいていただいて、丁寧に、生徒さんご本人に、一つ一つの事項を納得しながら、答案を作っていただくことを指導方針にしています
~紙の辞書を徹底的に丁寧にひくことが習慣化していただけましたら、電子辞書の使用を許可しています
~文法問題は、残念ながら、ほとんどの生徒の皆さんが「文法を習得している」のではなく「解いた問題の答えを丸暗記するだけ」になっているのが普通です
~そういう、誤った文法学習法をただすためにも、とにかく徹底的に丁寧に辞書をひいていただいて、「心の底から納得しながら正解を導く」ための訓練をしていただくことが私花川晃久の講座の目標です
~英文読解は「文法を徹底的に応用して、構文を徹底的に習得していただく、もちろん徹底的に丁寧に辞書をひいていただいて、その上で、日本語の表現力をきちんと学んでいただく」ことを目標にしています。
~また、最近は「自称私大理系志望」の生徒の皆さんのなかに、基本的な教養:例えば、地理・政治・宗教文化などの基本的な社会常識の知識が欠落しておられる生徒さんが非常に多くいらっしゃるのが、残念ながら実情です。
~文法事項・英語構文以前に、読解問題の本文中の話の内容に全くついていけない、興味を示さない生徒さんが残念ながら、「自称私大理系志望」の生徒さんに非常に多くいらっしゃるのが実情です。
~必要に応じて、授業中に、皆さんにスマホなどで、最低限の教養や常識を調べていただきながら読解問題の解決を目指していただくことを考えています。
~とにかく、この講座では、英文読解を通して、大人の日本語の常識的な表現力をきちんと身につけていただくことを、最初の段階では特に大事にしていきたいと考えています。
~最後に、復習の方法は「ひたすら音読」・「とにかく徹底的に音読を繰り返す」ことを実践していただくことを考えています。
~したがって、英文法・英文読解ともに、授業中に、生徒さんご本人に音読をしていただきながら授業を進めてまいります。
~こういう指導は、少人数授業だからこそ実現可能です。~受講生の皆さんの学力向上を必ずお約束いたします♪
~皆さん、私花川晃久とともにがんばっていきましょうね♪

皆さん、明けましておめでとうございます、今年もよろしくお願いいたします。この冬は大変な寒さと乾燥のお天気が続きますね、体調管理をきちんと行ってがんばっていきましょうね。~羽立塾長のブログでもご案内がありますが、共通テストの後、Expスーパー東大英語が開講となります。
~以下この授業の主な点のご紹介させていただきます*英文読解2時間・英作文2時間で、年間約40回を予定しております
*3人限定の講座です:皆さんの答案を丁寧に添削しながら、授業を進めてまいります
*講座の名前は「東大英語」ですが、もちろん、東大に限らず、国公立大学入試の英語及び記述式の私大入試の英語にもきちんと対応できる学力を皆さんに身に付けていただくことを目標とします
~英作文はきちんと勉強をすれば必ず学力の伸びる科目です:これまで私花川晃久の丁寧な添削授業を受講してくださった皆さんは全員必ず、英作文の学力が見事に進歩されました~
*英作文の授業内容ですが:開講してしばらくの期間は、いわゆる「和文英訳」と呼ばれる「translation」を徹底的に行ってまいります。皆さんに基本的な正しい英文法の学力と英作文の定型表現をきちんと身に付けていただくことが目標です*皆さんの基本的な正しい英文法の学力と英作文の定型表現の学力が身に付きましたら、いわゆる「自由英作文」と呼ばれる「composition」も行ってまいります。*compositionの大事な点は「幼稚な英語を書かない」という前提を守りながら:「決して自分の英語表現力を越えた、無理に高級な内容の英語を書こうとしないこと」つまりよく言われることですが「書きたいことを書くのではなく、書けることを書く」というのが特に大事な点です。
~英文読解につきましては:最近の国公立大学の入試の英語では、大阪市立大学や東工大などのごく一部の大学を除いて、昔の様な難しい英文読解の問題はあまり出題されなくなりました。日本語に訳す問題でも、日本語で説明する問題でも、確実に高得点を取ることが絶対に必要となります。*日本語の表現力が合否の非常に重要なカギとなります
*私花川晃久の講座では:少しでも高い評価を得るための日本語の表現力、に徹底的にこだわって、丁寧な添削をしながら授業を進めてまいります。
*また、最近の東大の入試英語では、悪問とは言えませんが、やや意地の悪い、絶望的な難問の混ざる、独特の文法問題の「誤文指摘問題」が出題されますが、あの問題は、あくまでも私花川晃久の考えでは、試験場では無視すべき問題であると考えておりますので、あの問題を私花川晃久の授業で積極的に取り上げるということは、今のところ予定しておりません
~共通テストまであと少しですね、その後、私花川晃久の講座、いよいよスタートとなります:皆さん一緒に絶対合格を目指してがんばっていきましょうね♪
~追記:この度、芸能界で悲しいお知らせがございました。神田沙也加さんが先日、2021年12月18日に旅立たれ、永眠されました。私花川晃久は、沙也加さんのお母様の松田聖子さんが、1980年に圧倒的な歌唱力でデビュー以来、聖子さんの歌のファンです。そして、沙也加さんが2002年にデビューされた当時のことも鮮明に覚えております。その後沙也加さんが多少の挫折も経験されたのちに、最近の大活躍をなさっておられたことには、私花川晃久、本当に嬉しい気持ちでいっぱいでした。
まさか、今回の様な悲しい旅立ちをされるとは夢にも思っておりませんでした。その気持ちは沙也加さんのファンの皆さん全員一緒の思いでいらっしゃることと僭越ながら存じあげます。~東大英語開講という、嬉しい内容のご案内の最後に、こんな悲しい世間話をどうかお許しください~
つつしんで、神田沙也加さんのご冥福をお祈り致しますとともに、旅立たれるまでの、最近の沙也加さんの大活躍の数々を心に焼き付けて胸に抱きしめて、これからも生徒の皆さんに全身全霊の思いで指導にあたってまいりたいと存じます。花川晃久です。

↑このページのトップヘ