すーさんの艦活日記

海上自衛隊艦艇の撮影をメインに活動しています(*・∀・*)ノ

この日は朝から舞鶴入り、在泊艦艇は「まつゆき」「せんだい」「ましゅう」「ひうち」「すがしま」「うみたか」、そしてカナダ海軍フリゲート「オタワ」が寄港していました。

まずは文庫山へ。
DSC09917


JMU艤装岸壁の「ひゅうが」…
DSC09923


艦橋構造物の基部を、下地から塗装し直しているのかな?
DSC00569


JMUで整備中の「うみたか」…
DSC00566


同「せとぎり」…手前の「ましゅう」の後甲板には、自衛艦旗掲揚に備えて乗員さんが集まっています。
DSC09932


「ましゅう」「ひうち」の艦首旗のところにも、乗員さんが待機しています。
DSC09939


「じかーーん!」自衛艦旗掲揚です。
DSC09956


前島埠頭に移動しました。
DSC09958


もちろん注目は、カナダ海軍フリゲート「オタワ」です。
DSC00573


対北朝鮮の瀬取り監視のため来日という話です。中止になりましたが、観艦式2019にも参加予定でした。横須賀には予定通り寄港した模様です。
DSC00592
「オタワ」は、12隻建造された「ハリファクス」級の最終艦、1996年9月竣工、海自艦だと「むらさめ」型と同世代になります。

満載排水量:5.235t
全長:134.7m
全幅:16.4m
喫水:5m
機関:CODOG方式
速力:29ノット
乗員:215名


「まつゆき」に油船が横付け中…オタワも含めてオイルフェンスで囲われていました。
DSC00613


しばらくすると、曳船がオイルフェンスを外し始めました。
DSC00619

DSC00626


オイルフェンスが外れたところで、改めてパチリ。
DSC00660

続きます。

前回からの続き。

熟睡して、そのまま朝を迎えました。明石海峡大橋を通過するタイミングで、デッキに出てみました。
DSC00028~2


息子さんのご機嫌もまぁまぁで、付き合ってくれました。
Point Blur_20191015_075339


明石海峡大橋の下をくぐります…
DSC00041


いつも陸から撮っているアングルと変わらず、あんまり感動は無かったですね
DSC00052


佇む息子さんに「何を見てるん?」と問いかけると「海…」という答え…海の男にならないかい
Point Blur_20191015_075436


部屋に戻ると、DSで行き交う船を撮り始めました。いい傾向です
DSC00067


大阪南港エリアが見えてきました。
DSC00089


入港する神戸六甲アイランドのフェリーターミナル対岸には、海上自衛隊阪神基地があります。艦活のことは忘れていません(笑)
DSC00092~2


手前に掃海艇「つのしま」、奥に同「なおしま」が係留されていました。
DSC00101~2
「つのしま」は「すがしま」型の3番艇、平成12年3月竣工、「なおしま」は「すがしま」型の4番艇、平成13年3月竣工、共に第42掃海隊に所属、母港は阪神基地です。


普段は撮れないアングルです。
DSC00122


阪神基地の全景…
DSC00137~2


「すがしま」型の特徴である2本煙突が目を引きます。
DSC00138~2
阪神基地では定期的に「つのしま」か「なおしま」の公開をやっていましたが、無くなりましたね。乗員さんの案内で、のんびり見学できて良かったのですが…


交通船「YF-1034」も係留されていました。
DSC00142~2


入港準備のため、船尾に船員さんが待機していました。
DSC00149


六甲アイランドのフェリーターミナルに、定刻通り0735に着岸しました。
DSC00152
大人1人、小人1人、普通車の移送で¥34.800-でした。夏休みのキャンペーン割引もあって、思ったより安かったです。最近の「さんふらわあ」のCMで「船の旅は、一生忘れない。」というキャッチフレーズが流れていますが、うちの息子さんもこの船旅を一生覚えていて欲しいですね。

番外編にお付き合いくださり、ありがとうございました。

妻の実家に夏休みということで一人で遊びに行っていた息子を、呉を経由して熊本まで車で迎えに行ってきました。帰路はフェリーで、大分から神戸(六甲アイランド)まで移動することにしました。

親子二人旅、乗船したのは「さんふらわあ ごーるど」です。別府~大阪南港を結ぶ航路とも迷いましたが、船が新しいのでこちらを選びました。
DSC09974~2
実はフェリーに乗るのは、初体験でした。出港が19時15分、乗船受付が17時からだったと思いますが、フェリーターミナルには15時過ぎに着いてしまい、一般客では一番乗りでした。乗り慣れている方は、待っている間に近くのコンビニに食べ物や飲み物を仕入れに行っていました。

【さんふらわあ ごーるど】
竣工:2007年11月15日
建造所:三菱重工業下関造船所
総トン数:11,178トン
全長:165.50m
全幅:27.00m
機関:ディーゼル
航海速力:23.2ノット
旅客定員:716名
乗組員:34名
車両搭載数:トラック135台、乗用車75台

エントランスホールでパチリ。ひさびさ息子さんの登場です。
Point Blur_20191014_082543


部屋はスタンダード2名用(窓なし)を予約しましたが、半端部屋なのか窓ありでした!
DSC09978~2


トイレは付いていませんが、洗面スペースが設けられていました。
DSC09981_1


窓の外の様子…右舷側になるようです。
DSC09982_1~2


息子さんもテンションアップ
Point Blur_20191014_081831


早速食事にいきました。今回はせっかくなので、船内のレストランを利用することに。
DSC09988


バイキング形式でした。
DSC09990

DSC09994_1

DSC09996


盛り合わせ例が入口に置いてありました。
大人は2,000円、小学生は1,350円です。いい値段します
DSC00002


時間が経つと、賑やかになってきました。
DSC00001


食事スタート!息子さんは少食で、食事代をペイできそうにない…
Point Blur_20191014_081921
このあと横にアジア系外国人の家族が座り、息子さん何だかソワソワ…早々に「部屋に帰りたい…」と。特別マナーが悪かった訳でもないのですか、そのガヤガヤとした雰囲気がイヤだったのでしょう。どんだけ繊細やねん


ちょうど出港のタイミングになったので、デッキに出て出港シーンを見学しました。
DSC00007


大分~別府市街地の様子…
DSC00012~3


フェリーに乗る前は「別府地獄めぐり」に寄りました。面白かったですよ。
Point Blur_20191016_111913

出港後は大浴場でお風呂を楽しみ、早々に就寝する流れに。フェリーはほとんど揺れることなく、ぐっすり寝ることができました。星空を眺めようと話していたのですが、お互い忘れていました

続きます。


↑このページのトップヘ