前回からの続き。

防波堤の向こう側から「おうりゅう」が姿を現しました。
DSC08805

DSC08810


和田岬防波堤灯台は昨年台風20号により天頂部が消失し、現在は仮設のLED灯器が設置されているようです。
DSC08821


ようやく全容をパチリ。
DSC08828
「おうりゅう」は、従来のスターリング機関に変わってリチウムイオン電池を搭載しており、改「そうりゅう」型といえます。リチウムイオン電池を用いると、水中での高速航行時間が伸び、充電も短時間で行えるという利点があります。次の12番艦で「そうりゅう」型の建造は終了し、ソナー性能を向上させた「3000トン」型に移行します。


他の船が重なって苦労することも多いですが、このときはスッキリした背景になりました。
DSC08848


バッチリ決まりました!
DSC08867~2


X舵を動かして、変針開始…
DSC08879~3

DSC08881~2

DSC08883~2


傾いています。
DSC08904


変針完了…
DSC08918~2


港内に進入してきました。
DSC08928


ここで、セイルトップの潜望鏡や通信アンテナを格納しました。
DSC08930~2


真正面ゲット!
DSC08949~2


次に造船所の方へ艦首を向けていきます。
DSC08959

続きます。