よっしーのそれでも明るく生きていく

よっしーです。ぼくは統合失調症です。心の病をもつ僕が思ったこと、考えたことを徒然なるままに書き綴っています。気楽にこんな考え方もあるんだなーと遊びに来てください。

今日はこれから旅行に行ってきます

 みなさま、おはようございます。真夜中の訪問者、よっしーです。今時刻は午前二時。絶賛中途覚醒中です。最近は朝や晩は涼しくて日中は暑いので着るものなど難しいですね。それでも、だいぶ秋らしくなってきましたね。街路樹のいちょうもすこしづつ葉が黄色く色づいてきましたね。よっしーの職場は15日から衣替えです。パチンコ店の従業員の皆さんも冬服になります。よっしーは清掃パートですが、いままでの半そでのポロシャツが長袖のポロシャツにかわります。

 さて、今日は家族で東京に行ってきます。よっしーの北海道に住んでいる叔母が全国のカラオケ大会の北海道の代表になり、今日東京の新宿で全国大会に出場するのでその応援に父と母と行くのです。それから新宿の会場で茨城の叔父夫婦と埼玉の叔父夫婦と合流します。カラオケ大会も全国大会ですと出場者が多くて一日がかりで大会が開かれるそうです。

 叔母の出場は昼ごろだそうですので、まずは応援しそのあと、応援団と叔母で会食をします。叔母も北海道ですから、こんな機会がないと本州にくることもないでしょうね。とても楽しみです。

 そのあと、母は翌日が同窓会があるそうで帰宅しまうす。父と叔父たちは翌日はとバスで東京観光をするそうです。よっしーは東京にすんでいるブロ友さんとお会いします。そのため父とよっしーと叔父たちはホテルに泊まります。

 よっしーが今回お会いするブロ友さんはメールのやりとりはかなり長くもう、よっしーもいつごろから交流させていただいているのか、よく覚えていません。それくらい長い方なのですが、電話でも話したことがありませんし、交流はメールだけで、お顔も知らないのです。ですから、今回は本当に初めましてですね。とても楽しみです。

 天気も雨のようですので、気温もさほど上がらず涼しいことでしょう。よっしーは今回の東京行きのため有給もとらせていただきましたし、気合充分です。のんびり東京を楽しんできます。では行ってきまーす。

努力したのに報われないのでなく努力したから報われない

 みなさま、おはようございます。お元気ですか。よっしーです。よっしー、今日は中途覚醒です。今時間は午前三時です。部屋が寒いです。いよいよ十月にはいり秋らしくなってきましたね。先日は夕食でさんまを食べました。よっしーの職場は10月15日が衣替えです。まだ、よっしーは半そでで仕事をさせていただいています。ちょっと最近は外で半そでは寒いですね。

 さて、世の中には人の10倍も20倍も努力して人間関係や人生がうまく流れている人がいます。また、その一方で人の10倍も20倍も努力しているのに全く人生がうまくいかない人もいます。これはどうしてでしょうか?

 よっしーも、人間は夢や希望や目標をたてて努力して実現するのがいいことだと信じ込まされていました。これは、よっしーにかぎらず今の社会で生きるみなさんがしらずしらずのうちに刷り込まれていることではないでしょうか。私たちは小学校、中学校、高校、大学、そして会社でも、夢や目標をたてて努力してそれを実現することが尊いと知らず知らずに刷り込まれてそれを妄信しています。

 よっしーも10代の学生の頃からひたすら努力、努力の人生でした。しかし、やることなすこと、空回りで全くうまくいきませんでした。そして、うまくいかないと、まだまだ自分の努力がたりないからだと、さらにしゃにむに努力していました。

 こういう報われない努力をされる方は案外おおいのではないでしょうか?そして、努力して報われないと、まだ努力がたりないからだと、さらに努力をする。

 三次元的には努力の反対は怠けかもしれません。しかし、四次元的には努力の反対は感謝です。努力というのは自分の力しか信じないことかもしれません。しかし、人間が自分の努力で物事を成し遂げられるというのは驕りかもしれません。

 人間が努力して物事を成し遂げる力は0%です。努力したから物事を成し遂げたと思う方もいるかもしれません。しかし、それは考え違いです。努力したから物事を成し遂げられたのではなく、その努力した人をみて、その気持ちに対して神仏が味方をして力を貸してくださったから物事を成し遂げられたのです。

 それを自分の努力で、自分の才能で、自分の力で物事を成し遂げられたと考えるのは驕りです。傲慢です。人間に物事を成し遂げる力は全くありません。すべて神仏や周りの方々の協力で物事を達成できたのです。人間は感謝することでしか自分の人生に関わることができません。

 人の何倍も努力してそして感謝をしている人は人生がスムーズにいきます。しかし、人の何倍も努力しても感謝をしない人は苦労の多い人生を歩むのではないでしょうか。その違いキーポイントは感謝です。

 では、努力も頑張りもせずただ、感謝だけすれば物事は人生はうまくいくのでしょうか。どうもそうらしいのです。努力も頑張りもせず、ただひたすら神仏や周りの方々に感謝だけしていても人生はうまく流れていくらしいのです。

 一生懸命努力して頑張っても苦労の多い報われない人生を歩み、愚痴や不平不満や文句や悪口や泣言をいう。そのような方もいらっしゃるかもしれませんね。そのような方に足りないのは努力ではなく感謝です。

 努力したのに報われないのではなく、努力したから報われないのです。人間が生きていくうえで夢や目標は必要ないのかもしれません。ただ、ひたすら感謝をしてあとは流れに身をゆだねる。それだけで人生はうまく流れていくようです。

 努力が大切とは今の学校教育や社会からの刷り込みです。その刷り込みに気づき、感謝を始めた時からあなたの人生がうまくまわりはじめるかもしれませんね。

 では、今日の話はこれくらいにしたいと思います。今日もよっしーの話におつきあいくださり、ありがとうございます。あなたに感謝します。ありがとうございます。

あなたの人生の主人公はあなた

 みなさま、こんにちは。お元気ですか。よっしーです。今日は暑いですね。彼岸もあけたというのに暑いですね。着るものが難しいですね。よっしーは今日は仕事の帰りに床屋さんによってきました。散髪をしてもらいさっぱりしてきました。床屋ってひげを剃ってもらうのが気持ちいいのですよね。

 さて、あなたは自分の人生を負け組みとか悲観していませんか。たしかに今の風潮では勝ち組とか負け組みとか、リア充とか人の人生を比較してみる見方がありますね。

 でも、本当でしょうか?勝ち組の人生とは、負け組みの人生とは?リア充とは?これは信じなくてもいいのですが、こういう説もあります。人は生まれるとき自分の人生のシナリオを事細かに決めて生まれてくる。そして死ぬ時もどのように死ぬかまでも事細かに決めて生まれてくる。人の人生は生まれたときにすべて決まっている。それは神がその人に人生のシナリオを課したのではなく、その人自身が自分で人生のシナリオを決めてきて、そのシナリオを神様に承認してもらえたら生まれてこれるのであるらしい。

 自分の人生のシナリオがすでに決まっているなら生きる意味がないのではないか?そういう捉えかたもあるかもしれませんね。でも、よっしーはそうではないように思います。人生のシナリオ。人生は舞台の演劇のようなものではないでしょうか。演劇にはシナリオが必要です。しかしシナリオだけでは意味がありません。シナリオを演じることに舞台の意味があります。人も人生のシナリオを決めて実際に肉体で経験をすることに意味があるのではないでしょうか。

 人間は魂だけの時には成長できないらしいです。肉体をもって、たとえば病気、たとえば怪我、たとえば事故など、様々な経験をすることにより初めて魂は成長できるらしいのです。魂はもやみたいなものらしいですから、寝なくても、食べなくても、お金がなくてもなにも困らないらしいです。人間の魂は肉体という制約のなかでしか成長できないらしいです。

 なぜ、人は自分で人生のシナリオを決めるのか、生まれてくるのか。それは肉体を通じてさまざまな経験をして成長するためではないでしょうか。そこに勝ち組も負け組みもありません。一人一人の人生それが、その人自身がシナリオを書いて生まれてきた。あなたの人生においてあなたはあなたの人生の主人公なのです。一人一人の人それぞれが、それぞれの人生の主人公なのです。

 お金があって容姿にも恵まれなにひとつ苦労のない人生。そういう人生のシナリオを書いてきた人もいるでしょう。貧困に苦しみ容姿も、うーんで苦労ばかりのつらい人生。それもそのようなシナリオを書いてきたということでしょう。どちらがよくてどちらが悪いか、三次元的な価値判断もできますが、神からみたときそれは、比べられないのではないでしょうか。

 あなたが、今どんな人生を歩み、自分の人生をどのように捉えていらっしゃるか、よっしーにはわかりません。もしかしたら、苦労ばかり挫折だらけの人生で自分は人生の負け組みだと悲観されていらっしゃるかもしれませんね。そう捉えるのもあなたの自由です。しかし四次元的なみかたからすれば、だれの人生が勝ちであり、だれの人生が負けであるというのは、比べることができないのではないでしょうか。

 たとえ、今あなたがどのような人生を歩まれていらしても、それがあなたの決めてきた人生であり、あなたの人生の主人公はあなたなのです。どんな人生でも負け組みというものは本当はないのではないでしょうか。

 どのようにご自身の人生をとらえるかは、あなたの自由です。ただ、なにが勝ちで何が負けというのは三次元的な物質的な価値判断であり、人間がほんとうに神様に喜んでもらえる価値判断、自分の人生の捉えかたは、別の視点があるのではないでしょうか。

 これは、こういうふうに捉えるのが正しくて、こういう捉えかたは間違っているという価値判断を強制するつもりはありません。ただ、あまりに悲観的にとらえて苦しいなら、こういう捉えかたもあるのではありませんかと、おすすめしているだけです。なにが正しくてとか、こういう捉えかたをすべきだという、べき論をあなたにおしつけるつもりはまったくありません。

 ただ、よっしーがあなたにお伝えしたいのは、あなたの人生の主人公はあなたということです。だれの人生も、どんな人生もわき役とか負け組みというのはないのではないでしょうか。

 では、今日の話はこれくらいにしたいと思います。今日もよっしーの話におつきあくださり、ありがとうございます。あなたに感謝します。ありがとうございます。

記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ