2010年06月18日

岐阜製版の製版技術

皆さんは「製版会社」ってご存知ですか?
製版会社とは、写真や印刷物の出版や各メディアの企画を行う会社です。
私の住む東海地方にも製版会社はいくつかありますが、
今日はその中から岐阜製版をご紹介しましょう。

岐阜製版はその名の通り、岐阜に本社を構える製版会社です。
岐阜製版の語る、『製版とは?』を少し引用させていただきました。

【製版とは?】
印刷の前段階の工程を称して呼びます。すなわち、印刷用の版面を作る作業のことです。
製版は本来、印刷機に必要であった版、つまりは印刷用のフィルムを原稿からつくる工程のことを言います。
版下(原稿)などを撮影してフィルムをおこす作業、出来上がったフィルムを修正し下版に備える作業、つまりはこの一連の過程において、下版前の(修正のきく)最後の工程のことを言います。
岐阜製版では、製版フィルム出力から、フィルムを使わず直接刷版にレーザーで焼付けを行うCTP出力まで、多彩な機材を使って製版作業を行っております。

今はいろいろな媒体がありますから、製版技術も多岐にわたっているのでしょうね。

suya6655 at 10:38│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字