2020年11月25日

それは薬草だった

〇 神々がよろこび遊ぶ草原に黄のはずかしく泡立ち草は

今朝 白鳥の声に見上げると
カギになり 南に飛んで行った

寒さも 本番だなーとおもいつつ
ハンドルを握る手も もうつめたい

日曜日に背高泡立ち草を摘みに行った
この季節 もう泡立ち草も終わりで霜枯れている
その中でも これから咲こうとしている
つぼみもいくつか見つけた

繁殖力のすごさに
敬遠されがちな泡立ち草が 薬草であることを最近知った
つぼみの部分をかげ干しにして
入浴剤にすると
皮膚のトラブルに良いというので
早速試してみることに・・

なにげない雑草にも このような効用(役割)があることに
驚くとともに 人間にとって
必要なものを 大自然の中にすでに与えられている

草の匂いに癒される 入浴時間はまた格別
玄米ごはん 黒豆ご飯 古代米の混ぜご飯・・
もっと 自然派になりたいと思うこの頃






suza2005 at 11:36│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブ