2021年01月25日

笑われるような夢

〇 睦月とう光と影の廊下ゆく東和温泉まだ覚めずいる

日曜日は東和にいってきた
高速道は乾いて楽々のドライブ
友人が退院後すこしゆっくりしたいということだった

もうすぐ 立春
立春が本当の正月元旦だという
そこから 丑年が始まるのだ
立春の意味をしってから
(春立つの日)は特別な思いの日となった

友人は入院手術 リハビリをとおして
沢山のことをまなんだという

夢というか 目標というか・・希望というか
そういうことを忘れないということは
やはり生きていくうえで
大切だなーと改めて思った

笑われるような 夢を持ち続けたい

外に出ても 南風の匂いはないが
春はもう少しだ


suza2005 at 17:40│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブ