2022年07月05日

大地と太陽の恵み

〇伽羅木は老舗旅館の庭前に守木となりて静まりている

宮城県の老舗旅館に行く
機会がありその旅館の歴史を
支えるかのように
伽羅木が鎮座していた

無理に形を作るわけでもなく
自然に任せた木の姿がそこにあった


最近は庭で採れたものを
食している
春は蓬 蕗の薹
葱はもちろん 青シソ・パセリ・茗荷 
どくだみはお茶に・たまにキュウリ・みつば

家庭菜園というほどでもないのに
ことしは食用菊とアスパラガスを一株植えた

先日いらした方に
お昼だからというので
味付けした青シソでつつんだ
おにぎりが好評だった

一口大のおにぎりは
ピリ辛の青シソの味と
炊き立てのご飯が
あー日本人でよかった!

こんな自然の中で大地と太陽が
はぐくんだものをいただけることは
何よりの喜び

もう少しでブルーベリーが熟すだろうから










suza2005 at 09:00│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブ