★2018年8月29日、「銀行ガール 五十嵐吟子の業務日誌」がエブリスタ小説大賞(一迅社メゾン文庫、お仕事部門)を受賞しました。→https://estar.jp/_ofcl_evt_outline?e=154257

★2018年6月9日(月)、『ラノベ作家ですが自作が書籍化すると思ったら、クラウドファンディングもすることになりました』電子書籍にて発売。須崎正太郎がデビューするきっかけとなった作品『銀行員ハルカ彼方を目指す』も収録されております。

★「PIXIV FANBOX」登録しました→https://www.pixiv.net/fanbox/creator/31366559?utm_campaign=www_profile&utm_medium=site_flow&utm_source=pixiv 作品の裏話とか小説読み放題とかサービス展開中。

☆★小説家 須崎正太郎 作品リスト★☆

【小説家 須崎正太郎 作品リスト】(2018年6月19日リスト更新)

有料無料を問わず、現在、須崎正太郎として発表している作品のリストです。


続きを読む

銀行員のパワハラ事情

 ス●ガ銀行のパワハラ問題が一時話題になりました。

 ある報道によると、


「数字ができないならビルから飛び降りろと叱責された」
「死んでもがんばりますに対し、それなら死んでみろと叱責された」
「支店の社員の前で給与額を言われ、それに見合っていないといわれた」
「怒鳴り散らされる、いすを蹴られる、天然パーマを怒られる、1カ月間無視される」
「ものを投げつけられ、パソコンにパンチされ、おまえの家族皆殺しにしてやるといわれた」


 こんなパワハラが連続して行われていたそうです。
 あまりにもすさまじすぎて、本当なのかと思っている方も多いでしょう。
 須崎が銀行に勤めていたことはすでに処女作「隠岐島千景の大いなる野望」のあとがきで触れておりますが、そんな元銀行員の立場から言わせてもらうと、まああり得るだろうな、と思います。

続きを読む

「あの世裁判」シュテルハロウィンネタ投下

http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/3408/1537104582/387-

 賢者さんの手により「あの世裁判」スレのハロウィンネタが投稿されておりまーす。
 みんな大好きシュテるんの短編ですよ。
 ラブでコメる展開デスデス。
 ぜひチェックしてみてください!!



 シュテるんハロウィン、渋谷編も希望(時事ネタ便乗)

メゾン文庫・受賞作品「銀行ガール」について

 エブリスタ小説大賞(一迅社メゾン文庫、お仕事部門)を受賞した「銀行ガール」につきまして。


↓お仕事部門受賞記事↓
https://estar.jp/_ofcl_evt_outline?e=154257


 まだ、あれこれ発表できる段階ではないのですが……
 とはいえ、受賞から2か月も経つので、「あれどうなってるの」という読者の方もいると思いますので、ここで最低限のご報告だけ。


 順調です。
 たぶん、それほど遠くないうちに朗報をお届けできるかな? と……
 そう思っています。期待して続報をお待ちくださいませ。


 商業の話は、相手もいることなので、OKサインが出てから詳細を発表することになります。
 最近、更新が滞りがちなブログで申し訳ございませんが、週1くらいでチェックしてくだされば幸いです。よろしくお願いいたします。


メゾン文庫
http://www.ichijinsha.co.jp/maison/


↑とりあえず他のメゾン文庫作品でもチェックしながらお待ちください。面白い作品いっぱいありますよ!!↑

近況と野球の話

 気が付いたらブログを一週間放置ですが、サボっているわけじゃないんですよね。
 いろいろ商業の仕事進めています。来年には花開くはず。開くといいな。きっと開くさ。

 異世界君主生活3とか、なろう向けの新作とかもあれこれ考えています。
 まとまり次第ご報告しますので、もう少し待ってくださいね。

 ところで日本シリーズ、ソフトバンクと広島がやっていますね。仕事しながらチェックしています。
 ホークスファンの僕としてはこの時期になっても野球が見られるのは嬉しいのですか、やはりリーグ1位になった西武を押しのけてシリーズに出るのは少し気がひけますね。ホークスファンだからこそ、CSには悲しい思い出がたくさんありますからね。ええ、そりゃもうたくさん!!

 そういえば、ことしの1月に出会った某作家さんとは野球の話題で盛り上がったことをふと思い出したのですが、その先生は西武ファンだったな、といま思い出しました。……今度会ったときには野球の話題は控えめでいこう、そうしよう……。

福岡空港のハヤシライスを食べました。

 所用で福岡空港まで行きまして、そのときハヤシライスを食べたのです。

IMG_20181005_101817


 はーい。
 トロットロのタマゴとハヤシソースが絶妙でしたわよミナサマ。

続きを読む

「恋するカナリアと血獄の日記帳」の喫茶店

恋するカナリアと血獄の日記帳
https://kakuyomu.jp/works/1177354054886526552


 上記の作品中で、主人公の小説家とA氏が、コーヒーを飲みながら日記帳を読んでいるのは、中洲川端のレトロな喫茶店という設定です。そしてその喫茶店のモデルは、博多区下川端町にある喫茶店「ポケット」です。


IMG_20181020_142850


 正確には「ポケット」でした。
 このお店は地元に30年以上愛されていましたが、今年の7月末に閉店してしまいました。

続きを読む
プロフィール

suzaki_syoutarou

作家・須崎正太郎
福岡県出身、在住。
ブログだとSYOUTAROUで書籍だとSHOTAROになっている。どっちでもいいらしい。

須崎正太郎の本
2018年6月9日発売!
『戦国商人立志伝』が書籍化、そしてクラウドファンディングを行うに至った経緯と結末を自叙伝化。また付録として、須崎正太郎がデビューするきっかけとなった作品『銀行員ハルカ彼方を目指す』(新人賞4次選考落選作)を同時収録。


戦国商人立志伝 ~転生したのでチートな武器提供や交易の儲けで成り上がる~
2018年3月31日発売!
 主人公・山田は1551年・激動の戦国時代に転生する。だがある日、領内で猛威を振っていた野盗・シガル衆によって住んでいた村ごと滅ぼされてしまうのだった。これは、戦国の世で共に成り上がりを夢見る、“武人”と“商人”の立身出世伝である。


童貞を殺す異世界
 僕は突然異世界に迷い込んだ。なんとそこは男が滅び、伝説上の生き物として崇められている世界だった⁉ 異性がいないせいで、この世界は無防備な女の子ばかり!? 美少女たちの恥じらいもない猛攻に、童貞の僕は殺されそうだ!!

「さあ勇者様、空唱に参りましょう。その美しいお声、わたくしの中に響かせてください❤」
空唱(カラオケ)が愛されるこの国では、誰かを救えば空唱に連れて行かれる。持ち前のスキルで迫りくる修羅場をかいくぐれ! 万能勇者(歌声以外)の、受難のハーレムライフが始まる!!

 異世界の小国《エルトリア神聖国》に国王として召喚された新堂直人は、日本の知識を活かしたアイデアとアイテムで財政難を見事解決し、念願の読書ライフを満喫していた。法皇であるユリーシャとも親しくなり、すべて順風満帆かと思われたが……!?

 戦国時代の三河国に勢力を有する松平家。その松平家に、英傑が出現した。松平清康。江戸幕府初代将軍、徳川家康の祖父である。よく知られた戦国武将、信長、秀吉、家康たちの、前の世代の物語。


異世界君主生活~読書しているだけで国家繁栄~
 読書が好きすぎて図書館に入り浸っていた青年・新堂直人は、ある日突然異世界に召喚される。直人を召喚した神官・セリカにお願いされて、エルトリア神聖国の再興に乗り出した直人。
すると今まで読書で溜めに溜めた日本の知識が大活躍!!

あの世ですが裁判員裁判を始めました<下>
 あの世の裁判官、真夜の正体は意外なもので、また抱えている過去はどうしようもなく哀しいものだった。彼女の絶望を打破するため、影介は戦う。その結果、彼女のドラマはいちおうの結末を迎える。しかし物語は、それからが本当の始まりだった……!

あの世ですが裁判員裁判を始めました<上>
 日下部影介は、あの世の裁判官を務める少女、真夜によってあの世の裁判員に任命された。死人を天国へ送るべきか? 地獄に叩き落とすべきか? すべては地上より選ばれた裁判員たちによって決められる!

隠岐島千景の大いなる野望 高校生たちが銀行を作り、学校を買収するようです。
 理不尽な理由で退学の危機に瀕した出雲光一は、完全無欠のド天然ガール、隠岐島千景の提案を受けて前代未聞の学校買収に乗り出す!
 金融を題材にした、リベンジマネーコメディ・ライトノベル!



ツギクルバナー
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
QRコード
QRコード