「異世界君主生活」の続きについて。 本当に心苦しいんですが、まだ報告できる段階にないです。 ただ、やるべきことは全部終わっているので…… 続報はもうちょっとだけお待ちください。よろしくお願いします。

焼肉を食べにいこう!【ヌルボンガーデン】

大学の友達と、焼肉ヌルボンにいってきました。





「ヌルボン」は、福岡のあちこちに展開するチェーンの焼肉屋さんですが、
今回行ったのは、西区福重にあるヌルボンさんです。

一番近い駅は、地下鉄姪浜駅ということになるんですが……
これがけっこう離れているため、歩いて行くのはとても大変。
おとなしく車でいきましょう。

続きを読む

ダッシュエックス文庫公式ページから目を離すな!

いやー、「千景」発売まであと10日ちょっとですね。
こんにちは、須崎正太郎です。


こうしてブログをはじめてもう半月ほどになりますが、
毎日50から60ほどの人がアクセスしてくれています。
ありがたいことです。


その中でも、やはり小説関係の記事が一番PVがいいので、
今日は小説関係のお話を……


そう、「千景」の話をしましょう!

千景書影大


「千景」、来週はついに発売前最後の週ということになりますが、それについてちょっとしたお話が――







続きを読む

定食を食べにいこう!【あっぱれ食堂】

西新にある「あっぱれ食堂」にいってきました。




西新商店街のど真ん中にあります。
二階にあるので、その点ご注意。
昔ながらの食堂なんです~。


続きを読む

やらない夫があの世の裁判員裁判をつとめるようです

やる夫スレ、という二次創作界隈があります。


yaruo



どっかで見たことがあるという人も多いと思われるコイツ↑

文字とか記号を組み合わせることで絵のようなものを作ることを、
アスキーアートと呼称しますが、そのアスキーアートキャラクターの中でも、
有名なキャラクターの一人が、この「やる夫」なのです。


そしてやる夫スレとは、このやる夫をはじめとする、
アスキーアートを使って創作活動を行うジャンルのことです。
右のリンクの中にも「やる夫短編集 地獄編」「やる夫短編集 阿修羅編」というリンクがありますが、
こちらを覗いてみると、どんな界隈かご理解いただけると思います。


自分はこのやる夫スレの界隈と少々縁がありまして、
やる夫短編集様のRSSにこのブログを加えていただけたのも、
そのご縁からなのです。懐中コオロギさん、本当にありがとうございます!
さて、今回はそんな「やる夫スレ」のうちのひとつをご紹介――



続きを読む

「隠岐島千景の大いなる野望」発売二週間前です!

はい、タイトル通りです。


千景書影大



隠岐島千景の大いなる野望 高校生たちが銀行を作り、学校を買収するようです。

発売二週間前になりました。


発売は2015年3月25日です!


覚えてくださいね、ここテストに出ますよ!!


と、そういえば――


続きを読む
livedoor プロフィール
須崎正太郎の本

2016年9月29日発売!

戦国時代の三河国に勢力を有する松平家。その松平家に、英傑が出現した。
松平清康。江戸幕府初代将軍、徳川家康の祖父である。
彼の登場は、無道極まる戦国乱世が泰平の世へと向かいだす、最初の一歩だったのだ。
よく知られた戦国武将、信長、秀吉、家康たちの、前の世代の物語。

詳細はこちら




異世界君主生活~読書しているだけで国家繁栄~

読書が好きすぎて図書館に入り浸っていた青年・新堂直人は、ある日突然異世界に召喚される。
直人を召喚した神官・セリカにお願いされて、エルトリア神聖国の再興に乗り出した直人。
すると今まで読書で溜めに溜めた日本の知識が大活躍!!日本古来の文化や製品が異世界では何よりも貴重だった!
異世界よ、これが日本だ!!


あの世ですが裁判員裁判を始めました<下>

あの世の裁判官、真夜の正体は意外なもので、また抱えている過去はどうしようもなく哀しいものだった。
彼女の絶望を打破するため、影介は戦う。その結果、彼女のドラマはいちおうの結末を迎える。
しかし物語は、それからが本当の始まりだった……!


あの世ですが裁判員裁判を始めました<上>
日下部影介は、あの世の裁判官を務める少女、真夜によってあの世の裁判員に任命された。死人を天国へ送るべきか? 地獄に叩き落とすべきか? 
すべては地上より選ばれた裁判員たちによって決められる!


隠岐島千景の大いなる野望 高校生たちが銀行を作り、学校を買収するようです。
理不尽な理由で退学の危機に瀕した出雲光一は、完全無欠のド天然ガール、隠岐島千景の提案を受けて前代未聞の学校買収に乗り出す!
金融を題材にした、リベンジマネーコメディ・ライトノベル!



メールフォーム

ご意見、ご感想、なんでもどうぞ。お待ちしています。

名前
メール
本文
記事検索
QRコード
QRコード