【小説家 須崎正太郎 作品リスト】(2017年5月29日リスト更新)

有料無料を問わず、現在、須崎正太郎として発表している作品のリストです。


★ダッシュエックス文庫


「異世界君主生活 ~読書しているだけで国家繁栄~」
イラスト:狐印先生

読書が好きすぎて図書館に入り浸っていた青年・新堂直人は、ある日突然異世界に召喚される。
直人を召喚した神官・セリカにお願いされて、エルトリア神聖国の再興に乗り出した直人。
すると今まで読書で溜めに溜めた日本の知識が大活躍!!日本古来の文化や製品が異世界では何よりも貴重だった!
異世界よ、これが日本だ!! (2016年7月22日発売




「隠岐島千景の大いなる野望 高校生たちが銀行を作り、学校を買収するようです。」
イラスト:一葉モカ先生

理不尽な理由で退学の危機に瀕した出雲光一は、完全無欠のド天然ガール、隠岐島千景の提案を受けて前代未聞の学校買収に乗り出す!
金融を題材にした、リベンジマネーコメディ・ライトノベル!(単巻)



★キンドル(電子書籍のみで販売している作品です)


「松平清康」

戦国時代の三河国に勢力を有する松平家。その松平家に、英傑が出現した。
松平清康。江戸幕府初代将軍、徳川家康の祖父である。
彼の登場は、無道極まる戦国乱世が泰平の世へと向かいだす、最初の一歩だったのだ。
よく知られた戦国武将、信長、秀吉、家康たちの、前の世代の物語。 (単巻)




「あの世ですが裁判員裁判を始めました<上>」


「あの世ですが裁判員裁判を始めました<下>」
イラスト:碧るいじ先生

日下部影介は、あの世の裁判官を務める少女、真夜によってあの世の裁判員に任命された。死人を天国へ送るべきか? 地獄に叩き落とすべきか? 
すべては地上より選ばれた裁判員たちによって決められる!(上下巻)



★ネット公開作品(リンク先で無料で読めます)

「異世界給食」(連載中)
http://ncode.syosetu.com/n8024dj/

「変わった学校」とのうわさを聞きつけて、冒険者養成学校アルスタシア学院にやってきた少女、ルチカ。
その学校では学校が生徒のために食事を作ってくれる制度『給食』が始まっていた。
そしてルチカは、給食を毎日作る青年マサヤと出会う。
ひたすら給食を食うだけの、のんびりまったり、ちょっとなつかし異世界学園ライフストーリー、ここに開幕。



「この異世界では妄想がみるみる現実となる」(連載中)
http://ncode.syosetu.com/n7933dk/

ジュースが欲しい。出てきた。
剣が欲しい。出てきた。
お風呂が欲しい。出てきた。
エルフさんが欲しい。出てきた。

異世界に来たら、そんな能力を身につけてしまった。
……あきらめるな。俺たちにはまだ妄想がある。



「イナカ金融道 銀行ガール五十嵐吟子の業務日誌」(完結)
https://kakuyomu.jp/works/1177354054882875412

 のどかな田園が広がる田舎。
 ちょいとスーパーカブで走れば、シャッターだらけの商店街。
 国道沿いを歩いてみれば、車にひかれたタヌキの死体が転がっている。
「なんでこんな人生送ってるのかね、あたしは……」
 五十嵐吟子。24歳独身。
 田舎の銀行、神山銀行で働いている銀行員だ。
 そこそこ美人だがオヤジ臭い性格が災いして、彼氏イナイ歴24年。
 金融が好きだったわけでもないのに、他にまともな就職先がなかったので、とりあえず銀行に入行した女だが――
「絶対に都会に出てやる! こんな田舎で一生を終えるなんてまっぴらよ!」
 吟子は叫ぶ。
 田舎を出たい、都会に行きたい。心からそう吼えるのだ。
 やられたら、やり返す!
 ――ような相手もいないド田舎銀行で働き続ける銀行ガール、五十嵐吟子の物語、ここに開幕。



「酒井七馬と手塚治虫」(完結)
https://kakuyomu.jp/works/1177354054880339511

戦前の大阪漫画界で活躍していた漫画家、酒井七馬。
彼の前にひとりの青年が登場した。
「僕の描いた漫画を読んでほしいと思って、ここまで来たんです。僕、手塚といいます」
それは日本漫画史に残る巨人、『漫画の神様』手塚治虫の若き日の姿であった。



「勇者はカラオケがお嫌い」(完結)
https://kakuyomu.jp/works/4852201425154972415

ヒロインの好意に気が付きつつも、彼女の親父がカラオケ好きなので、あえて難聴系主人公になってヒロインと距離をおくような勇者アランのカラオケ嫌い物語。
「こんな(カラオケだらけの)世界を守る価値はあるのか……?」



「死ぬ前にどうしても書いておきたいこと」(短編・完結)
https://kakuyomu.jp/works/1177354054880395886

短編作品。
津山三十人殺しの犯人の遺書をモチーフにした作品です。



「明治暁天歌」(短編・完結)
https://kakuyomu.jp/works/1177354054880944045/episodes/1177354054880944047

短編作品。
明治初頭の時代を舞台にした時代小説です。



「ワナビとカフェと西新と」(短編・完結)
https://kakuyomu.jp/works/1177354054882012195

短編作品。
福岡の西新に住んでいたころのことを回想した、自伝的作品です。