「異世界君主生活」の続きについて。 本当に心苦しいんですが、まだ報告できる段階にないです。 ただ、やるべきことは全部終わっているので…… 続報はもうちょっとだけお待ちください。よろしくお願いします。

お知らせ

☆★小説家 須崎正太郎 作品リスト★☆

【小説家 須崎正太郎 作品リスト】(2017年5月29日リスト更新)

有料無料を問わず、現在、須崎正太郎として発表している作品のリストです。


続きを読む

メッセージありがとうございます。

お返事用のアドレスがなかったため、こちらでお礼を申し上げます。
メッセージありがとうございます。たいへん励みになります。
千景も裁判も、君主生活も、気に入っていただけたようでなによりです。

これからもお互いに頑張りましょう!
今後とも、よろしくお願いいたします。

「五十嵐吟子」あとがき+今後の活動予定

「五十嵐吟子」の加筆終了。

「吟子」は数日前に完結したけれど、期間ギリギリまで少しでも完成度を上げたく思い、あれこれと加筆修正を行った。
誤字脱字や、語句の細かいミスも修正。
基本的なキャラやストーリーはなんら変わらないけれど、作品のテーマである、清濁飲み込んだ上での自分、その上で夢に挑んでいく、という根幹は変わっていない。

あれこれ修正しているが、エピローグ、吟子が日誌を書き終わったあとのところなど特に加筆した。
興味のある人は読んでくだされば幸いである。

続きを読む

女子の生き様は顔に出る 紹介と簡単な感想


女子の生き様は顔に出る


今回はこちらの本を紹介します。

もともとは『プレジデントオンライン』に連載されていたもので、女性の目線からいろいろな話を語られています。
なかなか面白く、なるほど、と思わせる本でした。

まあ、そもそもは……こちらの作者の河崎さんの、弟さんと須崎は、知り合いでして。
そのご縁から、知った本なのですが。
購入自体はもう発売直後、ずいぶん前にしていたのですが紹介が遅れてしまいました。申し訳ない。

続きを読む

日記というかお知らせというか

あたたかくなってきましたね。
いよいよ春です。心が弾みます。良い季節です。

そろそろダッシュエックス文庫様とのお仕事について書ける時期なんじゃないかな、
と思っています。まだ正式発表がないので書けないけど。
新作も含めていろいろやっています。

ダッシュエックス文庫様以外とのお仕事も、じつは進んでいます。
まあ本決まりではないのですが。たぶんイケるんじゃないかな。イケると思うな。いってほしいな。

なろうとか、カクヨムにも、作品を出していきます。
更新停止中の異世界ものも、書きだめはしていますので。
ことしは春から、いろいろ出していきます、よ。

遅くても、あと一か月すれば動きも発表できているんじゃないかなー、なんて。なんてなんて。
半年くらい前から似たようなことをずっと言っているので、
口だけ野郎だと思われても仕方がないのですが。こんちくしょう!

……と、とにかくこれからもガンバリマッス!

月1くらいでアクセスしてくれたら幸いです……!




livedoor プロフィール
須崎正太郎の本

2016年9月29日発売!

戦国時代の三河国に勢力を有する松平家。その松平家に、英傑が出現した。
松平清康。江戸幕府初代将軍、徳川家康の祖父である。
彼の登場は、無道極まる戦国乱世が泰平の世へと向かいだす、最初の一歩だったのだ。
よく知られた戦国武将、信長、秀吉、家康たちの、前の世代の物語。

詳細はこちら




異世界君主生活~読書しているだけで国家繁栄~

読書が好きすぎて図書館に入り浸っていた青年・新堂直人は、ある日突然異世界に召喚される。
直人を召喚した神官・セリカにお願いされて、エルトリア神聖国の再興に乗り出した直人。
すると今まで読書で溜めに溜めた日本の知識が大活躍!!日本古来の文化や製品が異世界では何よりも貴重だった!
異世界よ、これが日本だ!!


あの世ですが裁判員裁判を始めました<下>

あの世の裁判官、真夜の正体は意外なもので、また抱えている過去はどうしようもなく哀しいものだった。
彼女の絶望を打破するため、影介は戦う。その結果、彼女のドラマはいちおうの結末を迎える。
しかし物語は、それからが本当の始まりだった……!


あの世ですが裁判員裁判を始めました<上>
日下部影介は、あの世の裁判官を務める少女、真夜によってあの世の裁判員に任命された。死人を天国へ送るべきか? 地獄に叩き落とすべきか? 
すべては地上より選ばれた裁判員たちによって決められる!


隠岐島千景の大いなる野望 高校生たちが銀行を作り、学校を買収するようです。
理不尽な理由で退学の危機に瀕した出雲光一は、完全無欠のド天然ガール、隠岐島千景の提案を受けて前代未聞の学校買収に乗り出す!
金融を題材にした、リベンジマネーコメディ・ライトノベル!



メールフォーム

ご意見、ご感想、なんでもどうぞ。お待ちしています。

名前
メール
本文
記事検索
QRコード
QRコード