スニーカー文庫様より「勇者だけど歌唱スキルがゼロなせいで修羅場続きになっている」発売決定です。発売日、イラストレーターさんなどの情報については後日発表します。よろしくお願いします!!

「異世界君主生活2」のあとがきにて告知した、ダッシュエックス文庫様より発売予定の新作は、あの時点では今年中に出す予定でしたが、延期になりました。ただ動きそのものは順調に続いておりますので、続報をお待ちくださいませ。

お知らせ

☆★小説家 須崎正太郎 作品リスト★☆

【小説家 須崎正太郎 作品リスト】(2017年11月4日リスト更新)

有料無料を問わず、現在、須崎正太郎として発表している作品のリストです。


続きを読む

須崎正太郎・今後の動きまとめ

 いっぺんに、いろいろと発表してしまったので、混乱しておられる方もいると思います。
 告知事項って、たいていまとめてくるんですよね……
 不思議なことに。

 というわけで、現在、および今後の須崎正太郎の動きについてこちらにまとめます。

続きを読む

スニーカー文庫様より新刊「勇者だけど歌唱スキルがゼロなせいで修羅場続きになっている」発売決定

勇者だけど歌唱スキルがゼロなせいで修羅場続きになっている
(旧タイトル「勇者はカラオケがお嫌い」)
https://kakuyomu.jp/works/4852201425154972415


スニーカー文庫様より書籍化決定しました!
前々からブログでお知らせしていた新刊とはこちらなのです。
新作、とは言わずに新刊と述べたあたりがミソ。
以前執筆した作品ですが、書籍化にあたって大幅に加筆修正しております!
前に読んだことがある方も、ぜひまた読んでほしいと思います。

続きを読む

新作戦国モノやります

戦国熱が高まった結果、戦国モノの創作意欲がわいてしまい、
いきなりぶわわとかきだしてしまった作家はこちら。

11月3日(金)の夜にでも作品投稿を始めようと思います。

投稿したらまたお知らせします。
よろしくお願いします。



年内発売予定の新作情報も、たぶん間もなく、出せますよー。

作品リストを修正

常に記事のトップにある「須崎正太郎 作品リスト」を修正しました。


☆★小説家 須崎正太郎 作品リスト★☆
http://blog.livedoor.jp/suzaki_syoutarou/archives/56966664.html


ちょっとゴチャゴチャしているかな、と思ったので。
これから作品も増えていきますしね。

早くこのリストに、いろいろと追加したいなぁ。

がんばりまっす。
livedoor プロフィール
須崎正太郎の本

異世界君主生活2 ~読書しているだけで国家繁栄~
2017年8月25日発売!

異世界の小国《エルトリア神聖国》に国王として召喚された新堂直人は、日本の知識を活かしたアイデアとアイテムで財政難を見事解決し、念願の読書ライフを満喫していた。
法皇であるユリーシャとも親しくなり、すべて順風満帆かと思われたが、川や泉の水が枯れる不可解な現象が起こり始め……!?

詳細はこちら




戦国時代の三河国に勢力を有する松平家。その松平家に、英傑が出現した。
松平清康。江戸幕府初代将軍、徳川家康の祖父である。
彼の登場は、無道極まる戦国乱世が泰平の世へと向かいだす、最初の一歩だったのだ。
よく知られた戦国武将、信長、秀吉、家康たちの、前の世代の物語。




異世界君主生活~読書しているだけで国家繁栄~

読書が好きすぎて図書館に入り浸っていた青年・新堂直人は、ある日突然異世界に召喚される。
直人を召喚した神官・セリカにお願いされて、エルトリア神聖国の再興に乗り出した直人。
すると今まで読書で溜めに溜めた日本の知識が大活躍!!日本古来の文化や製品が異世界では何よりも貴重だった!
異世界よ、これが日本だ!!


あの世ですが裁判員裁判を始めました<下>

あの世の裁判官、真夜の正体は意外なもので、また抱えている過去はどうしようもなく哀しいものだった。
彼女の絶望を打破するため、影介は戦う。その結果、彼女のドラマはいちおうの結末を迎える。
しかし物語は、それからが本当の始まりだった……!


あの世ですが裁判員裁判を始めました<上>

日下部影介は、あの世の裁判官を務める少女、真夜によってあの世の裁判員に任命された。死人を天国へ送るべきか? 地獄に叩き落とすべきか? 
すべては地上より選ばれた裁判員たちによって決められる!


隠岐島千景の大いなる野望 高校生たちが銀行を作り、学校を買収するようです。

理不尽な理由で退学の危機に瀕した出雲光一は、完全無欠のド天然ガール、隠岐島千景の提案を受けて前代未聞の学校買収に乗り出す!
金融を題材にした、リベンジマネーコメディ・ライトノベル!



メールフォーム

名前
メール
本文
記事検索
QRコード
QRコード